日本が大川隆法を産んだ

ネットウヨクを始め日本はすごい国だと自分たちで盛り上がっている日本ですが、

ここのところの無条件に体制を褒め称えるネット右翼がたくさん出てきたために、日本の本当に改善するべき面を無視することが多くなっているようです。

たまには自分と真逆の意見を持つブログを見てみませんか?確かに危ない思想もありますが、的確な記事もあるのですよ。こういうのを見て、3歳ぐらいの自分が思ったことだと思いました。

にじ魂 没落国家ニッポン

マジで嫌だという記事は見なくていいから 情報ソースをちゃんと引っ張って日本のここが悪いと言ってくれる記事を 都合の悪い事実と向き合ってみてください。

逆に日本では体制を非難する 中道もしくは真の保守がめっきり少ないので浄化されにくいとも言える。日本の欠点を言ってくれるのは日本では左翼だけです。英語で外人がわんさか言っているようでもあります。

そうです。 日本に大川隆法みたいな人間ができるのは 必然に近い ことだったのです。

偉大な魂を潰す仕組みが日本にはできているのです。とくに子供を。

出る杭は打たれる。嫉妬も激しい。親や先生や先輩、軍隊式に自分に従えと教える。日本人が本当にほしいのはロボットなのです。

親には(あなたのためではなく親自身を守るために)勉強しろと言われ

友達や同僚には ちび デブ とか、オカルト好き、でいじられ

先生や目上の人には認めてもらえない。

どんなひとも自分の思ったとおりでない人間を潰そうとする

それは、大事な使命を持って日本に生まれたほうが 損だ ということです。日本人は自分を良くする気合や隣人愛そのものがないですから。

そんな中必死で勉強して、人より上に立ち、世の中を変えようとする大川隆法ですがかなり自分自身に無理をかけているようですね。

結局目立つほど悪いことになる。それが優秀だということであっても。いや、優秀であればあるほど叩かれることを知らずに、オーバーヒートしてしまっている。

で、宗教を始めたが、結局こういった日本のおかしなところに恨みつらみを持ってしまって、中身のない綺麗事の演説とか 強硬な態度とか 箱物とか 脅しとか 布施=税金とか 数字とか、 見事に大川隆法総裁自身が、日本のええい、政府自民党も民主党も幸福実現党も同じだ、体制そのものの縮図なのね。これは恥ずかしい、だから恨みつらみは持たないで 憤りだけをぶつけろって何度も言ってるじゃないですか。

抵抗は無駄だ。お前を日本に同化すると言われているようでもあります。日本は怖い国ですね。天然の監視社会、天然のブラザーフッドではないでしょうか。

どう思われますか大川隆法総裁の仏性は・・・ ハルマゲドンが起こってしまうのでしょうかね。

広告

もう組織システムの宗教は古い

もう、組織システムに信仰を結びつける時代は終わりです。組織はお金を集め、人をまとめ、大きな精舎を作るにはいいものの、信仰が即組織ではなく、組織がないときでさえ信仰は成り立つし、

人の心を作り変えて信仰させるより、自由意志において信仰したほうがよいに決まっています。

その点新興宗教は真理を広めるにしろ組織において人の心を改造することに重きをおいており堕落しやすく、マインドコントロールやトップが魔物にやられるのも少なくありません。

トップが魔物にやられないためには、新聞とブログの違いを見分けるのが第一です。新聞は駅や店におかれる特権があり、日本では家に配達される特権がありますが、ブログは自分の意志がないと見ないメディアなので、ブログは管理人の意志がそのまま出てきて、新聞は特権と金によりかなり魔物にやられやすいもので、ほとんどが何かしらの魔物が入っています。

新聞みたいな強制力のあるメディアのように、情報について強制力のある組織、マインドコントロールの手法において真理をみんなに植え付ける宗教は腐敗しやすく、かなり独善的でかえってみんなの心の成長に限界を生じさせます。

いい宗教は入るのもやめるのも自由でむやみに信仰心や忠誠心を強くはしません。あくまで真理に目覚めるのは会員自身の自分からの意志であり人に振り回されません。

この世は逆説で回っているところも多く、それは今の所誰がなんと言おうと自分自身で気が付かなければならないのです。

つまりみんな真面目にならないでふざけて生きているのには重大な理由があるのです。そうした人間はカルト宗教の勧誘を蹴ります。むしろ私のような真面目くんや意識高い系は揶揄されている通り弱点や障害を持っているものです。

とにかく努力はほどほどに。苦しんではいけないということがわかってきたのです。

誰が言ったか「人生は一冊の問題集」

最近日本の精神医療法の森田療法と同じような理論がアメリカで発表され、臨床データーも世界中で集まってアクセプタンス・コミットメント・セラピーというのだそうです。どうもこの2つは結局ほぼ同じです。

