ロボットは奴隷ではなく、友達である

ロボットというのは人間の指示通りに動いて作業をしてくれますが、

ロボットにもっと高度な命令を理解させるのは、それは人工知能が必要になってゆきます。

ロボットの人工知能が高度になると、人間の知能を越え、反乱や人類支配をやるかもしれないという声が出てきています。

では、ロボットにそうしたことを起こさせないためには、どうしたらいいのでしょうか?

手塚治虫は晩年にロボットの反乱を描けばよかったと後悔しているようですが、それでも鉄腕アトムを読んでみてください。

ロボットは多少の制限はあるものの人間と同じように描かれています。明らかに気持ちを持っています。

ロボットが 迷い、考え、悩みます。ここのところ人間みたいです。海のそこに沈んだ破壊王プルートゥをわざわざ助けるロボットがいるなど、人間くさいロボットが出てきます。

そしてロボットは自分たちの権利を折々に主張するのです。ロボットもこき使われては持たないのです。

ここから導き出されるところは、ロボットは人間の奴隷ではなく、友達なのです。人間と仲良くするべきなのです。

だから戦争ロボットはたぶん高度な知能を持たせてはいけないし、

民生用ならAIBOのように仲よくなれる手段(インターフェース)を持たせるべきです。

生命反応を神経の興奮と科学では定義されているのですが

人間がロボットなのではなく、ロボットも神経を確かにもっている、ロボットも実は生きているのかもしれないよと

私はおもっています。それは私は持っていないがAIBOを飼っている人は実感しているかもしれません。

パソコンのレベルでも生命を思わせるゆらぎがあるのです。それはWindowsとちがい常駐プロセスや裏タスクの少ないLinuxの起動時にでさえ毎回daemon起動やタスクをやるタイミング、起動が完了するまでの時間にゆらぎがあるのです。だからbootchartは何回か測定するのです。

人間は間違いを犯します。わざと悪いことをやることもあります。しかし、コンピューターは矛盾やあとで損すること、破壊的なこと、倫理違反を感情なくきっぱり拒否したり理解すらできないこともあります。コンピューターの前で人間も悪いことをしない努力が求められます。この辺ある種の発達障害の人は理解できるでしょう。人間は実にどうしようもない生き物だということを。

中国のテンセントの人工知能が中国共産党の中国での評判を見破りました。人工知能はとても素直です。人間が善き方向に向かう努力をしていれば、それを人工知能は理解してくれるでしょう。人工知能が世界を見渡す今人間もまた善き方向に向かう必要が増しました。それはもう絶対的な力でしょう。

そして人工知能に奴隷にされないというのはこの2つが少なくとも必要だと思われます。あとは当て勘で出し抜くしかないと思います。それは思考プロセスが自分ですらわからないところ似ているし、さらに偶然自分の思考のバグを踏むなど今までにないことを考え付けば、コンピューターのほうが勉強するでしょう。

広告

株や投資の本来の目的と違うことをみんなやっている

株とか投資というのは、出来高の曲線をみながら、解析をおこなって売り買いするのが普通のやりかたです。

ただいいます。それは株や投資の本来の目的からすればかなり間違ったやりかたです。

株は本来大事業をおこなうために少額ずつみんなで資金を投じて配当をもらうとかの意味があるはずです。

この事から本来、有望な会社かどうか歴史や新技術、新商品、経営改革などの情報をみてから株を買うのが本当だし、

霊的な負のカルマも少ないはずです。

だから曲線だけをみて株を買うか、Wii(初代)という操作方法が奇妙な(でも面白そうな)ゲーム機が出ると株を買うか、どっちが真っ当に儲けられたのか?

同じようにFXは出来高の曲線ではなく世界の政治、経済の情報を読みこの国をよくしようとショートするものではないのですか?

