『クール』な奴でよかったのか?

若者でも昔の音楽、ドラマ、文化をよく知る時代になりました。

あのころより今の方が、ずっとクールで、かっこよくて、さっぱりした雰囲気で

それで本当によかったのでしょうか。

クールという言葉は何なのかよく分からないのですが、何なのかよく分からない言葉って、大体怪しいのですね。

クールジャパン政策も日本がクールなわけないだろうって世界から無視され、日本の企業の取り組み、例のごついランドクルーザーとかが注目されていると思います。ランドクルーザーがクールなわけないでしょ?

みんな、クールにはまった。女性はおだやかであったかい顔つきは無視され、知恵のありそうなスパッとした態度をもっていそうな女性がもてはやされた。

あの頃の技術で曲がりなりにおしゃれに作った家電はなくなり、単純で、つまみだらけのデザインから、さらにスマホやWindows10のそっけないフラットデザインになった。

ジーンとくる深い意味をもつ歌はなくなり、もう、めっちゃ好きだよと連呼するだけの歌になった。

がむしゃらに働く筋肉の付いた顔の濃い男はバカにされ、クールで人の努力を使ってのし上がる体の細い男がもてるようになった。

がむしゃらに勉強して、物事の本質を理解する人間は無視され、こうちゃちゃっとやって終わりな人間が、専門職や幹部に付くようになった。

熱血アニメや神話よりも超能力テニスとか、科学技術を極めた憂鬱な戦争ものや、血しぶきとか、こう簡単に優れた異性を手に入れるような、クールなアニメがはびこり、皆の心から熱がなくなった。

コンピューターはクールだ。しかしクールを進めすぎて、人を使わないとか、パソコンに無理をさせるとか、あまりにクールを考えすぎて、職場が冷酷になった。自分でも何をいっているのか分からない。SSDはパソコンをできる限りのんびり使いたい人や、データの想念を大事にする人には向いていない。

愛を与えるとか、受けとるということはダサいとされ、自分本位がクールとされた。幼児の頃私こそクールな男で大失敗しました。

さらにクールで失敗した私は周りのクールな男どもにいじめられた。クールな女どもはしかとした。クールがはびこると差別が行きすぎる。マジで辛い。

そして、クールというのが世の中に少なかった時代は終わり、どこもクールだらけです。クールに希少価値などなく、プロジェクトXや半沢直樹、下町ロケットなどのアツいドラマがまた人気になってきたのです。

古くから生命体はHotだった、情熱にあふれていた、熱い心こそこの世の生命体だったのです。一旦昭和30年代まで戻りながらも科学技術も相まって新たな熱い文明を作らなくてはなりません。

一旦古いグッズや古い音楽やらを集めながらも、やはり先へ進むべきです。それは必死で今の熱い何かを探すのもいいが、自分で作るということに収束します。作るってダサい。自分で作っても簡単なものしかできない、いや、自分で作らないと、世代交代により、他に誰も作ってくれる人はいなくなります。ゲームだってそうですから

異性のえらび方、クールな男、クールな女をえらぶのはそろそろ失敗するでしょう。ホットビューティや熱い男ならいっぱいいるし。雑誌に出る女だけが美人ではなく、よく見て。その顔、愛情たくさんありそうだよね。

広告

クレーマーという権力

最近はテレビ番組がどれも似たようなものばかりで、再放送もCSなど、有料チャンネルだらけです。

暇つぶしのような番組、カードバトル、通販、ヒーローものが何とか個性を出している程度です。

かつての良作やその路線を進化させることはできません。かつての良作はなぜか深夜にやったりしています。誰にも見捨てられるものもあります。

いい番組が始まっても半年で腐ります。同じような腐り方です。そう、たんに百済なさすぎるだけです。

ええ。情報を集めると、「クレーマー」の存在が目立ちます。テレビ局やスポンサーに苦情をいう人です。そういう人のせいでスタッフはもはや何もできなくなっているといいます。

実はどういうわけか、今でも、いや、今更に番組の質が低下しているのに、かつての良作がクレーマーの圧力でなくなり、平気で新しい番組は、おかしなことをたくさんできるのです。