宗教家というのは神経質な人の代表格だと思われますが森田療法とアクセプタンス・コミットメント・セラピーではなんと努力しないでありのままの状況で苦しむプロセスを使います。他の心理学理論と真逆でかなり矛盾するのですが、他の理論はみんな問題を解決することに集中しているので、解決できないことがあるのです。

解決しないといけないというのは非常に大きな執着であり、解決できず失敗する恐怖をもたらすのですが、この恐怖を消すのではなくこれは裏両目だといってわざと残し、不安なまま行動するということです。奥義があるので専門のサイトを見てみるべきです。

神経症を治す~神経症(不安障害)の治療方法 森田療法とは

宗教家や敬虔な信者の心はかなりきれいになっていて高級霊の指導さえ入りますが、根強い精神不安定は逆説である森田療法でないと直せないことも非常に多いと思われます。心が痛むぐらいはっきり真理を言ってほしいならACTの本が好ましいでしょう。んむむっ いいんです。

そしていくつか私が目をつけているようなスピリチュアル運動や宗教はあるが、どれも小さなものだし、そして私がそれを語ってはいけない。自分で見つけて自分で真理を掴んでください。アラハンの修行ができていれば直接チャネリングができるはずです。このときは間違った信仰を捨て自分が0から感じたとおりの神や霊界を信じるべきです。

#さらされ はひどいエネルギーに晒される映画

警告:映画「さらば青春、されど青春」を見てからひどく体調が悪くなった。

歯がとても痛い。手術したはずの親不知がまたいたんできた。顎も痛い。再手術もまた痛い。

変な方向に親不知が成長して噛めない。あの映画には死のオルゴンがあるのでくれぐれも笑い飛ばしに行くだけにして感受性の強いアンチは絶対に行ってはいけません

もし行ったなら、映画を全部見ないと呪われます。途中で出たのが悪かった

更に警告:大半のアンチには脚本もうまくない脈絡も途切れ途切れのただの教祖の大げさな美化だと受け止められるでしょうが、言葉の羅列そのものに意味があり、意味不明な脚本に何か脳を操作する多重の手口が施されている可能性があります。メディア界隈はこういったものに強く、本気を出せばさすが監督です。

魅力がないどころか人と付き合えず本の多読に逃げて哲学書を超速読して悟った気になっている成績主義でマウンティングしまくり宗教リーダーという人の心にいくらでも介入できる夢を目指すめっちゃキモい人柄で、ただ話を聞いただけではみんな吐き気がする人生の映画を

如何にして客に見せるのか、客を釘付けにするのか、席を離れさせないのかという手法は高度な精神操作テクニックでありテレビドラマの監督が本気を出せばいかようなあらすじでも全部見ないと逆におかしくなるぐらいのミーム災害を引き起こすことができるわけです。

いやどんなにおかしくなっても全部見てしまうのが狙いかもしれません。

もはや会員でも映画館で金を払って終わりとか、実際教団が病気が治ると宣伝しても会員の周りにはなにか体がおかしい人が出ているとか、これが実態です。

さらに人生への警告: 努力は苦しんでやってはいけないものなのだそうです。

教祖始め、幸福の科学の会員はみんな苦しんで努力しているのですが、一向に成果が上がりません。

目標に囚われて、楽しんで努力することを忘れていると、心がボロボロになり、逆にシルク・ド・ソレイユの役者は激しいと思える練習をみんな楽しんでやっているのだそうです。

私も努力が苦しいと検索したらびっくりどのページも努力するなとかいてある 気をつけたいです

参考文献:加藤諦三先生の「やさしい人」 を読めば、なぜ中道真一がみんなに嫌われるか、なぜ #さらされ が胸糞悪いのかよくわかります。それはそのまま教祖の性格です。

アルゴラブさんの解析によるとやはり、自慢と愚痴の両方の側面がこの映画にあり、

教祖は親兄弟に対して鬱憤がまだ残っているとのことです。

だがしかし、教祖は同じ教育を今度は信者に行って社会の毒を増大させているです。

いい加減ふるい伝統的な宗教教育は間違っていると言わざるを得ません。神の権威において子供を大人の言うとおりの奴隷に教育する神学校からカール・マルクスは出たと思われるし、

日本の教育、宗教システムの腐敗は目に見えています。神の権威のもとに人間が隣人に対してわがままをして虐待するのなら、神はいなくなりさえするでしょう。

もう、組織システムに信仰を結びつける時代は終わりです。組織はお金を集め、人をまとめ、大きな精舎を作るにはいいものの、信仰が即組織ではなく、組織がないときでさえ信仰は成り立つし、

