学校の授業がつまらないわけ

学問を進めるうえで一番原動力になるのは、トリビアを知ることに似た、知的好奇心なのはいうまでもありません。

私が勉強していくうえで、唯一うまく行きそうなことだったのが、予習です。

予習だと素直に覚えられます。予習だと楽しいです。しかし成績の悪い私はいつも復習からはいれと言われてやめますが、

そこが罠だったのです。

私は自力で教科書を解釈できた。しかし先生の一から教え込んで行く説明を頭に全部詰め込むことが出来ずに、勉強が出来ません。

先生の言葉を素直に聞くには馬鹿になる必要がある。先生に同期して理解する必要がある。先に何も考えては行けないのです。くやしい。

先生に教えられたことをうまく思い出せないので、脳内が荒れて復習が進みません。

先生や親に怒られないために勉強する、これも学問のおもしろさから遠ざけます。このことが私が現に必要になっても数学をやらない理由だろうと思います。反骨です。

正論をいって、完璧に反論が出来ないようにしますが、それで子供はストレスをうちに抱え込みます。正論は恐ろしいのです。

先生が間違っていると、子供たちは不安定になります。大人が間違っていると大変なことになります。

また日本の先生は消極的な悪を持っていて、人間関係のこじれを無視するのです。大問題になる前に介入するべきです。

ルールが厳格であるほどこうした抜け穴はひどくなります。

それと、行き過ぎた競争原理もおかしいです。成績一番やエリートになるために勉強すると、学問のおもしろさは全部ふっ飛び、

いき抜くために必要な単なる「データ」になってしまうのです。学問のおもしろさを全く忘れた青年たちは、

目標を失いバーンアウトしたり、金や生活のために生きる中身のない人間になったり、

コンプレックスの多さをトリビアより更に更に深いはずの学問の知識で埋めることがないため、とんでもないことをやらかします。

現代の教育もおかしいです。本当に。

#このことは「真実を語る」というカルトアンチブログにちょっと書いてあって気付きました。

霊格を検定や出世で測る、それを悟りだとする、えげつない競争がある。全く同じ病理があるのね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中