今のテレビ番組は精神を操作する

今のテレビ番組は、視聴者の反応を強制的に自分たちのいいように変える編集が入っていると思います。

昔は、テレビ番組で取り上げている情報をよく雰囲気まで伝え、心に訴える作り方をしていました。

昔、通販番組だけで流れていた 観客らしき声ののわざとらしい反応が、バラエティ番組にほとんど入っていたり、いちいち何でもBGMをかけ、しかもおそらく映画、ミュージカルの、一番盛り上がる場面のBGMを用います。効果音もいれます。

更に近頃は、どういった点で感動するべきかをわざわざ説明してくれるのです。自分で楽しいところを見つけたいのに、余計なことをしてくれるね。

これは、観る人の感想を操作する行為です。コンテンツではなく、このような演出で心を揺さぶります。

さらにセリフには画面の下三分の一を使った大きなテロップを流します。付けなくてもいいのに。逆にコミュニケーション能力を奪います。ラジオが聞き取りづらくなる!

更に安っぽい芸人を盛んに出して、どんなにすばらしい話しをながした後でもいっぱい茶化します。

背景にはたくさん物を置くか原色を使った大きなオブジェを置き、そっちに気がそらされて集中できないことさえあります。

このようにすることで、視聴者を「躁」の状態に置き、テレビに依存させる戦略だと思うのですが、もっと真面目にやるべき内容までそういうことをしてしまうので、結局視聴者は肝心の番組の中身を覚えず さらには本当にいい情報を選び取れなくなるとおもいます。

結局見た後に残った一番大きいものは・・・疲れです。脳がつかれてしまうのです。

このような番組の最たるものが、「火曜サプライズ」です。ゴールデンでお寒いギャグ、最高にくだらないなどいろいろ不可解な点の多い番組は心理を操作する可能性があります。

視聴者は、自分の心で納得したいのに、軽いマインドコントロールを入れるこうした編集を嫌がると思います。

さらに、こうした編集がバラエティのみならずニュースですら行われるのですから驚きです。

明るいニュースは下らないこんなの食べたよというのばかりで、ハイテクのニュースもめっきり減りました。

こうして社会を暗い方に操り、暗いニュースをいっぱい作れるようになるわけです。

はい。テレビに隠れていた大衆操作のパワーがもはや顕在化したと思います。

無理なやり方でしか、視聴者を動かせないテレビの本性が出ているのです。

ただテレビを見ていないで、番組が作られた、意図を探ってみてください。

実に馬鹿馬鹿しいと思います。テレビとバイバイしてもいいでしょう。

インターネットでは検索キーワードさえ思いつけば いくらでも情報が入ります。

賢い人が打ちそうなキーワードをうってみたり、filetype:pdfをつけてPDFだけ見れる様にすると、何かが違うと思います。

金持ちになる方法について

人間にはイメージ力があります。

結構それは大きく出来るという話があります。

では、イメージで6億円心の中に出して、

それを何らかの方法で現実のお金と引き換える方法があるのではないか?

と、思ったのですが?

自分の心の中にお金をいっぱい持っておくと、

なぜか疲れることなく仕事がいっぱいできるのではないのか。

そうすれば昇進も夢ではないのではないのか。

こんなこと考える自分はただの馬鹿なのでしょうか?

更に心のなかのお金を使えば、病気も霊的に何故か早く改善し、運気も上がるのでは?

もうひとつ。自分に必要なお金より多くを求めると搾取しかなくなると思う。

そうならなためには欲しいものを手に入れるのではなく精神が安定するぐらいのお金だけもとめるべき。

株、FXも、そうで、大きなことをしたいなら明るい未来を創ってくれる会社、国にお金を回すのが本来の投資なので、

金儲けよりそれを実行することです。