自分がない

自分は保育園のころはさかんに自己主張して暴れました。

小学の3年ぐらいまではそうだったかな。

しかし、今本当の自分がなくなっていることに気がついた。

別の記事の悪霊退散法をやってみたら、自分が何をしたらいいのかわからないし、

ボーッとしている時間が多くなった。それでは、好きなことより、必要なことだけをやるようになる。

現代では人のために働くことをしいられます。勉強も自分のためではありません。労働力を作るためです。

自分のための時間は消費活動とか呼ばれ、蔑まれるのです。

そうして、勉強嫌だ、言いなりは嫌だと暴れた自分はついに洗脳され、逆に自分を消されたのです。

今までのお家の趣味などの時間はどうも自分に付いている霊の趣味だったらしく、自分だけから出た要求をやっていないようです。

さて、これからどのように暮らそうか、見当がつきません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中