動物の霊性をあなどってはいけない

動物は、幼稚なように思えますが、非常に不思議なことを起こすこともあります。

スマトラ島の大地震で、現地で人間とよく働いているぞうさんが、観光客を載せたまま山へ逃げ、そのあとに津波が発生。

また、津波に襲われたところには動物の死骸はなかったそうで?

今となってはネットの噂ですがhttp://amor1029.exblog.jp/1512937のように、asahi.comや読売新聞のサイトが報じたという報告もあります。

ココ(ゴリラ) – Wikipediaによれば、世界で初めて人間の言葉(手話)を話せるようになったゴリラは、死後について聞かれると「苦労の無い 穴のなか さようなら」とこたえたそうで。宗教的です。何かを悟っているのでしょうか?

水族館でイルカを見ると癒されますが、「イルカセラピー」「ドルフィンセラピー」というものもあって、重度の障害が治るというケースもあるそうです。そこまでに強力な代替療法です。

飼い主が犬を充分に愛していれば なにか災害を犬が予知してくれるという噂は、ネットでよく広まっています。

こうしてみると、動物というのは人間にたいしてすごく劣っているわけではなさそうです。ある種の進化した動物はむしろ悟性を人間よりずっと持っているように思えます。

動物は恐らく人間よりずっと素直に生きており、心が変に汚れていないのです。

人間の言葉を話さない、理解しない、従わないのは彼らの戦略です。そうしたら税をとられ、自立を奪われてしまいます。

自分で大自然の中でいきぬく方法を動物は見つけています。論理脳は小さいが非常に直感がさえています。

むしろ人間が偉大な自然を公害で殺しかけて、地球を滅ぼすかも知れない核兵器をもって睨み合ったり、何とエゴの肥大化した命でしょう。

人間は自然のありのままを離れ、なにか社会全体になんらかのカルト的発想を植え付けられ 汚れていっていると思います。

それが、なんなのかは、研究が待たれますが、少なくとも自分も人のことをいえる立場にありません。なにかすごくおかしいところがあります。

これが、地球で唯一の知的生命体の現状です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中