それは、テレビ局の解釈にもよるし、また、いまはテレビに苦情の電話をいれるのは、公衆電話をかけるように、分毎に相当の値段が加算され、待ち時間も多いのですから、暇があって資金をもっていないとできません。つまり、おそらくプロ市民です。

そして、テレビ局は、視聴者からの苦情だ、と世間にはいえばいいだけだし、スタッフもマジで使い魔にすぎないので、そういってしつけておくだけでしょう。

いい番組が偶然できる。個性がある。個性は真理からずれているため、こじつけでもクレームができる。そこで番組がなくなる。どうとでもできます。逆に真理を謳う番組に平然とどくがはいっているかもしれないのです。

有料チャンネルは結構な月額を払います。そこまでしてみたいなら、見せてあげるよ。検閲ですね。ポテチ喰いながらぼーっとみるよりまじめに光回線引いてパソコンやりませんか?

クレーマーによって低下したところは、ニュースや報道にも通じます。ネット右翼の今の報道がおかしいという重大ないけんが取り入れられると、今度はテレビ局は無条件で今の政権や職人、技術力を礼賛して、欠点を何もいいませんが、マスコミが一言も文句をいわないのもおかしいことで、歴史の例は独裁や全体主義を強め、今の情勢では中国、韓国は技術力、特に技術を大衆に適用させる力、さらにそれによって民に富をもたらし、幸せにする力で日本を上回ってきているのを隠しているので、このやり返し方も相当に手が込んでいます。ネット右翼を裏切るのは自民党政権もかもしれません。

このざまではテレビ局は世の中を崩壊させるのを、頑として止めようとしないということが伺えるのです。

テレビ局もテレビ局で、このグローバル資本主義の時勢に、赤坂や六本木の不動産が本業で、テレビ事業は赤字垂れ流しだというのです。

実にどこにも自分たちの味方など、いなかったのです。学校でいじめに立ち向かうように、自らが戦ってこその自由なのです。

この記事によって、あたらな 民衆 VS テレビ権力 の戦争が始まります。多数の人が少しづつ苦情をいうのもいいが、そもそもテレビから離れるというのもいいです。誰も見向きもしない、YouTubeやニコ動の動画の中に 本当の宝が隠れているはずです。さらにもし、それらも検閲される時代になったら、逆に切符で鉄道に乗って、実物を見に行くという、昔帰りです。昔の暮らしのあり方をバカにしていたようだ…

さらに加えると、ジャンプをはじめとする漫画やアニメにも同じような傾向があるでしょうね。いまのジャンプはエロ雑誌寸前だし、青年誌は要するにレプティリアンが人を喰う話ばかりで、これでも規制されて思うような表現ができないというから、規制するところを間違えている。そっちのクレーマーは多分レプティリアンが人を喰うとか、戦争そのものが大好きなのでしょうね。これも誰も見向きもしない漫画アニメに真実があるはずです。

ブラックとホワイトの違い

最近はブラック企業とか、ブラック部活、とにかくブラックが話題。

問題は、手塚治虫とか、ジブリのもとで働いているスタッフはとんでもない激務だが、それでも作品が評価され、誰も文句をいわないこと。

逆に、高校野球やスポーツ英才教育において、子供のちょっとした一言でずーっとスポーツに取り組ませて、部活も夜中までやって、体を壊してバーンアウトする人が潜在的に相当に多いといわれ、

毒親問題と併せてそうとうな改革が持ち上がっているそうです。

また、もちろんブラック労働もあるのですが、使命の大きい仕事とか、替えのきかない仕事、[削除済み]まであるようなので、どこでどう線を引いたらいいのか?

ヒントは手塚治虫のアシスタントにあります。彼の漫画は今の漫画と違って、そのまま神話や寓話、伝説として読める非常に壮大なものが有名で、人間が逃れられない苦しみを描き、人の心を目覚めさせるものです。

このような「精神的に」価値のある仕事には人間は結構夢中になるものです。ディズニーリゾートのキャストもそのようなところがある。数年でやめる人も多いが入る人もまた多い。

