日本の学力低下の原因:友達にマインドコントロール

こんばんわ。

日本の学力低下が叫ばれて久しいです。

学校が辛いところである人がどんどん増えています。

楽しいはずの学校。淡々と授業を受け、友達と付き合い、成績は何故か伸びなくて心が虚しい。

どうなっているのでしょうか。何を疑うべきなのでしょうか。

私が高校にいた頃、あこがれの「ロボット研究同好会」に入りました。

しかし、先輩方はなぜかろくにマシンの手入れもせずに遊んでばかり。

私も気合が出ないは、なまじ電子工作をかじって天狗になっていたのを押さえつけもせずに、蛇の目基板にもりそばでなくわがままを中途半端に通し「彫刻刀」で基板を削って回路を作ることに。

ろくに気合が出ない。部活に来ているのにつまらない。奇妙なジョークにPCのエロゲー、なぜか序列は軍隊式で、やめた人が部室に入ると敬語もせずに小馬鹿にして接します。

こんな部活は腐っている。半年でやめて、図書館にこもりました。

親のルートで聞いた情報によると、ある先輩が部活の時間にみんなと遊んで家でこっそりミニ旋盤まで買ってシコシコマシンをこしらえていたのが発端だそうです。

これはつまり、周りの人間が成果を出せないように工作し、挙句後輩の芽を潰したのです。事実どんちゃん騒ぎは私がやめると収まってきました。ええ私もあの頃は本当にキモい性格だったので申し訳ないが(今でもこんなブログ書いているだろうが!)

多分ゲームやメールでみんなと付き合っておきながら絶妙に周りが勉強しなくなるように工作したり、成績のいきなり良くなった人を成績のいい人までいじめるとか、周りがさぶいとか引くことを言うとか、勉強デビューと罵りながら自分が勉強デビューとか、同じ宗教の人が徒党を組んであっさり信仰告白した幸福の科学の会員をいじめるとか、あげく万引きしたのこいつですと言うとか、ありえなくないし、自分は自分の妬みで精一杯だったから周りが本当に何をしてくれたかよくわからないのですね。しかも親の世代より悪いことのやり方をよーく知っているので親がフォローしきれない。下手をするとモンスターペアレント扱いにされる。

そうして全体、ひいては日本の学力が下がり、サイコパスや感情より頭を優先させるクレイジー野郎がいい大学に行くのですね。道理で一流大学の生徒が事件を起こすわけだ。道理で官僚や経営陣は(以下略)

∴ いじめを食い止めない先生方の教育方針は学力低下に直結するぞという警告でした。

マインドコントロールはもはや宗教だけがするものではなくなりました。

皆さん、この世はすでに弱肉強食のすり鉢地獄だから くれぐれもいじめ対策やマインドコントロール防止の知識はしっかりつけておくように。勉強より優先ですよ。

もはや日本人は遺伝子も民族も違うはずなのに人をいじめるときは彼らの朝鮮人のステレオタイプそのものになることがわかっていると思います。

更にいうと日本人はいじめのターゲットの精神を操作し朝鮮人のステレオタイプの人格に落し自分たちでそうしておいてファビョったと笑い自分たちで朝鮮人認定するのです。まさにマッチポンプ、ダブルバインドです。

本当は遺伝子や民族ではないのです。日本人であろうと彼らの性格が彼らの言う朝鮮人のステレオタイプなのであれば、非難されるべきなのです。

日本の技術力低下の兆しは学校にあった

日本は素晴らしい技術を持っていると称える、プロジェクトXが放送されていた中学時代。

中学の選択科目の技術科はとっくに堕落していました。私と他の数人を除き他にやることが決まらないという理由で大量にチンピラが入ってきた。まともに工作をやらずにしゃべくりまくりあげく接着剤を混ぜ混ぜして気味悪いピンクになった液体を近くの公園のベンチへ塗りつけするぐらい。

先生はすぐにできるDMMのキットではなくわざわざアナログテスターのキットを組み立てさせました。そりゃそうです。しかしメーデーには休むんですよ。

だれもやりたくもないことをやっているという空気が漂っていた。テクノロジー製品を当たり前だと思い込み、自分たちで作るときがくるという準備を誰もしない。現実に、いらないもの、くだらないものを作っている雰囲気がしていました。ただ小さな飾りの鋳造はみんな思い思いの型を作り懸命にやった。ちょっと危ないぐらいの授業がいいみたいね。

高校では流石にやる気のある生徒がいるだろう、ところが工業高校の電子科も半分チンピラ、その他も電気じゃなく萌えとエロにしか興味のない新時代のオタクだった。このノリについて行けない。いじめられる。私も必死に自慢してマウンティングするクズです。悪循環です。もちろん実習はわからないまま線をつなぎ、ツマミを回し、数字をとった。実は私もです。実は電気の法則は自分の意志で実験を考え、実行しないとつかめないのです。なぜそれがわかったかというと…野望があるのです。科学者に頑なに否定されるような、怪しい野望が・・・一本の線に180V送り込む高周波高圧インバーターも作りました。危ないレベルの実験でないと現象は実感できないことも多く、やはり男は危ないことをやるべきなのです。多分。

あげく先のロボ研です。もはや技術立国日本の新世代はテクノロジーをみんな相手にしていないのです。今ゲームがあれば、いまスマホがあればそれでいいのです。いずれ自分たちが供給しないといけないものなのに。

もう、結果は顔を出してきています。日本人は技術者より上司や営業や幹部が上で、もともと技術者は使役される方だったのです。だから技術者にはもともと未来がないのです。その祟りが原発事故なのです。技術者の言うことを呑んでいれば起こらなかった事故です。それに豊かになったら技術はありふれたものになってみんな慢心しているのです。

さらに自分たちの利益だけ考え、パソコンには余計なものがいっぱい入り、単機能で売り出すべきものをゴテゴテにつけまくります。いまヒット中の襟をきれいにする機械はもともとえりぴかそでぴかという洗濯機に取り付けられたものでした。日本人は頭がよく、覚えないと使えない製品をたくさん売ってきましたが、もうスマホに滅ぼされるでしょう。日本の技術志向は結局自分の豊かさを求めるエゴ志向だったのです。もう精神的にもエコの時代は来ています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中