悪霊退散はもう古い

悪霊は取り付かれると結構心が狂います。かなり厳しいいじめが待っています。喧嘩とかしてもまず勝てません。

悪霊と言えば、神社やお寺などにお祓いしてもらうのが今までの王道でした。

かなり厳しいお祓いを受けると、心がとってもすっきりするそうですが、しかし、心のあり方が変わらないと、また取り付かれます。

だから、どこかのあやしいお祓いはこうして商売が成り立つ分けです。

ですが、悪霊が取り付いているのは、こちらにも執着が存在するから、です。

こっちも悪霊が気になってしょうがないから、悪霊が来れます。

なので、悪霊を無理やり追い出すことは止めて、悪霊をこっちが「手放す」のが効率的と思われます。

手放すというのはスピリチュアリズムで言われる “release” などといわれる方法で、それを悪霊に適用したわけです。

悪霊に出ていってもらうより「一人になりたい」「悪霊を手放したい」そう思う。

呪いもとくというより「手放す」方法が使えるかも。色々なものを手放せます。

悪霊は力ずくで退散させるのは極めて危険ですから、手放すという方法をまずは一度でいいから実践してみて。

広告

悪霊退散はもう古い」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中