教育と称して自分のわがままを押し付ける親と教師

私が小さいころから親とか保母さん、教師と接するうえでいちばん苛立たしいこと、いちばん刃向かいたいことがあります。

教育とか、良いことをやっているようです。確かに基本的にはそうです、しかし、教育者の苛立たしい雰囲気はいったい何?

教育と称して、自分の好きなような性格や、成績、倫理感、ふるまいに無理矢理改造しようとする教育者が多くて、困っています。しかも、無意識にそうやっている人も少なくありません。

こういう教育者に子は自分をつぶされている感じがして、ぞっとするのです。自分の尊厳を踏みにじられている感じがします。自分の性格を自分の許可なく改造されるなんて誰だっていやです。

更に教育というのは基本正しいことなので、表向き自分は正しいことをしているのだという思い込みがあるのでどうしようもありません。

さらにいうと現代の教育システムなんて物はこのおかしな方法が正当化されシステムに組み込まれています。

先生の中に平気で性格のひんまがった者が紛れ込めるもの如何なものです。

まだ能力の低い子供は朝から晩まで勉強漬けにされます。心が育ちません。ただ、上の人のいうことを聞けばいいだけです。

さらに子供が充分に理解できていながらさらに自信をなくさせ鬱にする過剰な反戦教育はもっとも恐ろしい改造のひとつです。

これでは上司との関係以外全部うまくいかなくなりそうで、大変なことになるでしょう。うまく育ったように思えても、御人好しなので詐欺、カルト宗教、鼠講に簡単に入ってしまうかも知れません。

個人の「我」を昇華させず、無闇につぶす日本の教育法、こんな人権侵害を堂々とやっては、いずれ大きな反作用が起こるでしょう。

PS:

「バカをつくる学校」という、自分の思いと合いそうな本を買いました。

たしかにアメリカの現代教育の欠点がよく書かれていて、日本も全く同じ、「粒の揃った」人類を作って、何事も計算で動かせる簡単な性格を広めているとか、じつに深い告発ですが、

この本はAmazonで購入したら、”Amazon Int’l Sales”からの発送とあり、Amazonの割に4〜5日後に来るという不思議な事態になっています。

おそらく Int’lはInternationalの略で、海外から航空便で配送でしょう。配送料金はかわりません。赤字?この本は日本語訳なのに、なぜ海外に置かれているのでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中