心清らかで神のために尽くす人になろうとすると魔にやられる

宗教や道徳などで、心が非常に清らかで神のために宇宙のために人のために尽くすと教わると思います。

しかしこれを素直に実行すると、悪魔とも言うべき霊が囁いてきて、なお貫こうとするとまさに攻撃してきたりします。

挙句悪堕ちして自分も不良や犯罪者やカルトリーダーのようになったり、そうでもできないと精神が錯乱します。

理由はよくわかっていません。ただ次のことも付け加えて実践すると落ち着きます。それは自分のためにも尽くし、自分の必要な体と精神エネルギーを自分に与えると決めることです。

自分の入っている宗教がどこでどういったものであろうとこの対策は取るべきです。とくにできたての宗教の場合集団で悪魔にやられる恐れがあります。

さらに日本で行われる根性論の教育について、

人間が厳しい自然界で生きていた時代はまさに正しく、死ぬ気の努力が必要です。昭和30年代辺りまではまさにそうでした。しかし衣食住がコントロールされ感染症がなくなり、自然から離れて、人間だけの世界ができてどうでしょうか。

努力というのはどこまでするべきなのでしょうか。地獄のような苦しみによる努力はまさに地獄霊を寄せ付けます。そういう苦しみや悩みがエネルギーなのです。本気で苦しむことがない、そこに地獄霊を避けるヒントがあります。

できる人間にとってそのような地獄は学校では存在しないでしょうが、まさか私は、と思ったら部活やクラブや塾をやめ身の丈にあった進路に進むことも考えてください。さらに発達障害も疑うべきパターンがあります。

日本の伝統的なしつけは、人を育てるのではなく、むしろ低レベルだが芸だけは秀でた霊を指導霊にさせることが目標ではないのかと、疑うことがあります。一流あたりではもはや乗っ取られることまで良しとするでしょう。危ないです。

広告

メロン農家の除草剤事件から考える

富良野メロン除草剤事件は犯人の意図とは逆の結果になる — 黒坂 岳央 アゴラより

最近流れてきたニュース。農協から独立して、自分の店を構えブランドで大儲けしていたメロン農家が除草剤でメロン全滅、と。

このアゴラのブログだけではないです。2ちゃんねるのまとめブログであっても農協の仕業だ、地元の警察もグルだし周りの農家もみんなグルだから犯人がわからない、新参入したばかりの農家はだいたいやられるとか、どうしようもないとか、田舎の嫉妬は怖い、目立たないようにしないととか

いろいろ同じような報告が相次いでいます。

またうちの爺様が仏間にいろいろな賞状を掲げていたところ妬まれて周りと仲が悪くなったのでやめたということもあった。

あのね。ここは韓国じゃないよ。北朝鮮じゃないよ。何やっているの。だれが嫉妬は朝鮮の文化だって言ったの。ここは美しき国日本だよ。

それとも、実際どうなんでしょうね。農家みんなも警察もグルだという報告があるけどどう見たって日本の米作り農家の半分以上が朝鮮の血が入っているなんて思えないし、これは日本人自体に何かがあるとしか思えない。

昔から中国、朝鮮から、お坊さんが来て、負けた国の王や貴族や職人が入ってきて、文化を天皇のもとに累積し、宮家ともその貴族たちは婚姻を結んだ、現代も続いている、ええ調べれば解ると思います。

やはり日本はアジアの国だったのです。こいつ紛れもない朝鮮人だ、そう思われていても日本人であるケースは予想より多いでしょう。ほらそこのブラック企業、政治家、教育者。

そしてかくなる私も色々嫌われいじめられたが朝鮮人の血が入っている証拠はついになかったのですから。それはね、カルト宗教に一家で毒されたわけです。とくに教祖や幹部にも朝鮮人の血筋の証拠はないが、信者から幹部までなぜか性格が朝鮮人のステレオタイプだという。

そこのアンチサイトで語られている重要なキーワード、”自己愛性人格障害” についてよく調べることをおすすめします。

中韓もものづくりの態度は成長しているし、しっかりした精神基盤のあるドイツなども競争相手。このままではMADE IN JAPANがまた出し抜かれてしまいますよ。

ネット右翼の弱点は海外から本当の日本の問題を指摘された時でも反日の情報工作だと蹴ってしまうことで、日本礼賛番組が褒めていることも裏があり、海外に抜かれたりすることもありえます。箱根の寄木細工がパクられたという噂もあります。井戸の中のカエルではいけません。

日本人だと主張する前に日本人の心を持つ自覚を持たなければなりません。そうでないとたぶん周りの国の人と代わりはないのです。バブルの頃の日本人のほうが礼儀があったと言われています。

RAPTの天皇陰謀論が嘘であることを願います。