資本主義をオープンソースが補完する

資本主義はええ、他の主義よりはいいのかもしれません。

しかし、それでどこまでも発展できるのかが問題です。

みんな、あらゆる世の中の問題を解決するために仕事を持ち、生きているのですが、

なんと、問題がなくなると仕事がなくなってしまうのです。

このことが、インターネットの陰謀論サイトなどで教えられていることです。

最高の医療を提供すると、病気の人がいなくなって、医者の仕事がなくなってしまうのだ、といわれているのです。これが治せる医者は儲からないということなのだそうです。

最高に頑丈な車を作ると、ええそれは実際ランドクルーザーがそうですが、普通の車で頑丈なものができると、それ以上車が売れなくなる。

いきなり車の燃費が改善すると、石油が売れなくなるので、燃費改善のテクノロジーが封じられているともいいます。

オーディオもそうかもしれません。いまのオーディオはへんてこな商品がたくさんあり、お金をすごく浪費するものですが、最高のオーディオができたら買い換えないと思われます。

ちなみに女のオーディオマニアは皆無です。直接コンサートにいきます。これは非常に不思議なことで、オーディオは本当は価値があるのか疑問になります。

また、永久機関詐欺があるのも、貨幣経済では購入金より多くの利益を生んでは問題があるのを使っています。

原理的に激安で、高度なことのできるテクノロジーも、受け入れられないでしょう。結果ケチにケチったすぐ壊れるものばかりです。

Windowsもそうかもしれません。よく問題が発生します。最高に素晴らしいといわれるBeOSが広まらず、Macは高いです。Solarisは私の調べではわざとパフォーマンスを低くしている。Linuxは一旦動けば壊れにくいです。

このように資本主義では最高レベルの商品が出現するのかというと疑問です。疑似科学やオカルトのレッテルを張られ、全く広まらないものの中に本物があったら?

最高レベルの商品はもはや真理の体現であり、真理は誰のものにもできない、とも考えられたら?

しかしそんなものが結局人間を大きく進化させ、他のビジネスを円滑にするものだとしたら?

そして、最高レベルのものはこんな世の中でどう広めたらいいのか? その一つの解が何とオープンソースです。

設計図を広めて自分でつくってもらうとか、仕組みを公開して自由に改造してもらうとか、それならひろまるのです。

それがLinuxとその上で動くソフトであり、Macと同じことが無料でスマートにできるはずです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中