手塚治虫のした悪いことを考える

どうもここのところ真実じゃなくてステレオタイプをどんどん出版してゆく評論シリーズがありましてね。キャッチーな触れ込みでね。

これじゃあ行けないと思ったんです。みんな認めるような人でもおかしなことをやっているもので、

リンカーンなんてネイティブアメリカン大虐殺ですから。

で、そうこっちもマトモな分析をしたくなっているのですが、どうも資料が足りないので直感で行きます。

手塚治虫の漫画は凄まじい迫力があって、アニメにしても相当な深みがあって、畏れさえ抱くものです。ミュージカルを見ているような展開と壮大な世界観、読む者に気づかせる悟り。

彼自身はテーマは一つ「命」だと言っています。だが一方で相当な嫉妬心があったことも言われています。

彼に非難されるぐらいになったら一流の入り口だと言われるぐらいだったようです。

彼は勢いで他を圧倒しました。信じられないペースでしかも複数シリーズ書き続けることでライバルを過労にさせました。

いま漫画家というのは彼の時代より複雑な描線もあって相当な激務であるそうで、儲けてもアシスタント料に消えることが多いそうです。

彼はアニメーションでもその後に影響を残しました。アニメーション制作始まって以来の伝統秒間24フレームを使わずに15フレーム以下でざっくばらんに鉄腕アトムを仕上げた。

このざっくばらんでは原作の迫力より、話がまるでかんたんになったようでその後のアニメでは15フレーム、時にはコマ送りで迫力を出す研究が進んだようです。

彼は制作費の大半をテレビ局からでなく、おもちゃの著作権ライセンスでまかなう道を選んだ。テレビ局が金を払わなくていい歪な経済構造が生まれ、子供向けのアニメはおもちゃ商品の宣伝に堕ち、青年向けのアニメはDVDでやっと資金を回収するとか、うまくいっていないようです。

ゆえにアニメーターの給料が薄く激務なのも遠因は虫プロらしい。

過激な表現とされるものが手塚治虫の世代から変わってきたようです。日本の漫画アニメの特色がもはや心をざっくりえぐりさえするようなシーンとそれを切り抜けるストーリーになっている。もしくは変態。とにかく脳を興奮させる。よむ人は興奮状態に依存するようになる。そういう商法。より過激、より倫理的におかしくなる。海外では子供に見せてはいけないとされるものも多い。

手塚治虫の漫画、ええ素晴らしいですね。しかし日本の伝統をどこか壊したかもしれないし(日本の漫画アニメは西洋オカルト秘術で満ちている話はまえしたはず)なにより手塚治虫の作品が未来でも最高でないと気がすまない、これから出るであろう超人を抑えておくための仕組みを作ってしまったように見受けられる。

さらにその子孫も恨まれているようで何かがあるのでしょうか。

そして今の日本のコンテンツ産業、世界への普及を考えると、とにかく西洋オカルトの布教だらけ、今までどおりやっていいものではない。女子供はまずピクサーを見ろという世界の趨勢。日本が大人のアニメーションとして生き残るには、もう少しオカルトじゃなくまともな哲学や真理を加える必要があると思われます。「正義は一つじゃない」路線は大人向けには間違っていません。「ゆるい」が世界に流行るのはいつ頃でしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中