現代芸術や現代音楽はなぜめちゃくちゃカオスなのか

仲睦まじい夫婦は皆似ているが、ケンカする夫婦はそれぞれ違うという格言を見たことがあります。

美しい芸術は黄金パターンがすでに分かっていて、新しいものを作る余地がない。

伝統芸能、伝統音楽がそうです。ただ歌舞伎だけはスーパー歌舞伎の方が理解しやすいという長所があるといわれています。

だったら、おかしい芸術なら、いくらでも違うものを作れるので、そうなってしまうのでしょう。

見るに耐えない退廃的な現代芸術こそ実にいろいろで予想つかないものが生まれてきています。

聞くに耐えないエレクトロニカや最新POPはいろいろなものがある。

ここだけの話ですが、レディガガのファッションなどいくら何でもおかしいと思いませんでしたか?

あいつは芸能界にすくう悪魔への親しみが表に出た姿だという噂がある。ああなるほど陰謀論ね‥‥

また、現代オーケストラはなにか今までの美しい音楽とはまったく別の音楽の法則を探している気がするが、変なのしかできないみたいです。

しかしこのような芸術がマスコミにまで出てくるのは何が起こっているのでしょうか?

どうも、症もないものを高値で売りつけることをやりたいやつらがいるのではないかなと思います。

20世紀の初めごろから現代何とかが始まっていますが、どれもむちゃくちゃで理解しづらい。いったい何がしたいのでしょうか。

新しい綺麗な芸術のために新しい黄金律を探すにはどうする? それが今から本当にやるべきことです。

さいわいこのブログでおすすめのThom Brennanがいます。聞けば分かる「ビートレス」、散発的で非同期で音が出てくるのだが癒やされる。こんな音楽の作り方があるのね。

今までわかっている美しい音楽の作り方を突き詰めて、99%を99.99%にすると、感動は10倍100倍になると思います。それもやるべきだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中