心理学のシャドウのスピリチュアル的な解釈

心理学って直感的でなくて、わかりづらいですよね。

シャドウといって自分の心の底に抑圧した思いが悪霊や自分を害する他人の形で出る、

というのですが?

このたびは霊的な解釈を構築できたので説明します。

分霊とか分光というのは簡単にできるのですよ。そういう霊がいると思い込むだけです。

タルパといってこの方法で自分をアシストする方法があります、安易に2chの住人が行っていますが非常に危険なのでやめておきましょう。

よく、悪い心を捨てる、といいますよね。悪を去り善を取れ、と。小さいころから、教わってきましたね。

しかし、その悪い心というのは、自分の心の一部というか、なんか独立した意識のように感じませんか?

そして、悪い心を捨てると・・・・

悪い心が自分から独立して振舞うようになります。霊になります。

霊になったその存在は、生霊として他人をつぶしたり、地獄で苦しんだり、自分を捨てた存在に襲い掛かる、そういうことが、

悪霊の障りの1つの、大きなパターンだと思われるのです。

この現象は今までの宗教では説明されていなく、心理学でシャドウといわれるのでしょう。

ほんとうは、悪い心というのは反省して浄化しなくてはいけなく、反省しないまま無理やり捨てると、

大変なことになるよ、そういうことではないのか?

とりあえず散らばった悪い心を回収して反省によって清めないといけないですね。精神は意外と安定状態に近づきます。

また、聖職者は大きな反省のできないうちから完璧を求められ悪い心を無理やり捨てる必要に迫られるので、

悪霊と戦うのですがそれが自分が捨てた悪い心かもよ? また自分をごまかすと後々自分の作った悪霊で大堕落しかねないよ?

そういうことなのです。

この辺特にカルト宗教の教祖は非常に危険なことになると重いますね。

正義とか正しいことって何なの?という人は非常に多いと思いますが、ようは

「環境にやさしい」でいいのではないのか。科学の言葉を用いましたが公害をとめるのと悪い心を放出するのを止めることは本質は一緒だと思います。

思い込みが現実をひずめる

思うようにならないのが、現実だと思っていませんか??しかし、心の中は、思い通りになります。

自分がある時点で思い込んだことが、自分の心をあらぬ方向にひずめる、そういうことがあります。

一旦思い込んでしまえば、それが心の中では現実になるので、それでもって勝手に悩みを作り出しては、思い込みが原因なのですから反省しようとしても表面の4の5の事象しかつかめず原因がわかりません。

だって、思い込んだだけなのですから、自分の心のどこが堕落しているのかなんて行き着くはずはありません。

延々と悩んでいるのなら、一旦思い込みをとってみると、本当の自分が現れ、予想外に安定したふるまいをします。

心の底では信じられずに元に戻そうとまでするでしょう。こんな自分なんて覚えていない!

しかし、予想外に安定したふるまいでいいのです。

あらゆる自分の性格、性質の思い込みをどうなってもいいからやめてみれば、何かが昨日と違います。

上書きされていた自分の本当の性質が現れると、暮らしが変わるでしょう。

性格は、信じるものではなく、感じるものです すっきりしましょう。

同じように、チャネリングをやっている人や、宗教をやっている人も、自分の心に現れる存在についての思い込みをとってみましょう。

真実は信じるものではなく、信じる前から感じられるもののはずです。本や雑誌、ブログをうのみにせず、真実を実際に感じてみる、それがよき道です。

もし、自分の意思で信じたいと思う前に、信じたいんだと思っていると信じさせるような方法を使ってきた宗教はすぐにやめるべきだと思います。

自分がその宗教を自分の意思で信じているのと、信じていると思い込んでいるから信じているのでは、すごい差があります。後者は疑ってみるべきでしょう。

遊びを禁じられた子供

私は、テレビゲームや漫画、遊戯王カードをほとんど禁じられて育ちました。

またアニメも男の子が好きそうなものに限って禁止。特にジャンプですね。

親は宗教に入っていて、ゼロトレラントで徹底的に汚れを排除します。

学校にいっても共通の話題などなく、なにも話せません。

特に少年なんとかは確かに過剰に激しいというのがあって、汚れた心にならないって、自分も、排除する姿勢を貫いて行こうとしました。

そこで、私は今ではとても珍しく小学5年生で新たにプラレールを買うとか、人形を(今でも)もっているとか、図書館で勉強に全く関係のない鉄道やテクノロジの本を読むとか、さらにラジオの組み立てなどをする電子工作をはじめました。

私は学校でわけのわからないことを自慢し出したり、逆にみんなの話しがわからなかったり、

今考えると、自分のコンプレックスの大元が友達がない、相手にされない、馬鹿にされるというものがあり、それがズーッと解消されないままだったのが、今までに来ていると思います。

中学のときにせっかく友達が出来たのですが、高校が違い、わかれたのと、卒業が近くなると精神が不安定になり出したので、それが今までひきずっています。

なにしろ、過去の記事で書いたように現代教育に破壊され、勉強以外の知識を詰め込んだ私は、意外でしょうが工業高校に通い、

しかも偶然電子科なのに自分以外科学が楽しい人が居ない、ということは周りはエヴァとか少年なんとかとかエロゲとかパチンコとかばかりに興味がある人ばかりで、

ロボット研究会に入っても先輩は大会の一ヶ月前まで遊んでいるので、気合いが全くなくなり、周りにはジャンク品が欲しくて来たのかと認識されているでしょう。

このような状況では、精神をいやすことが出来ずに、卒業は出来たものの専門学校でダウンし就職は出来ていません。

結局、倫理感が崩壊しているからって友達と同じ話題禁止なんていうものはもはや心を枯らしてしまうよ、そういうことなんです。

意外と汚い漫画読んでる人が「死ね」といいつつ意外と行動は弁えていたりするから(読み過ぎて心を壊す人はいるみたいです)。

まさかあのカルト教祖も親に窮屈な生活を強制されて一番でないと殺されるとかさんざんいわれて大爆発したとか???

