新しい哲学とそれに基づく政治の必要性

いままでの哲学とか政治というのがいくら研究が進もうともどうも同じで、

相変わらず戦争して、相変わらず大事故を起こしてうやむやにするという

科学技術が進んだのに、とても厄介なことになっておりますが

今までの哲学や政治は結局王様の下で研究されており 王様に都合の悪いことから目を背けてきました。

しかし、もうそういっていられません。

人間の肉体の方の本能はみんなサイコパスです。心の本能の方で理性的なことが出来ますが、

肉体の方の本能をうまくコントロール仕切れずに暴発している人が多いはずです。

自己防衛(自分を守る)、自己拡大(自分のなになにを拡大する 権力など)、自己複製(子供を生む)の本能に心の方がのっかって

他人を潰し自分だけのし上がる。そうしたことがはびこっています。あげく核戦争で自滅しかねない。

その本能はごく一部のブルジョアではすごく大きいものです。必要な権力だけ持たないと、どこまでもわがままになります。

なのに、今までまとめられた歴史(英雄がサイコパス)や現代のメディア戦略は肉体の本能を強くすることばかりで、困ります。

さらに、一部の心の達人がすごい悟りを得ているのに、オカルト的でない哲学の範疇の話題すらオカルトにされてそういうものを封じられています。

みんなが肉体の本能、心の本能を認識し、さらに人間が向上しますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中