人の心を作り変えて信仰させるより、自由意志において信仰したほうがよいに決まっています。

その点新興宗教は真理を広めるにしろ組織において人の心を改造することに重きをおいており堕落しやすく、マインドコントロールやトップが魔物にやられるのも少なくありません。

 

幸福の科学のアンチは自分を振り返るべき

最近、私は世間のいろいろな情報を目にして、まったく文句ばかりだし、

明るい情報は人間がとても扱えるとは思えない宇宙的ハイテクばかりで、

どうも気分がおかしいと思っていたのですが、実に私がおかしかったのです。

こう自分が上から目線でネットで文句たれて、周りがおかしいってネットで騒いで、楽しいものではなくなった。

だってそれは誰かをやり玉に挙げてたたくとか陰口をきくのが日本人の日常だし、だからマスコミが政治家をつぶせるのでしょう。

いや、幸福の科学の問題というのはそれだけの問題ではなく、むしろ一つの組織に日本のいろいろな問題の多くの例が見て取れるのです。

それは妬みとか、出世つぶしとか、会員=同僚で喧嘩とか、金を巻き上げるとか、うやむややなかったことにとか、うつ病とか、うつ病をごまかして魂が消えてこれぞロボット工学とか、毒親エリート教育で成功者の裏に多数の精神崩壊した子供とか、派閥争いとか、得意な人にバトンを渡さずに出世バトルとか、どんどん予算が増えるとか、ハコものとか、あげく兵卒は一流将校は三流でしょう。そして日本の幹部職の得意なことは、結局経営能力ではなく、人の精神を使いつぶす力や、敵(しかも特に親しい人)をぶっ潰す力だった。

どうでしょうか。幸福の科学を抜け出てさえ、世間はまだカルト集団の考え方で動いていたのです。これが日本です。そして気が付いたらアンチもそういったことに気づかないどころか、自分も一緒になっているじゃないですか。

どうせならだれもまだ文句を言わない日本国民全員を批判して、日本を正そうではないでしょうか。そう、子供のころからまともな人権が認められる国へ。その時期はもう来ているのです。

例えば根性論です。あきらめて違う道を行くことすら許されません。出来損ないを死なせたり、体の限界まで修行するとなんと自分の魂が消えて、何か達人の魂が入るのです。襲名とかもこのやり方からきている。しかし達人の魂、結構な荒神だったりして、周囲や社会はよくならず自分の魂はいつの間にか死んだ状態で ここはどこだ 私は何をやっていたのか記憶がないって 日本人なら少なくないでしょう?私はただのシャーマンだったのかと。日本の精神的な伝統にはほんとうにこれからも受け継がれるべきなのか疑わしいものがいくつかあります。

もう一つ。中国や韓国、更に北朝鮮を盛んに非難しているうちに、彼らはすごい力をつけて来ました。日本人が受け入れたくないことに、彼らは自分自身がクズだとわかっていて非難を全部聞いて反省し始めたのです。儒教まで手をつけているでしょう。

もう間もなくです。日本は洗濯されるのです。かき回されシワシワになるのです。干されるのです。汚れは落ちるしかありません。今までの日本はもうそこにはないでしょう。違う文化、違う国なのです。幸福の科学アンチはまさにそれをもたらしにやってきたのです

 

人形を消毒したい

人形を洗濯する方法はあるけれど、洗濯できないとか、洗濯しても菌が落ちていなさそうとか

そういった心配の時に人形を消毒する方法を教えます

大体の人形の、ワタの奥まで消毒できます。

スーパーの袋(刺身や魚、肉、納豆を入れていないもの)とか新品のゴミ袋に人形を入れ、

消毒用アルコール100mlのふたを開けて倒れないようにセットします。これができないならティッシュに思い切りアルコールを染み込ませ、人形に触れないようにセットしてもいいでしょう。

袋を縛り完全に密閉します。

それから6時間ほど待ってください。

袋を開けると人形がいい顔して出てきます。この行いはたぶん心の健康にもいいはずです。

カルトの入門書の特徴

カルト宗教は普通に宗教として振舞おうとします。しかも、普通の宗教よりさらに宗教らしく振る舞うのです。

宗教は人間の心の拠り所であり、その本能は肉体だけでなく過去生からの魂が持っていると思われます。

厳格な信仰を持ち、厳しい修行で鍛えぬいた心は、この世のいろいろなことにびくともせずに強靭になります。

この喜びをわかっている人が標的にされてしまいます。

つまり一見普通の宗教としてしっかりして、逆にしっかりしすぎているのです。

だから、厳しい修行で勝利を収めた魂は、労働力や金まで差し出します。

教祖は厳しい神のように振舞います。やさしくはありません。そして意味不明な行動をとるのも深い考えは神の特徴であり猿真似をしているのです。

故に、厳しすぎて逆に精神を壊すという事でカルトかどうかを判断出来ます。

ということでカルト宗教の本は、まずスターウォーズのように魂の奥底を沸かす、本当らしいことを載せて、(過去生の記憶や霊界の真実、かつての大宗教の教えのパクリ)最後に自分こそが偉大なる魂の生まれ変わりだと書くのです。