保守派はしきりに挑発するな

いま、

日本といわゆる特定アジアが、かなり緊迫している状態にあります。

どの国の保守層も、熱くなって、保守といいつつほかの国を挑発しているように見えます。

ええ、たしかに、彼らの言っていることになんかの正しいことは入っているかもしれません。

とくに日本の保守層の言うことは聞いておくべきだと思います。

が、

だからと言ってパククネをバカクソネとかいってみたり、クラスで在日をいじめ倒してみたり、結構ムキになっていますね。

そのぐらいの動物的な批判では、相手の国の保守と同レベルになってしまいますよ。ね。

いや確かに、日本の保守層の言うことは結構当たっていると思いますよ・・・

だからって、自分たちがまるで特定アジアの下劣な真似までしていませんか???

よくかんがえるとそこまでやっているひとは、あ、いるな、と思えるのです。

だから日本人で保守ブログ書いている人はなぜか現実世界でふいにあなた韓国の方ですかといわれるケースもあるし、

韓国批判ばっかりやっているブログからなぜか韓国の雰囲気を感じるし。

保守だって、何らかの政治的な動きです。トレンドだから乗る、熱くなるのではだめです。何がそうさせているのか?

何がこんなに下劣な批判をさせるのか??

悪魔はじつは、保守層をあおりまくることによっても、戦争を起こし、国民を戦争に「自分から」参加させることをやっている。

決して左翼だけではありません。ほら考えてみれば左翼は敵国の右翼の一員かもしれません。

悪魔は双方に介入して漁夫の利をえます。武器商人みたいに。

あまりアツくなってはいけません。日本人だって重大すぎる欠点を持っています。みんなでやれば怖くない、国や大本営=マスコミ、大企業に右へ倣え、やさしすぎて本音を言えない、少数の賢いものをいじめる、みんなおんなじ性格、上司に反抗せずやめもせず過労死。

更にいいます。日本人は人をいじめるときは朝鮮人のステレオタイプ的な行動を明らかに取るのです。昔からではないがまさに現代はそういう日本人が多く、さらにいじめのターゲットを朝鮮人認定して自分の立場を保つのです。

ほかの国では政府が間違っていれば民衆クーデターでつぶします。

またしても大東亜戦争のようにあおられるのでしょうか?あおられたらまたほろばないか心配です。

最近ではテレビまで調子に乗って日本礼賛をやっていますが、ほんとうはあれだけ中国や朝鮮の人脈が入っているのに手のひらを返したように礼賛?なにか裏がある。

それと、うぬぼれてはいけない。たとえばテレビに出れる職人はわずか、ほんとうは素晴らしいテクノロジはまだヨーロッパも持っていて、それでロケットを飛ばしているのです、イタリア人はそう11人以下なら絶大な成果を挙げる。職人がいるそうです。

インドが衛星を打ち上げ成功、ABUロボコンで日本は劣勢、中国では勝手にヘリコプターやジャイロコプターを自作して乗ってとんだ人がいる、

宇宙人からぶっ飛んだテクノロジーをもらっているとの噂が絶えないのはアメリカ。ロシアもか?

日本だけ素晴らしいというのは調子に乗りすぎです。

本当に日本と韓国で戦争しそうな世の中、戦争しそうな両国の人民の心になってきている。ビクビクしているのです私は。

これ以上戦争は無理です。いくら相手が下劣だからって下劣さに火をつけてはさらに大変なことになります。間違っていること、それ自体がコンプレックスであり、そこを強く刺激すると相手は宇宙まで壊したくなるでしょう。

日本にはジンクスがあって、自分から攻め入ると負けるが、相手から攻め入られたら勝ちます。よく調べてください絶対そうですから。だから集団的自衛権は疑問です。だが機雷の設置など防衛のためにやるべきことがある。

次の世代へ向けては、まずよくケンカとかしてもいいから現実でお話をよくさせ(ただしいじめはすぐに止める)、最後に平和のありがたさを体で覚えさせましょう。

上の動画はソンソヒという韓国の天才少女の歌です。わずか9歳でデビュー、韓国の伝統歌謡や歌謡曲ばかり歌います。パラリンピックでエンディングセレモニーの韓国の出番で歌ったこともあるらしい。

ウェブサイトはhttp://www.songsohee.com/で一見中身がないが画像の一つ一つが壁紙大なのを小さく表示しているだけなのでたくさん壁紙をもらえることになる。

伝統歌謡の中国風味の楽器と、清らかな歌声が、不可思議に共鳴します。

またうまくなりましたね。しかし、伝統歌謡なので、韓国の他の若者がこのようにドン引きしているようにみえます。言葉はわかりませんが。

しかし、日本人の若者ですがこの歌唱力は結構すごいです。神園さやかでも勝てない。しかし韓国贔屓のはずの日本のマスコミ権力はまったくスルーなのでした。

ソンソヒで検索してきた人にサービス

続きを読む