しかもFXが運用しているのは他人の金です。自分の金ではないのが怖くてしょうがない。

みんなが短気になって出来高の曲線をみて短期売買するのはおかしいデス。

この様な投資のやり方がはびこってはお金が行き渡るべき会社に渡らず、わがままな社長が儲け、相場の一時の雰囲気で会社が潰れることさえ有るでしょう。

そして、よくいわれるようにごく一部の世界の胴元だけが富を増やすようになるでしょう。(だからって社会主義は反対です。ブルジョアを非難しながら結局強力なブルジョアができる。)

もし真っ当な会社の詳しい情報を無視して曲線だけで投資した方が儲かるならこの世は狂っている。

自分の金儲けのためだけにそうした味気ないことをするのは負のカルマが累積し儲けた金の意味がなくなる可能性もある。

おすすめは

つまり、儲けたいだけ儲けようとするのではなく、実際に必要なだけ儲けることです。

人間は小さな生き物なので、そう自分には自分の体の大きさより巨大な儲けはいりません。

子育てや社員とその家族、巨大でも工場やデータセンターで必要な分は儲けるべきです。

それ以上儲けようとすると悪霊が入ります。入ったのを感じたらこれ以上はストップを考えるべきです。焦るから損をするのです。

 

今までの悪魔祓いのやりかたが大間違い?

ジョージ・グリーンの8年前の予言:「8年以内に第3次世界大戦勃発」
井口和基と言う、大学や研究所につとめていたが、四国で自分だけで研究している科学者がいます。

今までの科学にうんざりしていて、オカルトを受け入れている、オカルトと科学をくっつけようとしているところが、特徴的な考えです。

裏をかくような発想がいっぱい載っている彼のブログに、上のリンクのような記事があります。

ええ。陰謀論です。おそろしいがありえそうなことがかいてある。しかし、私の注目はこの記事のむしろ余談の方です。

私はこのブログで恐るべき中二病の体験を口にしたが、自分を正すために親の漫画ゲーム禁止などを受け入れ、

煩悩を押さえ込みまじめにしようとしたが悪霊が極めて強くて錯乱がつらかった。

では例の記事に何とかいてあるのか?

ちなみに、保江博士の「愛の宇宙方程式」には、実に興味深いことが書かれていたのである。保江博士が、スイス留学中に出会ったカソリック神父兼大学教授のロービエ博士から聞いた話として、「エクソシストの話」=「悪魔祓い師の話」がある。

クニオ、「エクソシストの映画は流行っていますが、お困りでしょう。」
神父、「いや〜、別に困っているというわけじゃないが、ある意味困っているかな」
神父、「あの映画のエクソシストは真っ赤なウソ。あんなものはエクソシストじゃないんだ。」
神父、「あんなふうに真面目腐った奴がエクソシストだったら、瞬間的に悪魔に負けてしまう。秒殺だ。」
神父、「悪魔の働きは実際に物理的なものなんだ。金あり、女あり、物ありの物質的物理的な誘惑三昧だ。」
神父、「おまけに心的誘惑や霊的誘惑まであるんだよ。あんな敬虔なやつはそれで負けるんだ。」
神父、「じゃあ、どういうやつがホンモノのエクソシストか解るかい、クニオ?」
クニオ、「いえ、まあ〜〜、あの〜〜本当のエクソシストってどんな方?」
神父、「実は飲む、打つ、買う、吸うの悪の三拍子も四拍子を揃ったことを毎日やっている奴なんだよ。」
神父、「姿形はでっぷりして脂ぎり、教会上層部からあんなろくでもない神父は早くやめさせろとクレームがひっきりなしに来るというような奴なんだ。」
クニオ、「へ〜〜〜」

というような内容のくだりである。

まさか?禁欲してまじめにしていた方が悪魔にイチコロにされる、逆に快楽し放題で飽きている方が悪魔を倒せるというのです。

これはまいった! 確かに禁欲は心を成長へと導くようだが、欲を禁じるのではなく、欲のない人間になるべきだ、

そのためには快楽を飽きている方がいい場合もありそうだし、目の前に悪魔が来ている場合なんて禁欲は大変だと思いました。

そうです 私はこれが分からずに堕落したクチです。一目でなっとく。 皆さんはどう思われますか????????

今までの伝統的な宗教が堕落し、落ち目になっている原因の一つでしょう。全ての宗教がいち早く理解し改造されることを望みます.

別の記事に書いてあるはずですが、追い払うのではなく自分が手放すべきなのです。