プラレールの列車が弱い、遅いのを修理

また息抜きに、プラレールの記事を書きます。

小さいころ色々な家でプラレールのEF66が力が出ないとか、うるさくて遅いとか、

実物は結構強いのにしょうもないことに出くわしました。

動態保存の私のEF66もついにそういう症状が出ました。

そこから分かるのは、プラレールの動力車両は完璧でなくて、ごまかしているということです。

そして、それらを解決する方法を教えます。

なお、単2電池で動く動力車を治す記事です。最近は単3で動くなどいろいろなものがあるらしいのですが?

プラレールのEF66がなぜ力が出ないのか

私の場合、傘歯車のシャフトの細いギアが割れているからです。モーターのピニオンギアも注意。これで動力が伝わりません。

どちらも代替はミニ四駆の真鍮ピニオンギアについてくる紫の歯車です。

で、取り替える時、傘歯車も、この紫も、うまく次の歯車にかみ合う正しい位置につける必要があります。

それを間違えると、調整がややこしいのです。

さらにはスイッチOFFで歯車が外れるようになっているので、スイッチONの状態でかみ合うか調べないといけません。

なぜうるさくて遅い動力車両があるのか

先ほどのEF66の調整は難航します。傘歯車の位置がくるってしまいモーターのピニオンギアにかみ合うのが甘いため、

ギーッと音を出して車輪が止まってしまいます。

しかし、動力ユニットを力をいれてつまむと正常に動きます。

そういえば、買った時から動力ユニットのてっぺんに接着剤がついている車両があるはずです。

それはこの種の問題を解決するためのものです。

接着剤が外れたり何かの拍子にうるさくて遅くなるか、走れなくなる。もちろんどこか寸法が狂っているからです。

解決には手先の器用さが必要です。

まず、動力ユニットを組み立て、進行方向から左に出ている傘歯車のシャフトを細いやすりなどでおさえ傘歯車をドライバーで進行方向から右の隙間からモーターの軸に押し付けます。

歯車は異常にかたくなり電池で車両は動きません。そこを進行方向左の隙間から傘歯車を強く、かつ1mm未満ほどだけドライバーでおして緩くするとちょうどいい具合になる。

それには1mm動いたらドライバーを抑える指が動力ユニットに当たるようにする必要があります。

これで、静かに力強く動くようになります。プラレールのEF66も本当は力強いことが分かるはずです。

プープーおとがして遅い

これはモーターの潤滑油が切れると起こります。それをモーターの軸に継ぎ足せばいいのです。

青か、白色のモーターヘッドにつければ大体大丈夫ですが、潤滑油については下をご覧ください。

安易に潤滑油を選ぶな

分解ついでに歯車の汚れをとり 油を差せばよく動くようになります。

しかし5-56や野球のグローブオイルなどは最初はよくてもいつの間に歯車にひびが入り車体が柔らかくなって割れたり、大変です。

プラスチックにつけるべきはタミヤのシリコングリス、模型用のシリコンスプレー、Nゲージの潤滑オイルでしょう。シリコンスプレーはストーブのある部屋ではつかえない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中