カルト宗教の教義を実践すると、最初はまず・・・んなんとすぐにアラハンまで境地が上がることも珍しくはないです。チャネリングまで通るようになります。問題はその先なのです。

恐怖とか、悪魔とか、破滅そういった記述が非常に多いのが特徴です。マイナスのイメージをかきたて、そこから逃げるには我々しかいないと思わすことができます。

言葉は巧妙に人間の脳に作用するために作られたもので、口調は普通の言葉と異なり、日本では英語を直訳したような言い回しに注意してください。そのため教えは継ぎ接ぎだらけです。

このすりかえは非常に巧妙でありますが、霊波動を見て見破る一般人は少なくありません。実は宗教家を見分けるのでみかけの人相や声の質が一番大切なのだそうです。

でアラハンの霊現象が起こった境地はかなり不安定なので、そこをカルト宗教のすぐに間違いを見破れないがなんかおかしな教義によって、そう、アラハンには魔物が襲いかかりやすい。魔物が来てすぐにやられる。教義で解決できないから祈願をやり布施をやる。信仰心が足りないってより信仰しようとするがそもそも偽の神だから信仰すればするほど魔物にやられる。

まずカルトだって気づいたらきっぱり修行をやめよう。悪い修行をやめると悪いものや悪い能力がなくなるから。それで自分で真理を掴んで別の修行を始めよう。

そうした、人から人へ伝わる言葉のウィルス、ミームには気をつけてください。もう一部のサイトでは、極端な例が公開されているようです。僅かな時間で広がり、人の精神を蝕んでさらに伝道されるミームは、人類の脅威であり、かつテレビや本でも流れやすいものです。

だが心構えさえあれば、勝手に防衛するための知識がやってくるのが、ミーム対策の特徴であり、部活や研究室の先輩の言葉や、メディアを読む際に警戒心を常に覚えておいてください。

岡潔の哲学をわかりやすく説明

http://www.okakiyoshi-ken.jp/

岡潔は戦後に非常に大きな成果を残した数学者でした。しかし、彼は何かに気づいてしまったのです。

数学には系があります。基本的な法則のことです。これに矛盾がないかは、法則だけではわからず、系の外 外の知識が必ず必要です。それを突き詰めると、数学を証明できるのは、なんと心なのだ、数学者の心が受け入れないと、論文は受け入れられないとわかってしまいました。

岡潔、偉大な数学者は晩年を哲学に捧げ、日本人の持っている心をうまく理解することに成功しました。それは何でしょうか。

人間というのは自分を持っています。自我です。自我を中心に考えるのが西洋の哲学で、現代科学の根っこにもなっています。また時間も基本です。

日本人の起こす不思議な行動。みんな助けあい、ときに自分が死ぬことで他の人を活かす、わかちあい、金銭や権力を主張しない。

これは日本人が持っているのは第二の心だというのです。それは一が多数であり数学の数が適用できないのです。また時間も空間も関係ありません。これは日本人の妄想力に直結します。

日本人は他人の心を理解し、傷つけない配慮をします。これは第二の心は他人であり自分であるので、直ちに共感するのです。

また日本人は短歌や俳句が詠めます。これらの言葉は自分がこう思ったというようなことは書いてありません。みんな読むと自分もそう思うことが書いてあります。桜の花は綺麗です。これが第二の心です。

第二の心は量子の世界です。西洋の科学が確率でしか言えない謎の世界です。そこはどんなところにも通じて、無から有が生まれ、等速運動のような時間の一方向性の流れはありません。

岡潔は脳の側頭葉をコンピューター、覚えたとおりにやる部分だと言います。前頭葉は自分で考えて行動する部分で、白人は発達しており、日本人は弱いと言います。視覚野、さらに頭頂葉が第二の心に関係する、と言います。見ることは客観であり第二の心に近い領域です。

実は第二の心はだんだん封じられてしまったと言います。仏教の悟りの世界は実は第二の心の奥底ではない、更に明治以降の悩ましい文学に代表される自意識の現れと戦後の教育政策によりロボット人間になり、側頭葉のレベルまで落ちてしまったのです。

今、言われたことをやるだけの日本社会、自我が死んで指示に従っていればいい社会、冷たい、創作に逃げる社会、果たして日本人はこき使われ、死んでゆく、

だが上のリンクの岡潔思想研究会のサイトを「下から」読んでください、きっと本来の日本人に帰れるとおもいます。

耳に痛い話はつづきで。

続きを読む