「いやいやえん」を徹底的に批判する

「いやいやえん」という、50年ほど前に書かれて、今でも売れている童話があります。

私は最初と最後だけ覚えています。

保育園で好き放題していた子が、最後にはルールの全くない「いやいやえん」に連れて来られ、

だれも助ける人すらいない放ったらかしの、喧嘩ばかりの正しく地獄絵図が展開されます。

このサイトをよく見ている人は、筆者がいやいやえんの主人公に似ていることをわかっておられるでしょう。

ええ。最初から最後まで普通の正義に準じた世界ですが、なにかが違う、おかしいと思うのです。

子供が全て悪いというのが間違っています。子供は著しく原始的な存在であり、周囲の影響をよく受けます。

誰もが生まれた時は純粋な赤ん坊なのに、こうもひん曲がる奴が発生するのか?

それはなんかの拍子に暴れると周囲から遠ざけられ、周りの距離がだんだん遠くなり、最後には孤立無援になってしまう。

常に正しくあれ、そうでないと愛は与えない、そのようにすれば子供は自動的にいい子になるという哲学を持った保育園で起こりやすい。

この種の環境では愛を与えた分だけ与えられるので差し引き愛のやりとりはありません。しかも、暴れる、叱るの悪のサイクルは増大し、暴発します。

そういった環境にかぎって、反省をまともにするチャンスはありません

叱りや体罰という脅迫によってだけ、子供を変えようとするのです。カウンセリングがないとまともな解決はできません。

脅迫に従うとは限りません。むしろ、保育園の独裁政治、ロボット化を警戒することになります。保母の好きな性格、態度、状態、ふるまいだけ、認められると認識するのです。

自分だけ孤独はええとてもつらいものです。みんなが愛をわけあって元気になっているのに、自分はそうではない。

近づこうとしても、周りは信用することがないので、絶対に孤独を破ることはできません。いつまでも、叱られるだけです。

自分は、悪い人間だというのに目覚めます。そうなったら自我の目覚めも年齢に関係なく直ちに起こります。自分は、あってはならない存在だと認識します。

そうしたらやることは一つです。世界を破壊し、自分を中心とする新世界秩序を作ることなのです。ええ本当に陰謀論の悪魔みたいになります。

パニックになっているので、まともな理性が働きません。もはや絶望し、どこの場所に行っても、暴れ、嫌われるようになります。

そしてもしいやいやえんがあったらそこでまさしく悪魔の所業をやることになるでしょう。鼻血どころではないし、なにか道具を使うかもしれません。

そこでも無理であれば、絶対にあってはならないレベルの絶望をします。こうなるとノーガード戦法しかとれません。徹底的にいじめられ、搾取される人間に育ちます。表向きそう見えない場合でも、気が狂っているのはわかるし、オカルトですみませんが実際に大悪魔にやられてきます。

だから、このような本は子供の憎悪を増大させるだけです。

いやいやえんという本はいかにも独裁権力を思わせる本です。

広告

世界平和を実現させるアファメーション

今回は、スピリチュアリズムのやり方を使った、おまじないを教えます。

まず、なんだかんだ言って他人のことは他人がするべきです。そうでなしに無理やり他人を助けるより、自分に降りかかっている念を打ち返すべきです.

2つ、世界の平和が実現されないのは「いじめ」のせいです。よく考えて。最後には罪なき武力なき善良な弱者がやられています。だから戦争とか政治闘争というより、いじめです,

3つ、波長同通の法則。似たような想いは引き合いますので、違う念を出す,

4つ、呪いの念力は効かない場合は発生源にもどりそこを呪います。

以上のスピリチュアリズムの奥義により、この方法が導き出されます。

あらゆる発生源による状況を変えることで自分をいじめようとする念力と関係ない想念で自分を埋める。関係なければどんな想念でもいい。

いじめに少しでも関わることを思い浮かべるのをやめましょう。

短くは、あらゆる私をいじめる念力と違う想念で自分を埋める。

更に短くは、あらゆるいじめの念と共鳴するのをやめる!

また、完璧にやろうとすると、心が混乱するので、だいたいの精度で構いません。

不幸になりたい性格は自己敗北性パーソナリティ障害

不幸になりたい、負けたい、苦しみたい、そのような性格をなんとかしたいと思ったことはありませんか?

また、チャーリーブラウンのように、なぜか不幸になる、また不幸を選択していませんか?

