科学は省力や便利や愛ではない。科学は力だ

人間は科学によって進歩したのでしょうか。

たしかに、科学はとても人の労働を楽にし、人のつながりを非常に広くしました。

だが、それで人間は幸せになり、愛を分かち合い、気が楽になったのでしょうか。

一方で科学は兵器を作り出し、殺戮が広がり、ならず者を強くしました。

科学こそ力だ。科学だけで愛や助け合いや楽、平和、それを勝ち得るでしょうか。

かつて未来想像図でユートピアを思い浮かべた年寄りさんも多いでしょう。今その技術が実現しています。

科学はむしろそうしたものなどではなく、POWERやFORCEだったのです。科学こそ力だったのです。人間が科学によって手に入れたのは「力」だったのです。

自分たちで「力」をどう使うのか、愛や善や環境負荷軽減によって決めなければ、それは本能と結びついて武力にさえ=限りない暴力にさえなるのです。欲望を実現させる、力。欲また欲のこの世界で、際限無く力を得て悩みは尽きない。逆にブッダはすべてを捨て去った。

ついでにこのブログの読者層へ。科学こそ幸福の科学で言う「裏」だったのです。念力、超能力を鍛える、そういうのとあまり変わりはありません。人への情けがないのも変わりありません。ニコラテスラが裏?ご名答。でもエジソンもジョブスも人間関係とか企業の競争とか結構人への情けなどないでしょ?挙句日本の科学者は左翼が多いでしょ?

前にも書いたと思うけれど最近のFBI Tesla Vaultにあるがテスラはソビエトにも秘密裏に自分の技術を提供して、殺されたが、同じ超兵器が2つの超大国にあることで米ソの戦争を、東西の戦争をできなくしたのです。その1つの例がCIAが存在を確信した「Soviet Beam Weapon」検索すると出てきます。また、太陽光ヒートポンプ動力の技術も、無限の太陽動力は時代が早すぎるとして公開を見送りました。時代が早すぎると大混乱を起こすのをわかっていたのです。
そういうものを言う発明家だったテスラを忘れてはいけない。GEとは違うのですよ。

そして力としての科学を考えると、「幸福の科学」という名前の付け方に、なにか疑問を覚えませんか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中