心理学のシャドウのスピリチュアル的な解釈

心理学って直感的でなくて、わかりづらいですよね。

シャドウといって自分の心の底に抑圧した思いが悪霊や自分を害する他人の形で出る、

というのですが?

このたびは霊的な解釈を構築できたので説明します。

分霊とか分光というのは簡単にできるのですよ。そういう霊がいると思い込むだけです。

タルパといってこの方法で自分をアシストする方法があります、安易に2chの住人が行っていますが非常に危険なのでやめておきましょう。

よく、悪い心を捨てる、といいますよね。悪を去り善を取れ、と。小さいころから、教わってきましたね。

しかし、その悪い心というのは、自分の心の一部というか、なんか独立した意識のように感じませんか?

そして、悪い心を捨てると・・・・

悪い心が自分から独立して振舞うようになります。霊になります。

霊になったその存在は、生霊として他人をつぶしたり、地獄で苦しんだり、自分を捨てた存在に襲い掛かる、そういうことが、

悪霊の障りの1つの、大きなパターンだと思われるのです。

この現象は今までの宗教では説明されていなく、心理学でシャドウといわれるのでしょう。

ほんとうは、悪い心というのは反省して浄化しなくてはいけなく、反省しないまま無理やり捨てると、

大変なことになるよ、そういうことではないのか?

とりあえず散らばった悪い心を回収して反省によって清めないといけないですね。精神は意外と安定状態に近づきます。

また、聖職者は大きな反省のできないうちから完璧を求められ悪い心を無理やり捨てる必要に迫られるので、

悪霊と戦うのですがそれが自分が捨てた悪い心かもよ? また自分をごまかすと後々自分の作った悪霊で大堕落しかねないよ?

そういうことなのです。

この辺特にカルト宗教の教祖は非常に危険なことになると重いますね。

正義とか正しいことって何なの?という人は非常に多いと思いますが、ようは

「環境にやさしい」でいいのではないのか。科学の言葉を用いましたが公害をとめるのと悪い心を放出するのを止めることは本質は一緒だと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中