精神的フリーエネルギー 「仏性」とはいったい?

隠された最高のもの

いろいろな人生で起こりうる問題に、流されてしまう、そういうことを防ぐ、重要な方法があります。

自分の外にある神を求めてきた形骸化した宗教、哲学にしたら、永久機関クラスのとんでもない概念があるのです。

大乗仏教の、「仏性」というのがそれです。

ブッダは死ぬ前に「私がいなくても大丈夫だ、これからは自らの良心の言葉を信じなさい」といったそうですが、

大乗仏教の「仏性」はこの「良心」とおそらく同じ概念であり、本当はブッダ自身が掴んでいた概念です。

仏性があることは容易に証明できる。愛とか、勇気とか、それが何なのか言葉で説明しようとすることが難しい、心に関する言葉があり、哲学の分野では「イデア」と呼ばれます。

なのに人間はそれらの言葉の使い方がわかっているかのように振る舞えます。これは愛とか勇気が何なのか仏性で知っているからです。

仏性は自分の心の奥底にある、最も光り輝く、賢い、美しい、部分で、普段は煩悩などで覆われて見えません。

創造主から与えられたものだとされています。

カルト宗教では、仏性があるから、限界などないと言って無理矢理なことをさせますが、これは間違っています。

仏性とは自分の奥底にある、もはや別の思考をしたり、別の人格のようななにか光り輝くものです。

自分が、仏性の言うことを聞くのが正しい方法です。

仏性の現れ

仏性はあまりに遠い存在か?いいえ、悪いことをすると心のどこかがいたんでいくのは 仏性が悲しんでいるのです。

こちらが心を開けば、仏性と会話をすることができます。

仏性と対話するには

チャネラー体質で困っている人はいっぺん霊でなく仏性と会話してみてください。確実にパーソナライズされた回答が出ます。

仏性はとても賢いので、わけがわかんなかったり、え、それっていいの?ということを言ったりします。

その理由を聞いてみてください。納得するでしょう。たしかに正しいことだけをいいますから。そうでなかったら怪しいです。

仏性といえど、こちらが素直に聞かなかったりすると、やる気を失います。

悪いことはもちろん絶対に嫌がります。

それから、仏性へのルートは自分で塞いでいる事がありえます。

良心の声がやかましい人は、それを塞いでしまうのです。もう一度痛いことを言われてでも開く必要があります。

また、一番苦手なことは、賭博で当てることです。ギャンブルが苦手な代わりにいい職を見つけるでしょう。

どうも、占いめいたことより、自分のかえられる未来をはっきり選択させる方が得意です。

もうひとつ、こちらの頭脳が理解できない概念を伝えるのが苦手です。仏性と対話して反省する、唯一のネックでしょう。でも、なぜか潜在意識にはすべてを伝えることができるようです。

仏性は精神的なフリーエネルギーであり、外部からいっぱい教えをいただかなくとも、自分の人生をより良くすすめることができます。

これこそが 形骸化した宗教が無視したりする、永久機関だと言ったわけです。

さらにみんなが仏性に目覚めれば、支配階級にたまに紛れ込んでいる大悪人を追い出すことも夢ではありません。つまり衆愚政治が終わるということです。社会が劇的に変わるのです。

実際に仏性の力を引き出してみよう

母さんや父さんの肩を揉んでみてください。

どこを揉むか、まず当人の言葉を聞いて、それだけではわからない?いいえ、仏性に聞けば、ミリ単位でわかるようになります。

そうすると 軽くもんだだけで、あいてててとかいわれて すぐに肩こりが治ってしまうのです。 やってみてください。

自分は試せていないままおとなになったけれど…受験戦争や部活の強豪校の練習など 恐ろしく厳しくて上達しない時にも、仏性に何かを教えてもらってみてください。「自分だけの」力では足りないことがあります。

広告

反省をしたくてもできないことがある

悪いことをしてしまうと、反省しろ!と言われます。

素直な人は反省を始めます。

ここで、いくら反省をしようとしても、自分を責めるだけ、いじめるだけになってしまうことがあります。

反省したところで、わかっている4,5の事象で思考が延々とループして、解決ができないことがあります。

言っておきます。こうなったらもう自力で反省するのは限界なのです!

