信心深い良き人間であることの悪

日本人、大抵のみんなは良き人間でありたいとおもうでしょう。

そして、伝記や人物事典や道徳の本を読んで感動するでしょう。

しかし、良き人間になろうとすることは、並大抵のことではない。

古くから良き人間の性格とされているものには重大な脆弱性があり、ころりとやられます。

やさしい=いじめられやすい、搾取される

努力家=努力しなくてもできることが嫌 無駄に金をつぎ込み無駄な努力をする

節約家=お金があっても貧乏くさい 無駄な苦労をする

覚えがいい=自分の考えを持たず覚えたことでしか動けない

まじめ=サイコパスに搾取される恐れあり

恨みや憎しみを持たない これは無理。最近のアンチカルトのトレンドはこの話題。自分が本当にやられたらそれに応じた感情は持って然るべき、でないと更に攻撃される

仕返ししない、暴力を振るわない=ネット右翼が指摘する問題と同じ。仕返ししないならさらに攻撃してしまえということになる

妬まない=程よい妬みはジャンプアップの起源になる。妬みがまったくないなら向上心を失ってだれている可能性もある。

エロや異性に興味を持たない=親の教育も原因か、自分に厳格すぎてバーンアウトしている恐れがある。たぶん他のやる気もだいぶ失っているはず、実はブログ主

いわゆる信心深い=自分の宗教がカルトに堕落しても信じ続ける その宗教のレベルを超えることがない 単に信心深いだけでは真実にたどり着けない。自分の哲学を持とう

でしょう?いい子になりきれないキモオタ(ブログ主含む)をしりめに なんであんなヤンキーがせっせと工事やってイキイキして結婚までしているのか?自分の判断で生き、確実にそれで成功している。

偉人伝に出るような人物もそれに書いてないだけで結構不可思議なものです。「アスペルガーの偉人たち」には気の毒な真実が書いてあるし、ジョブスの漫画は喧嘩で満ちています。自己防衛では彼らもでかいことやっている。

私は善と悪、神と悪魔の概念は世間で伝わっていることが真実と違うかもしれないと思っています。どれぐらいかというともちろん180°ではなくまあ90°ですね。

良き人間の定義を変え、王から奴隷までのピラミッドを構築しやすいように変えた存在がいると思っています。特に学校でよくこうした良き人間の概念を教わります。中学の反戦教育なんて弱気な人間を作る最も効果的なことをしています。

工業高校に機械に興味があって入学し、ボロボロになって卒業しました。あそこは単に何も感情もなく工場で働く人を育てる場だったのです。日本にクリエイターはゲームをのぞいてはいらないと理解せざるを得ません、

自分勝手に成功してもらわれては王様の意味がないです。日本だけでなく地球文明の問題だと思います。

そして宗教の言う綺麗事に惑わされないで、まず自分を大事にしろという大原則に気づきました。

宗教は人を導くものだと思っていたら、人を押さえつけるための存在でもあったという結論に至る。信心深い人は大きな成功もせずに、こじんまりと生きるし、社会構造をより良く作り変える気もなくシステムに従順だったりするし、野生の動物でなくて飼いならされた人間になってしまっている。

あげく魔法入門MAGICAというブログには、覚醒、真の能力に目覚めるための手段を戒律の名のもとに信者ができなくして、リーダーと取り巻きだけが真の能力を使えるようにすると書いてあります。それをここで語るの早いが、覚醒には程よい性的な興奮と、優れた音楽を探して酔うことが重要と思われます。

宗教は支配層の右に出るものをなくすための手段でもあったのです。しかし現代社会はスポット的に陰謀が効きすぎてむちゃくちゃになる人間が出ているのをなんとかしてほしいです。

とくにカルト宗教と普通の宗教はときに見分けが難しいです。それはカルト宗教もだいたい普通の宗教がやることをやるからです。そこで信者からのエネルギー収穫を最大化するとカルトになるのです。宗教団体という仕組み自体にうっすらと集団支配の力を感じざるを得ません。今の所どこがいいかわからないので、一人で神と向き合いたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中