今までの悪魔祓いのやりかたが大間違い?

ジョージ・グリーンの8年前の予言:「8年以内に第3次世界大戦勃発」
井口和基と言う、大学や研究所につとめていたが、四国で自分だけで研究している科学者がいます。

今までの科学にうんざりしていて、オカルトを受け入れている、オカルトと科学をくっつけようとしているところが、特徴的な考えです。

裏をかくような発想がいっぱい載っている彼のブログに、上のリンクのような記事があります。

ええ。陰謀論です。おそろしいがありえそうなことがかいてある。しかし、私の注目はこの記事のむしろ余談の方です。

私はこのブログで恐るべき中二病の体験を口にしたが、自分を正すために親の漫画ゲーム禁止などを受け入れ、

煩悩を押さえ込みまじめにしようとしたが悪霊が極めて強くて錯乱がつらかった。

では例の記事に何とかいてあるのか?

ちなみに、保江博士の「愛の宇宙方程式」には、実に興味深いことが書かれていたのである。保江博士が、スイス留学中に出会ったカソリック神父兼大学教授のロービエ博士から聞いた話として、「エクソシストの話」=「悪魔祓い師の話」がある。

クニオ、「エクソシストの映画は流行っていますが、お困りでしょう。」
神父、「いや〜、別に困っているというわけじゃないが、ある意味困っているかな」
神父、「あの映画のエクソシストは真っ赤なウソ。あんなものはエクソシストじゃないんだ。」
神父、「あんなふうに真面目腐った奴がエクソシストだったら、瞬間的に悪魔に負けてしまう。秒殺だ。」
神父、「悪魔の働きは実際に物理的なものなんだ。金あり、女あり、物ありの物質的物理的な誘惑三昧だ。」
神父、「おまけに心的誘惑や霊的誘惑まであるんだよ。あんな敬虔なやつはそれで負けるんだ。」
神父、「じゃあ、どういうやつがホンモノのエクソシストか解るかい、クニオ?」
クニオ、「いえ、まあ〜〜、あの〜〜本当のエクソシストってどんな方?」
神父、「実は飲む、打つ、買う、吸うの悪の三拍子も四拍子を揃ったことを毎日やっている奴なんだよ。」
神父、「姿形はでっぷりして脂ぎり、教会上層部からあんなろくでもない神父は早くやめさせろとクレームがひっきりなしに来るというような奴なんだ。」
クニオ、「へ〜〜〜」

というような内容のくだりである。

まさか?禁欲してまじめにしていた方が悪魔にイチコロにされる、逆に快楽し放題で飽きている方が悪魔を倒せるというのです。

これはまいった! 確かに禁欲は心を成長へと導くようだが、欲を禁じるのではなく、欲のない人間になるべきだ、

そのためには快楽を飽きている方がいい場合もありそうだし、目の前に悪魔が来ている場合なんて禁欲は大変だと思いました。

そうです 私はこれが分からずに堕落したクチです。一目でなっとく。 皆さんはどう思われますか????????

今までの伝統的な宗教が堕落し、落ち目になっている原因の一つでしょう。全ての宗教がいち早く理解し改造されることを望みます.

別の記事に書いてあるはずですが、追い払うのではなく自分が手放すべきなのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中