自己敗北性パーソナリティ障害 – Wikipedia

この障害はフェミニストが女性への虐待への偏見だと文句を言ったので、正式な分類になっていなく、研究が進んでいませんが、そう言うのに関係なく発生することも大いにありえます。

この手の指摘は不満を持たれる人多いと思いますが、いじめ全般についてどう思われますか。どうもいじめるほうがお前のせいだを叫ぶ、それはこの障害をかぎつけていることがあります。人の心を全く読めないなんて本人が言ってもあり得ないのです。

まさしく自ら不幸へ落ちてゆくとんでもない病気です。

発生メカニズムとしては、少なくとも善悪の価値観が反転し犯罪をおかすのではなく内向きの力になるか、もしくは幸せになる手段が全部断たれてすねている、

この二つを素人の私は考えますが、

一番大事なのは症例の記述その物です。

A. 成人期早期までに始まり、種々の状況で示される全般的な自己敗北型の行動パターン。患者は、しばしば楽しい体験を避けたり途中でやめたりし、自分が苦しむような立場や人間関係にひきこまれ、他者が自分を助けられないようにするが、それは以下のうち、少なくとも5つによって示される。

もっとよい選択が明らかにある時でさえ、失望、失敗、または冷遇を味わう人物や状況を選ぶ
他者が自分を助けようとするのを拒絶、または効果がないようにする
自分個人に良いできごと(例、新しい成功)の後、抑うつ、罪責感、または苦痛を生じるような行動(例、事故)で反応する

他者に、怒り、または拒絶的反応を起こさせて、傷つき、打ち負かされ、辱められたと感じる(例、人前で配偶者をからかい、怒って言い返された後、がっくりする)

楽しみの機会を拒絶し、または楽しいという表現をすることが好きでない(十分な社会的技能も、楽しむ余裕も、あるにもかかわらず)

自分個人の対象としての重要な仕事が、その能力がはっきり示されているにもかかわらず、完成できない(例、仲間の学生に論文を書く手助けをするが、自分のものは書けない)

いつも自分によくしてくれる人達に興味がないか拒絶する(例、異性の相手の世話が好きでない)
期待される見返りのためではなく、過度の自己犠牲に没頭する

B. Aの行動は、身体的、性的、または精神的に虐待されたことに反応して、またはそうなることを予期した場合のみに起こるものではない。

C. Aの行動は患者が抑うつ的である時のみに起こるものではない。

— アメリカ精神医学会、DSM-III-R 精神障害の診断・統計マニュアル[2]

とにかくこの記述その物を見たら自分のやっていることの正体が分かり、解決できます。

Yahoo知恵袋ではキリスト教信者に多いがそれはなぜかという質問が出ています。自己敗北性人格障害という、特定不能の人格障害者の家庭環境が

また、サッカー男子日本代表が非常に惜しい負け方をするのは(例えば、ブラジルにでも何度もゴール前へ攻めるが、シュートがアホ)、これと関係があるのでしょうか?

この障害はとてつもなく堕落する危ない病気なのに、詳しい解決法が書いてある本は見たことがない。「幸福になれない症候群」という本があるが、著者はあの大川隆法だよとだけいっておきます。

じつは不幸を単に目指しているようでいて何か苦しみを回避する仕組みが働いている可能性もあります。

不幸を目指すつもりがないが上記の行動をしてしまうこともあるでしょう。

あまり快楽が強いと落ちたときの痛みも激しいし、幸せになる手段が一度全部絶たれると不幸の範囲しか選べなくなる。

また不幸から逃れると別の不幸にあう。マーフィーをよく読んで納得していませんか?

つまり、人生山をつぶせば谷もない、急に大きな幸運が手に入るとぶっ壊すのです。ところがぶっ壊したところでかわりになりうる物もない、不運だけが蓄積してしまうのです。

戦略が間違っているのならかえるしかありません。

なぜか自分に「こういうことをやりたいんだったら本心なので止められる手段はない」「だったら本気で不幸になろうか」と問うと本心がびくびくし始め躊躇しようか迷います。

なおいわゆる陰謀論に染まっている人もいると思われます。人類への搾取は人類、いや自分が止めるも読んでみてください。

現代社会がつまらないと感じるのは正しい

どういうことか?

働いた分だけ、お金や、それを使った楽しみ、職場の人間関係、色々潤ってくるようではある。

しかし、働いて苦労した分だけお金を稼ぎ、それを使って生きて、楽しむのだから、

精神エネルギー(特に愛)は差し引きゼロになる!

大概の人は好きな仕事に就いてないし、面白い仕事なんて少ない。苦しんだ分だけ楽しむのだから、差し引きゼロになる。

差し引き 疲れたまま寝ているのと同じ感覚を得る。何だかつまらない。

また、お金のシステムがいかに有利かについて、2人だけの世界を仮定し、お金を使って買うだけ双方にお金がたまり、富が増えるという説明がされますが、

現実は相手の労働力の限界は複雑すぎて分からず、お金がたまる分だけ、相当大きな支払いもできるし、対価として莫大な労働を強いられる。

じつに金融の世界では現実経済の10倍のお金が取引されています。働く人数は同じでもお金だけ異常に増え続ける事態があるのです。人間は仕事におわれ、買いまくるのです。

普通に生きていては幸せになれません。こんな状況では幸せを得るのに裏技が必要です。