スポーツの部活には残念なことにそういった面が少ないし、芸大では気が狂っているほどいい作品ができるのだそうで、これからは精神労働の時代でしょうね。

一方でブラック企業は社会のためにではなくもはや上司の利益のために働かされている感覚があります。

さらに適正な給料も存在するはずですが、やりがいだけで給料を減らして仕事させるとか「やりがい搾取」という問題になっています。

逆にホワイト企業HONDAに技術開発の志をもって入った人が、部品メーカーが開発してくれるからいいやといわれ、愕然としてベンチャーに移った報告もあります。人間は何なのでしょうか。

そもそも人間の真の力は「人月」とか 常に一定の 成果/時間 で表すことは無理です。

みんな買うものは「お値段以上」をもとめるし、雇う方も給料以上をもとめるでしょう。それOverunityですよ。永久機関じゃないですか。

甦るMaxwellの悪魔をよんでほしい。難しいが、永久機関を実現するための理論とともに、人間の筋肉が栄養で動いているのではなく、熱ゆらぎで特定の方向にいくのだけ許可するしくみだといいます。

ここの理論によると、真の永久機関はエンジンの一定リズムではなく、好き勝手ランダム周期で動くとかいてあり、すなわちうたうエンジンである、人間がそうなら、

この時間までにコレをやってね というのは バツなのです。この理論の前に日本の伝統的な価値観とそれによる法律、商習慣、見よう見まねのカイゼン、こどもの教育、研究予算合理化、IT投資、場の空気が如何に間違っているのかがわかる。またGoogleのホワイト企業ぶりが理解できる。そう、富士通の池田敏雄さんの活躍もやっと説明できる。

人間は機械ではないし、機械にされようものなら全力でそういうSYSTEMをぶっ壊すものです。逆に、人間をつかう、永久機関をつかうんだ、そういう態度が大切です。

逆に支配層の内で悪しきもの、ただ時間どうりにやれ!と怒鳴るような存在は命を、開放系宇宙を小さくしているという自滅が透けて見えるのです。

差別ざけんな

ええ。最近は差別や被害とか戦争とかの話が盛り上がっていますね。

いや 差別や殺戮はいけないでしょう。もっともそんな綺麗事で私の話は終わりません。

差別され、殺戮された集団が、例えば政治的、社会的、教育的、宗教的な手段をもって、

逆に、差別した、殺戮した集団を徹底的に破壊することがあるようです。

彼らは私の心がどんなに荒んでも(ええこのブログに書いてありますとも)飽きません。徹底的ですね。

彼らは私を崩すなら宇宙さえ犠牲にしていいと思っていることがあります。

私の父方の先祖は武士ですが飛騨高山の方です。そのまた先祖は、資料がねずみに食われたので、不明です。とにかく丹生川は不思議な光があります。また私の性質が韓国人っぽいときがある、それを人前でかくしていることは明かしたはずです。

さらに私のような微妙な点のない普通の人間にはまるできかない攻撃が私にはMAXできているようで何よりです。

微妙なことだらけのこの宇宙で 何が許されるのでしょうか。

私は 憎しみや恨みはやめて、たんに訴えるつもりでいます。それで一番、防弾が無効になります。

あまり応酬を続けていると、発振状態になり、限界までエネルギーを突っ込んで受け止めることになります。「ダンパー」が必要です。ダンパーのないやつらが本当に存在するらしいのは遅れた星地球ですね。

幸福の科学が最初から間違っている可能性

ここのところアンチカルトとして異常に幸福の科学に執着するのが自分でもおかしいと思っていまして。

で、ここのところかなり無茶してでも永久機関を研究したいとか、どうも目標が高すぎるし、

いつも苦しい。何が起こっていたのでしょうね。

守護霊のレベルで人生の間違いがあったらしいのです。守護霊が間違った教育をやるのであれば、とうぜんうまくいきません。

それは制御理論でいう完全負帰還です。目標を少しでも達成できないときに異常にふんばります。踏ん張るだけで何もできないこともある。エネルギー源が足りないこともある。目標に達したらすぐに気を抜くのも特徴。

それはオーディオでスピーカーを鳴らす程度なら電源が十分にあるので、できないわけではないですが、人生はどうでしょうか。自分より強い脅威などいくらでもあるでしょう。あげく負帰還は出力の「ショート」に弱くて、いくらエネルギーをつぎ込んでも無駄な時でさえ、もてるエネルギーを全部つぎ込むのです。ショートさせるのは簡単です。日本ではがむしゃらな努力を簡単に打ち砕くノウハウが普及しているのです。それが真に自分を守ることなのですから。

