幸福の科学の精舎に潜入

[WARNING]会員から見ればおかしなことが書いてあるはずです。私と同じ感想を持つには、何も自分から決めつけず、決められた感想を用意せずにそのまま感じることが必要です。それでも光を感じるのが本物の宗教施設ではないでしょうか。

会内アンチなので親にスケジュール組まされた理由で某正心館に行くことに。

久しぶりに乗った新幹線が早いのなんの。かわいい0系はとっくに過去のもの、靴みたいなN700Aはあっという間に加速してカーブでも一切スピードを落とさない。たったこんだけのじかんで?日帰りでも行ける時間が長くなったね。一方の幸福の科学はエルカンターレ宣言の直前がピークだったね。

正心館の波動をスペクトラムアナライザのように測定解析してみます。今回、何も自分から決めつけないでやる。

建物の雰囲気がとてもよくて、すがすがしいです。そういう雰囲気を味わっているうちに時間が過ぎてゆく。過ぎてゆくと波動に慣れてゆく。

あれれ。 いつのまに波動を 感じないのだが。光も何も感じない。統合失調症で入ってくる霊もいない。変だな。ホテルならいつまでもホテルの落ち着いた波動するのにな。

そうだ 信じていた時も、なんかの拍子で精神を崩し、信仰とかなくなってなんとか対処しているときって、周りの波動がシーンとしていた。

波動がよかったいうのは建物のデザインによるもので、そこが素晴らしいが なれてゆくと これはなんでしょか。

トーメンの寮にも行くことができた。エアコンはあの時のままなのか、全開で運転しているが涼しくなくて、これはダスキンにエアコンクリーニングしてもらえば当時の威力になるねと思った。

あの部屋は303号室で、段ボールを30こか33こか35こ積んで身を隠したと。あれ陰謀論で出そうな数字だな。実は当時と家具の配置が違って、本尊があるところが机だったそうな。同時に来た人がベッドマットがちょっと汚れていたと思ったのにといった。取り替えてはいないそうな。

いろいろ話を聞いているうちに緊張して体が固まってきた。つらい。名刹でこんな気分にならなかった。それを見て担当の人が素晴らしい家族ですねと言っている。俺は体も心も参っているのだが。

精舎に戻る。エレベーターは三菱の超高速型。加速度を全く感じず、かつ階段でえっちら上るのを瞬時でいける。高層ビルでなしにこれは地下があるのではと一瞬思った。

宿泊部屋で時間を待つ。外の景色を見たり、部屋の高性能ヘッドホンでスマホの音楽を楽しんだ。あらゆる波動がないため、音楽の波動にどっぷりつかれるのである。やはりKRAFTWERKがいい。

祈願は請願者しか入れない。だれか親子で来たが子供が「母さんが頼んだ祈願だからいい」、母さんが「子供のためだから」と言い合いになって導師の指示で両方入った。子供さんは精舎に来るのが恥ずかしいみたいだ。韓国みたく結局は適当である。祈願室の前で待ち合わせするが波動がないためすごく退屈であった。

寝るときと早朝は気分がよかったが訳を言うとなにかがおこりそうなのでやめておく。

大礼拝堂で朝の祈りが始まった。巨大な神像。シーンとした部屋が波動で満たされる。これはなんだ。普通の寺院と違うといえば高尾山の薬王院の雰囲気に似ている。群馬にもそういう信仰がある。関西では鞍馬山(クマラ山)か。そっち系のもっともっと上流の神がやっている宗教ぽかった。

あなたは幸福の科学に入ったころ、精舎の雰囲気をどう感じたか覚えていますか。それで光を感じるならいいはずですが、慣れないうちはわからないというのはどんなものでしょうか。奈良や京都の名刹はみんな最初の一回目から波動がしますよ。

あなたは精舎で精神を崩したことがなかったでしょうか。そういう時に限って精舎って光が波動がまるでないように感じるものです。もしくは大会が開かれて嫉妬やあんな奴が勝つとはくやしいとか感じ、なぜかその念力がやたら増えなかったでしょうか。むしろそういうのが神にまで向いて、悩んでパニックになって疲れ切ったの心当たりあるでしょう。精舎でです。

あなたは精舎で祈願や研修を受けて何か変わったでしょうか。とくに変わりなく活動に打ち込んでたのではないでしょうか。選挙で裁判で負け続けて財閥ができず伝道は進まず映画はタダ券配って会員1100万人の証明ができないで お布施を差し出し疲れつつまだやっているのではないでしょうか。なんとなくあんな奴が仏かって一瞬思ったでしょう。

正心法語は効果がある、精舎で祈願や研修は効果がある、いろいろ言いますがただいうだけで納得させる理屈があるでしょうか。より効果的な善、より良い善があったらそっちに飛びつこうではないでしょうか。

ちなみに神社の方はというと、神道では神に畏れ(おそれと読む)を感じるのがいいとされているが、たしかにそういうのを感じるし、恐くもある。フラッと参拝するところではなく大層な心の準備をしないと入れるところではない。大きな神社ほどその力は強い。その神道系のジャーナリストや政治家が幸福実現党を味方につけているようだが、どうも腑に落ちない。これからを読むと使えるだけ使って刃向かったら捨てるだけである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中