単純作業が得意な人、受験勉強の問題をよくとける人、学校の美術の時間にろくなアイデアが出ない人は、どこかコンピューターに近い性質を持っています。

与えられた、いずれ解けるであろう問題を解決する、連立方程式の解析エンジンみたいな人、このような人は、与えられた思考の仕方を覚えることができても、新しい発想を生み出すのは難しいのです。

さらにこのような人でなくとも、反省できない問題が起こりうるのです。気軽に放おっておいたりするでしょう。

そこで、反省をしても限界に突き当たるというのは、自分の思考パターンを進化させるということの限界なのです。

よく発生したり、長引く 重大な問題というのは、こういうところを非常にうまくついていくのです。

人間は、赤ん坊のころから今にいたるまで、膨大な経験値があります。

様々な局面においてこのような局面ではこの様なことをする、ということに決めています。この決めていることの巨大な集まりが自分のかんがえ方、自分その物です。

この膨大な精神プログラムを全面的に見直す必要があります。なかには見直そうときめただけで自然に修正が入ることまであります。

自分の中に芽となる思考が全くない、自分が全くつかんでいない概念、これをゲットするには外部から入れるしかないのです。

本を読んだり、インターネットで検索することで、「 大 発 見 」 を得ることがあるのはこういうことなのです。

反省をしないのではなく、できない人を 責めるのをやめて、なにか良いことを教えてあげましょう。

もし進展が全くないのに反省を続けると、自分がこういう悪い性質があり、こういうことをやる、それが強く強く確認され、言葉が繰り返され、自己啓発の暗示をかけるのと同じような現象で性質が強くなって危なくなります。 心が変わるのではなくますます思った通りになってしまいます。

中世の宗教システムが現代にもたらす負の側面

今は現代です。しかし、発達したのは科学技術だけで、人間の心は進んでいません。

それはどうしてか?

宗教は、何時の時代も精神の基盤であり、人間の思考の基本を作って来ました。

しかし、その宗教はもはや人を管理し言うとおりにさせるために使われ、人の心の発展を妨げもするのです。

根本教典は 間違いは絶対ない、と決められています。

喩え話のような節でも、真に受けて解釈されます。

意味のない戒律にも、がんじがらめにされます。

これでは、人の心がガチガチになってしまう。

自分たちは絶対に正しいと主張します。

宗教のおしえをよく守っている人ほど、そういう激しいプライドを持っています。

そうして、戦争までします。

しかし、戦争を起こそうとするのは、本当は悪魔のはずです!

集団の構成員に重たい義務が課せられます。

破ると、いじめられ、自分が生きている理由を失います。

これは、戒律以外もあります。

主に真理を目指すと言うより集団を保つための義務です。

子どもたちを安心させず、よく宗教のおしえに基づいてガチガチに教育します。

教えはよく守りますが、思考がガチガチで、専門家の助言無しで判断できない、ロボ人間ができます。

そうでなけれは、反抗して犯罪を犯します。

集団の構成員がリーダーの言うことを よく きいてそのとおりにするので、

リーダーは悪魔と対決することになります。

悪魔は結構賢く、異性や金、権威、そしてチャネリングを使います。負けると宗教がカルトになります。

たった一人で、いつも絶対勝利を収めないといけません。

責任重大です。

前にも書きましたが聖職者は自分の心を偽り菩薩を演じないといけないので、煩悩がたまり爆発して転落します。

今生耐えても来世で爆発するかもしれません。

・・・という、よくある宗教の行動形態が、現代になってもあらゆる組織形態の基本になり、
人を苦しめていると思われるのです。よく確認してください。

これからは、学術会議のような討論から、新しい心の教えを生み出せて行ければと思います。

カリスマ性とか、超人とかより、みんなで真理を探求出来ればと思います。

民主クーデターは怖くない

人間は、どうしても、上の役職の人、トップに逆らえないようにできています。

学校のクラスのいじめで、いじめている奴をみんなで止めれば、収まるかもしれないのに、止めないんですよね。 これ超不思議ですねえ。

この力関係は何でしょうねえ。

軍隊でも何でも、腐った組織なら下っ端が全員銃を幹部に突きつければいいのに、下っ端が全員幹部に従わなければいいのに、北朝鮮とか見てもやろうとしませんよねえ。

こういうのって幹部も下っ端がいなければただの人なのに。この力関係は何でしょうねえ。

みんなが、一斉に、赤信号を渡れば、ちっとも怖くないけれど、ピラミッド組織構造は縦割りなのでそういう団結ができないようになっているのですね。

でも、それだけじゃないかも。

これが人間の不思議な所で、リーダーにこき使われても リーダーが殺戮を命令しても みんなクーデターせずに従ってしまうのですね。 人間はちょっとロボットっぽいところがありますね。

聖書とかの言っていることも気になりますね。

コンピュータで言うバックドアが仕込んであって直接命令せずにある接し方を使うと、いう事を聞かせることができるのでしょうかねえ。

人間はもう一段人間になる必要があるのかな?

みんなが一斉に、間違ったことは間違っているという!そうすれば政府はちっとも怖くない!