なぜ朝鮮人ばかり

最近も、続々と朝鮮人ばかり優遇されて、日本人が追いやられているという話を聞きます。

なんでもあらゆる業界に朝鮮人が入って、出世して、乗っ取って、日本人は徹底的にやられて、出世もできず、こき使われるのだと。

朝鮮人が悪いって叫んでいるネット右翼。しかし、いくら何でも日本人もやられすぎていない?

訴えれば勝つなんていうノーガード戦法は効かないはずです。むしろそのへんに問題がある。

まず、朝鮮人の野蛮さなるものについて。かれらの野蛮な噂が広まっているが、逆に教育やらで統制された現代の世界で逆に生き物らしく振る舞っているのは彼ら。ロボットになっていない。自分の意志で好き放題にやっている。

それが、なぜか現代の世界でも許されているという、逆説に注目してほしい。

日本人は本当に自分の意志を持っている、わがままだと見られそうな彼らに対し、何をやったのか。

日本人の長所は短所と「裏両目」みんなに合わせ、体制に合わせ、親に合わせ先生に合わせ自分の意志をあえて持たないで争いなくやる。彼らを非難してみたところで自分の意志が結局ないから、やることは彼らの言うことを飲むだけ。

日本人が自分たちを守るということ。現代においてグローバル企業が争い、独占しようとしている。外人は日本人にない野蛮さ、狡猾さを持っている。日本人は自分を守れるのか?

日本人は私も含めて、生命体の基本である

「自己拡張」自分を大きくすること

「自己防衛」自分を外敵から守ること

「自己修復」自分を自力で直すこと

に取り組むべき。それでもってみんなと「和」で結びついてこそ、ようやく日本人は生命の強さが出てくる。

彼らの真の生命力を意味する 真のK-POP 「テクノポンチャック」とは?

続きを読む

広告