こんなときに負帰還はどうにもできず、自分を壊してしまうのです。

はい。幸福の科学は大川先生の幼少時とか、学生時代とか、人生にあまりに苦しみが多い設定なのですね。仏がこんな設定で生まれてくるのかと。さらに自分の子供たちにも2世たちにもそういう特訓をさせます。どうみても負帰還志向です。

親にすら愛されない、周りにも馬鹿にされる、自分の才能もなく自分すらあてにならない、孤独で、絶望的な人生です。これは私の人生もその側面が強いです。

そこを負帰還でぶちぬけと。言葉通り自分ができていないというマイナスを強く意識する考えであり、また負帰還では誤差はほとんどない状態でも、現実的にはかならず誤差があり、目標以上の成果を上げると、逆に目標道理に下げようとまでするのです。

自作オーディオの世界では無帰還こそ最上だという説もあり、部品が動きたいように動く無帰還は音が生きているのだというのです。オーディオではまだかなり難しい技術だが、最初から自由に動くのが生命だったはずです。

大川先生をはじめ幸福の科学の初期メンバーやその2世はこのようなかなり厳しい考え方を持っているのです。まさに似たようなグループなのですが、そう、おそらく生まれる前からそういったポリシーだ。

日本でこういった考えで生き抜こうとして、結局自分を壊して終わりで、植木等やクレイジーキャッツみたいにほんだらほんだらしていたほうが勝てるのですね。(まずはHONDARA盤で検索 映画もたくさんある)

だから、我々は 最初から間違っていたんです。本当は。守護霊も自分の心の奥底も間違っていたんです。日本では厳しい宗教なんてやると体も心も壊すし、だからアブラハムの宗教が布教できないのです。

逆に 日本でもうまくいくやりかたこそ、世界でも通じるのではないでしょうか。それを我々は研究してやらなければならない。

最高の宗教を打ち立てようとするとカルトになる?

俺は、カルト宗教のために生まれてきたつもりではない!

あの[削除済]、歓喜にわきたち、盛大なイベントをやり、これ以上ない真理をなるべくみんなに伝えようとしたあの熱気を忘れてはいない。

あのころは信者は賢い人や、オカルト技に長けている人が多かった。奇跡も起こった。

それがなぜ、世間に嫌われ、内部では争い、金を取られるだけ、どうしてみんなでそうなったのか?

そして、なんでこんなところに生まれてしまったのか。なんのカルマがあるのか?

もしまごうことなき真理が一瞬で体現されると

もし真理が一瞬で体現されるとどうなるか。

街が消える。建物が消える。工場が消え ダムが消え、発電所が消え、そして汚れた生き物である人間が消える。そこにはユートピアしかない。

そう、未完成な魂を持っている、人が消えてしまうのです。カルト宗教も同じで、真理がいち早く体現されたければ、人の魂を消すことになる。

伝道を推進するとはどういうことか

実は人間は自由意志がある。自由意志があることが非常に重要。

実に真理というのはネットで公開したところでほとんどアクセスがない。真理はまず理解できない人が多い。

逆に伝統宗教でもキリスト教福音派は結構危ないと評判。わからない真理を人に上から目線で押し付ける。

そしてそれが行き着くと洗脳で、伝える側がロボットを求めてしまうなどの現実の人間による歪みや、

そもそも虫やネズミが生きているのだから人間でも精神にレベル差はあって当然。

逆にこの世界を消し去りたいような人が伝道を進めるのかもしれない。

まごうことなき真理の教団ができたとして

古今東西の真理をとにかく集めて教団を作るのはおすすめできない。反対側の道から真理の山に登るのを教えていることもあり、尾根道と断崖と鉄道スイッチバックとトンネル、更にジェットスーツをつくって飛ぶなど、別の道では全然使えないやり方もまぜて、矛盾が起こる。なぜか矛盾を解決しようとしない。

