何も感じない人が勝つ

心が読めるようになりたいという人は多いと思います。

心が読めるのは第6感が必要ですが それは、難しい仕組みではなくて、五感というのは感覚器官を通して感じるのですが、第6感は 心が直接感じるものです。五感とあまり関係なしに、心が直接感じます。

心が素直で、外部から思いが入ってこれる心であれば、心が読めます。

自分が読めるのはほんのわずかですが、言葉の言い回しやしぐさは読めるつもりです。心の内の方にある思いはバリアが包んでいるので外部から読むのは難しいのです。

心が読める、そうすると結構困ったことになります。ちょっとしたことで気分が悪くなるのです。とくに人間関係です。

学校のちんぴらが相当強い念力で「死ね」「殺してえ」とかいいながら、問い詰めると本気で殺したいわけではないだと?いや念力なんて証明が出来ないから、こういうのはお前は冗談を本気にしたと先生に言われてしまうのです。

こっちとしては悔しくてしょうがないです。声だって大きくて舐めたような口調の場合でも残念ながら冗談だと言われます。親御さんはそれが現代だと思ってください。

最近も先生が苛めをかばう子供への暴行を止められなかったとか、その先生自体が苛めだと気付かなかったとかいう事件があります。

いじめかばう女児を殴る蹴るの暴行、担任の目前で続くも制止できず 三河の公立小 (痛いニュース)

このように 現代は人の心を読める人が少なく、読めない人がおもいっきりわがまま放題して勝つ時代です。このように人の気持ちを適当に読まないでつっ走ったほうが楽に生きられるという、おかしいことになります。

そういう社会では良心のかけらもないサイコパスこそが支配できるのです。陰謀論で指摘される恐ろしい展開が繰り広げられます。これは仏陀も指摘していたことで、中村元のスッパニパータにも一言書いてあるはずです。

心の読める人が全員サイコパスを無視することで状況は直ると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中