悪魔性を全部排除すると弱くなる

海賊ルフィや怪盗ルパン及びIII世、大人気。なぜか人間は適当にワルい男を好むようです。

またあるスマホゲームの代名詞といえば、「サタン」で、「お祝いサタン」などの特別仕様があるようです。

翻って正しく有りたい人間は、いい子でありたい人間はどうでしょうか。全然強くない。むしろ打たれ弱いのがふつうで、ガリ勉のレッテルを貼られ、独りで縮こまったりしています。

悪魔って本当は何なのでしょうか。それは自分だけの利益を最大に求め、他人を傷つけこき使い、神に挑戦までし、やがて神に負けるも懲りもせずにまた計画を立てる存在だったはずです。

これってどこがいいことなのでしょうか。どこもいいことない。と思ったら何か間違っています。

悪魔の元気どこから出てくるのでしょうか。負けてもなお自分を貫き通す元気がどこから出るのでしょうか。

悪魔の持っているベクトルのひとつ、自分を貫き通すという力を全く失った人間は・・・いじめられるだけです。悪魔を完全に否定するとそこまで否定して自分自身が弱くなってしまうのです。

天狗とか、妖怪や龍とか祟り神とか、発明家ニコラテスラとか、ときに恐ろしいぐらいに妖気を感じますね。あんなのがと思っているひとへ、あれはあれで自分を貫き通す力が強くて、かつ善である。そういったベクトルは宇宙の力の一部です。

いかがでしょうか。善人が時として羊とまで言われる現状、悪堕ちはしないがあのぐらいの元気は時には必要なのではないでしょうか。

強いやつがほしい。力がほしい。力の操り方を知りたい。だから海賊や泥棒、悪魔までが漫画に出てくるのではないでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中