学力だけ重視する現代教育のおかしさ

テレビ東京でさっき、ロケット工場の番組やっていたんです。

揚力計算ができるぐらいの飛行機マニアの少年がその志のまま飛行機製造メーカーに入って

周りのみんなが成績だけを追い求め意見が合わなくて悩んでやめたと。で北海道の地元で親の工場をついで

めぐりめぐって大学とロケット開発という不可思議な番組でした。

「どーせむり」を植えつけられて、痛い思いをしたけれど克服したらしいです。

 

夢を追い求める、その志を現代教育は大事にしているのでしょうか?

私は電子工作キットを作るのが好きでしたが、キットを作りまくっていらないものだらけはいや、

工業高校の電子科に入ったらまわりは悪がきか特に興味のまったくない人ばっかりで

いじめられるは友達でできないは授業が淡々と数学と電磁気で実験もマニュアルどおりでデータを取るのに集中して何をやったのかわからない。結論は教科書に書いてある。

わざわざ私のために、今までクラスを25年持ったことない先生を当てました。私以外興味のある人がまったくいないミステリーについて、こんな学校ガキだらけだからと逆選別したかも知れまいと思っている。

本当に精神が崩れましたね。すでに保育園でやられていた私はなんど偉大な存在をつぶしたくなったか。

そうなんです。すくなくとも教育界の大人は子供に夢なんて追い求めていないはずです。

子供には自分自身のための時間なんてまったく要らないのです。勉強と習い事とゲーム漬けにします。

本当は子供が嫌がるのは自分の時間がなくなることです。これは自然界で敏感に生きている動物も同じで、重要なことです。大人は飼いならされています。

夢を実現させることは支配層にとって余計なことなんです。そんなので社会をひっくり返されたら困るんです。

日本の教育は工業なのです。飛びぬけた人が選別されてしまうのです。だから人材が海外に流出します。

大会社の社長もたぶん社員の夢を実現なんて余計な!と思っているのでしょうが、たぶんそうやって日本の家電メーカーが没落しているのです。

だから、成績がよくてなんでも仕事なら引き受けてくれそうな大学生を採るのです。

「どーせむり」とは子供をコントロールするための言葉なのです。勉強をたくさん覚えても実社会で半分もその知識使いませんよね。勉強とは意味のないことまでよく覚え、工場で働くためのマインドをつけるものです。

そして今はそう、機械の企画開発まで特別な志のない生産と同じようなものなんだとわかりました。日本が没落するまでわからないひとにはわからない。

スラドのコメント欄に出ていた話ですが大学院の特訓で自分でCPUこしらえて効率的にUNIXを動かせるなんて人は要らないんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中