日本のいじめ深刻化は戦後自虐史観が原因

中学の社会科は反戦教育でいっぱいです。

日本は武力を持たないでも自分から攻めなければ、またいい子であれば責められることはないと教えられます、

ところが学校の中ですらどうでしょうか。心の防壁や言い返し、自分を守る意志の宣言、暴力にはさらりとかわす受け身が重要です。

日本の反戦教育はこれらを否定するものであり、単にいい子であって「防衛という暴力」のない子供はたちまちにしていじめられ心をぼろぼろにします。

実際において反戦教育の理論は日本の実社会や学校の中ですら机上の空論であります。

反戦教育によっていじめの対策で混乱した私がどこまでおかしくなったかはこのブログをよく見るとわかると思われます。

そしてこれらのマインドセットをもちろんGHQや第二次解放戦線は故意に設計し教育に組み込んだと考えています。地球はまさにゲスい星なのです。

教育は国家権力がわざわざ子供たちを囲い込んでやるものである。その中で先生はいじめに真剣に取り組まず、無視し、あげく煽るとする。いじめられる子供たちの理解はまさしく

この国に私は必要ない。解体される存在なのだ、という風にしかなりません。そうするとどんな暴発をするか。犯罪を犯すか神を呪うか異性をフリまくるかそれとも?あのアクシデントはいじめられっ子の集合念で起きていないのか。

まあこのぐらいのことが日本の国家の設計ポリシーなんでしょうね。

反省しない古い人間は置いてけぼりにしようぜ!