プラレールで大きなレイアウトを作り、5列車走らせる

今日は難しい話はぬきにしましょう。

しかもプラレールの話です。私は中学まではプラレールをやっていました。

それで、大きなレイアウトを作り、なんとか5列車同時に走らせました。

そのノウハウを教えます。

ドデカい製品は最初に買ってはいけない

私の小さいころ、母さんの知り合いの家で、そこの子供が、ドデカいトーマスと一周しかできないレールでつまんなさそうにプラレールをしていました。

過去にはビッグ300系のぞみや、400系整備工場、ビッグステーションなどがありました。どれも単品ではどうしょうもない。

こどもはドデカいものにひかれるが、まずは同時に発売されている、専用のレールセットとストップレールがおすすめです。

これで一気に購入すれば、一年は飽きないでしょう!

ドデカいセットも、凝った飾り、例えば発車ベルのなる駅や電機踏み切り、車両に関係ないのも後回しにしましょう。すぐに飽きます。プラレールは絶対にまずはレールと車両からです。いくらでも拡張できます。

安全運転を心がけよう

こどもは破壊的な行動が大好きで、車両に無理をかけるのも大好きです。正面衝突させたりしますが、

故障しやすくもなるし、破壊に目覚めると悪い子になるので、注意しましょう。

レールも無理につなぐとこれまた買い替えの必要が出ます。

また細い部品は足で踏むと折れます。代表的なのがあのストップレールのレバーです。

また、電池がもったいない。単3のeneloopを無理やりいれます。するとアクシデントでずり落ちて止まる。しかし坂道ではきつくなります。

部屋にレールを敷き詰める

部屋中にレールを敷き詰め、首都圏アーバンネットワークみたいにしたい! これは続けていれば夢ではなくなります。

まず抑えておきたいのは、どのレールから右、左にいっても戻ってこれるようにするという原則を覚えることです。グルグル回るのです。輪っかにするのです。電気回路もそうです。

3歳でこれは実は難しいことなので、車両が床に飛び出して壁にどん。でも自力でポイントのつかいかたまではつかめます、我慢して様子を見ましょう。

レールにはいろいろなものがあり、4分の1レールもトリックスターです。それぞれの大きさとレールの間隔をつかんでおきます。

例えばポイントは曲線と直線を重ねたようなものです。複線の幅は2分の1直線レールにあいます。Y字のポイントは分岐先が凸と凹があります。複線曲線レールは複線以外でも使えます。まがレールはどうしてもつなげられないところで絶大な効果があるはずです。

レールを買い揃える種類も肝心で、直線が多すぎてはいけません。曲線も直線と同じぐらい用意してください。複線は後述する同時運転に少なくとも一周分必要です。ポイントや変わったレールは足りなくなったら買おう。

坂レールと橋を買って立体交差、いいアイデアです。鉄橋は真ん中の部品をなくさないように。これになれるのも時間がかかるでしょう。坂曲線ならスペースを節約できます。

複線レールもいいですね。これで山手線を構築すると、かなり自由になるし、後述する5列車運転が可能になります。

さらにドデカいやつは自由がきかないので、これもつかって如何にというのは非常に頭をつかいます。しかもそれが2つも3つもと来るとねえ。

これ以上のことは言葉にできません。ノウハウが一杯あります。

5列車同時に走らせる山手線計画

それは、複線レイアウトの、外回りと内回りに平行分岐による早い列車と遅い列車を交換する駅をつくり、さらに支線を用意してできます。

支線にはD51やディーゼル、じょせつしゃなどの遅い列車を一つ走らせます。

残りの4列車で結構忙しいことになります。アクシデントで全部止めるのも苦労だし、

そうでなくてもどうしても遅い列車が現れるので、それを平行分岐にいかせてストップし、直ちに分岐を戻し、早いのがぬかします。

意外なことに特急が遅いことがあるので注意。電池が満タンでも。実物でも特急の151系と通勤型101系はモーターが同じなんだ。一番速いのはHi-Loがあるもの。

退屈してきたら

てころがしや一両だけ、逆走もありますがそれでも飽きたならもう一切執着せずに片付けるのが王道です。そうしないと寝れませんし。

片付けはこれまた頭をつかいます。ヘタしたら箱に収まらないもんね。なので疲れ切らないうちにかたづけます。

さあ プラレールで無限に遊ぼう!

もし飽きたら、次の子供のためにホビーオフに出すことができる。高値を目指すには、レールの落書きをとって洗うことです。あまり見ない列車を買ったなと思ったらレアアイテムかも。ホビーオフで高くうれるかもよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中