ストレスを解消せず蓄積させる教育

昔の神学校の教育、また、今の義務教育というのは、有無をいわさずいわれたことをさせる教育です。

しかし、これによって人は自分の心の中の悪い部分を、反省するのではなく、隠すようになります。

これらの教育ではマンツーマン対応や心を綺麗にする重要な教えが説かれません。ただ、いい子にしなさい。そうしないと罰を与えます、そういう教育です。

そうして、みんないい子で居ますが、煩悩はなくなったのではなく、ユングのいうとおり 出ないようにしてあり、何かのきっかけで非常に大きな内部応力が解放され、重大な罪を犯すことがあり得ます。

いい大学を出た、エリート候補が、大堕落するパターンがタマにあるのは、こういうことなのでしょう。

いい子で居なさい、勉強しなさい、一番になりなさい、そういう教育では、煩悩が子供の中にたまる一方で、ロボットみたいな人格になりますが突然としてバグが表れブルースクリーン(顔面蒼白)所ではなく、今まで従ってきた人全てを破壊する可能性だってあります。

恐らくそうしてオウムに引き付けられた東大卒も居るでしょうし カルト宗教を始めたものも居るでしょう。

また煩悩に飲み込まれ勉強どころでないのに親が勉強させることもありえるでしょう。

昔から今までの道徳教育は社会秩序に従うことを教えるばかりで、こんなのでは また死刑になるものが出てもおかしくないし、ちょっとはみ出た人をみんなで責めまくるのでますます大変なことになります。

道徳教育が却っていじめを増長させることだって在りえなくはないのです。

子供を自由にさせるという名目で、ほったらかすのではなく、自分の悩みをうまく解決する方法を教えるべきです。

基本的な心理学の知識を教え、言葉に出来ない悩みを言葉にし 自分の少ない能力でも解決に近づけるようにすべきです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中