シルバーバーチのサイトはたしかに真理だが、上から目線で我々が最高だとする主張は周りから嫌われることもある。こんなことだってある。

また真理を信じている、実践しようとしているのと、 実践できているというのは現実ではまた違う。人間の限界。

真理を信じている、実践していると集団のみんなが驕り高ぶっては周りのプライドやささやかな幸せをくじいて戦いの場にしてしまう。

あげく真理以外の情報をシャットアウトされた二世三世は 体の免疫がないのと同じで、心が非常に傷つきやすく、教団自身が悪霊を警告したところで、直ちにそれにやられるしかない。怪談や「財団」やガンダムや魔術など、怖い話も役に立つ。

そして集団が教祖を崇め、自分たちの方からロボットになってしまう。これは現実では教祖が何をやっても反動がないため、教祖自身が悪いことをしたり指示してもも反動がなくて、恐ろしいぐらい何でもできる。人間の脳ではこの権力の喜びから逃れるのは難しい。

というわけで、まごうことなき真理の教団を作ろうとすると、なぜかカルトになる。

どうすれば真理を探求できるか

普通の伝統宗教では派閥や宗派ができる。何の道からも真理にはいけるが、やり方が別で、しかも自分たちでやってみたやりかた。

つまり、真理から偏っているはずなのに、真理を体現できる。

偏っていると自分たちでわかっているので、真理の探究がつづき、おごることがない。

最近では宗教ですらない、心理学や魔法、量子物理学という門さえある。

むしろ日本猿のように群れないで自分や家族だけで本を読みながら極めることもできる。

過去世の私の行いも結構間違っていたかもしれない!

そしてこの問題はもはや哲学の領域であり、残念だがまだ私の能力ではこのページで説明し切ることができない。数十年かけて研究するだろう。

日本国民に勇気を

最近になってわかった、重要なことがいくつもあります。

日本人なら国のために死ぬんだという性質を持っています。善の戦いに死ぬという性質もあります。たぶんあなたも持っているはずです。

だが、Twitterのあるタイムラインでは、上司や権力者が自分の奴隷にするときに、国のためだ、善のためだときれいごとをいって過労死させることがわかった。

これで自殺や無駄死にする人が結構多そうです。つまり国のため善のために死ぬには、どの組織に入るか、誰を上司にするか、また正統な神道を探すのは重要です。

実際 全く不得意な仕事を数ヶ月やらせて屈辱を味あわせ 自我を崩壊させてロボットにする企業もあるらしく、このような企業は人ではなくAIでもなくパソコンに手足についただけの人がたくさんいて、カルト宗教みたいな争いがあるらしいです。

またカルト宗教こそまさしく善のために尽くすと思わせといて、奴隷にするのです。

一人ひとりが日本をかえるための勇気が必要です。

よく左翼、右翼、陰謀論者が 自分たちは悪い事をされているんだと主張しています。

一方で中華人民共和国では、そのようなことはもはやみんな暗黙の了解で、一般の人民のほうが自分を守るための作戦をねって、周りと隠語でやり取りしています。

それも言えないような北朝鮮では、子供にはこの国では真実を人に言ってはならないとしつけるだけです。闇市や賄賂、為替の闇レートなど、人民も手をこまねいていはいません。

つまり愚痴をいうだけの日本と違い、愚痴さえ言えなければ実際に行動に出ているのです。だから奴らは強いです。

資本主義やネットの個人情報による操作が大きくなっています。ぜひ、自分を守るために、買いたいものよりも買うべきものを探り、時には裏技で調べたり自分で発明する必要もあるでしょう。資本主義も戦争のひとつであり、自分の体ひとつ分でも利益を確保する意思のない人は、たちまち貧乏になるでしょう。

科学技術も、明るい話題は過ぎ、わけのわからない話と、スマホ生活の現実を突きつけられました。簡単な発明で人を幸せにできる、そういった技術は日本からでしょう。

自衛隊は・・・一番上で言ったような浄化が起きれば入隊は増えると思う。それと、あまりに秘密兵器のリークが少なく、超技術がないか、特殊部隊しか持っていないのなら、気象兵器が実用されていると言われる今、そろそろ危ないでしょう。私は他の軍より強くなるのではなく、武力の平衡をすすめています。

またオカルト的な手法も存在します。相手にイライラして念力を送り込むとき、恨みや憎しみを全く持たないで、自然な憤りだけぶつけます。自分のイライラでイライラしなくなるどころか、極めて早く効果が出ます。