精神的フリーエネルギー 「仏性」とはいったい?

隠された最高のもの

いろいろな人生で起こりうる問題に、流されてしまう、そういうことを防ぐ、重要な方法があります。

自分の外にある神を求めてきた形骸化した宗教、哲学にしたら、永久機関クラスのとんでもない概念があるのです。

大乗仏教の、「仏性」というのがそれです。

ブッダは死ぬ前に「私がいなくても大丈夫だ、これからは自らの良心の言葉を信じなさい」といったそうですが、

大乗仏教の「仏性」はこの「良心」とおそらく同じ概念であり、本当はブッダ自身が掴んでいた概念です。

仏性があることは容易に証明できる。愛とか、勇気とか、それが何なのか言葉で説明しようとすることが難しい、心に関する言葉があり、哲学の分野では「イデア」と呼ばれます。

なのに人間はそれらの言葉の使い方がわかっているかのように振る舞えます。これは愛とか勇気が何なのか仏性で知っているからです。

仏性は自分の心の奥底にある、最も光り輝く、賢い、美しい、部分で、普段は煩悩などで覆われて見えません。

創造主から与えられたものだとされています。

カルト宗教では、仏性があるから、限界などないと言って無理矢理なことをさせますが、これは間違っています。

仏性とは自分の奥底にある、もはや別の思考をしたり、別の人格のようななにか光り輝くものです。

自分が、仏性の言うことを聞くのが正しい方法です。

仏性の現れ

仏性はあまりに遠い存在か?いいえ、悪いことをすると心のどこかがいたんでいくのは 仏性が悲しんでいるのです。

こちらが心を開けば、仏性と会話をすることができます。

仏性と対話するには

チャネラー体質で困っている人はいっぺん霊でなく仏性と会話してみてください。確実にパーソナライズされた回答が出ます。

仏性はとても賢いので、わけがわかんなかったり、え、それっていいの?ということを言ったりします。

その理由を聞いてみてください。納得するでしょう。たしかに正しいことだけをいいますから。そうでなかったら怪しいです。

仏性といえど、こちらが素直に聞かなかったりすると、やる気を失います。

悪いことはもちろん絶対に嫌がります。

それから、仏性へのルートは自分で塞いでいる事がありえます。

良心の声がやかましい人は、それを塞いでしまうのです。もう一度痛いことを言われてでも開く必要があります。

また、一番苦手なことは、賭博で当てることです。ギャンブルが苦手な代わりにいい職を見つけるでしょう。

どうも、占いめいたことより、自分のかえられる未来をはっきり選択させる方が得意です。

もうひとつ、こちらの頭脳が理解できない概念を伝えるのが苦手です。仏性と対話して反省する、唯一のネックでしょう。でも、なぜか潜在意識にはすべてを伝えることができるようです。

仏性は精神的なフリーエネルギーであり、外部からいっぱい教えをいただかなくとも、自分の人生をより良くすすめることができます。

これこそが 形骸化した宗教が無視したりする、永久機関だと言ったわけです。

さらにみんなが仏性に目覚めれば、支配階級にたまに紛れ込んでいる大悪人を追い出すことも夢ではありません。つまり衆愚政治が終わるということです。社会が劇的に変わるのです。

実際に仏性の力を引き出してみよう

母さんや父さんの肩を揉んでみてください。

どこを揉むか、まず当人の言葉を聞いて、それだけではわからない?いいえ、仏性に聞けば、ミリ単位でわかるようになります。

そうすると 軽くもんだだけで、あいてててとかいわれて すぐに肩こりが治ってしまうのです。 やってみてください。

自分は試せていないままおとなになったけれど…受験戦争や部活の強豪校の練習など 恐ろしく厳しくて上達しない時にも、仏性に何かを教えてもらってみてください。「自分だけの」力では足りないことがあります。

広告

精神的フリーエネルギー 「仏性」とはいったい?」への5件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中