日本で陰謀論は相手にされていない

なんかセキルバーグの都市伝説なんてのもテレビで人気にはなったけれど、

あのあと陰謀論とか歩む人いないじゃないですか。

陰謀論はマスコミ系のTOCANAが幅を利かせて、なんか単に残酷な話と外れる予言と人の価値を踏みにじる表現でおかしなサイトとして有名になっている。

スピリチュアリストのサイトはそれは文体が美しくて、波動はいいけれど、説いている教えのレベルが大川隆法とよく似ていてこう噛んだら中身のないドーナツなんだよね。

それからいろいろなこの手のサイトは、かなりページの体裁がしっかりして、手間もかけて作られている。文もプロ並み。この辺特に怪しいのがRAPT。

で、陰謀論のサイトって、陰謀への対策なんて全く書かないことも少なくないんだよね。私が紹介しているフリーエネルギーの話題も、

グラフェンシートとか、ちらほら日本の研究機関からもマクスウェルの悪魔とか、スピン起電力とかメタマテリアルとか、出てきているのに、不思議なことにみんな無視するんだよね。

そこでTOCANAだけグラフェンシートを取り上げると、あのTOCANAだ、デマだからキニスルナっていう評価になる。

そうなんだ。陰謀論のサイト、スピリチュアリズムで幅を利かすサイト、実は幸福の科学と同じ臭がするんだ。こういうところにハマると、きらびやかな言葉で洗脳されながら、実際悩みが大きくなって、おかしくなり、金を差し出すようになるんだ。

そうなんだ。日本では陰謀論者より多分何倍も何十倍も陰謀を宣伝する陰謀側の人間が多いんだ。

それだけ、日本人は希望の見えない話が嫌いで、だったらなんにも見えないほうがいいって。実はこれは有効な戦略なんじゃないかなって。3.11だって私が放射能で怯えているうちにみんなで何とかしちゃったんだよ。みんな日本人を舐めている。

それでも陰謀論で落ち込むつもり?マジになってどうするの。

もしあなたが答えを欲しいなら、美しい言葉ではなく、非常に重たい波動のする言葉を書いてあるサイトを探そう。大きな真理は重たいんだ。そしてその真理の中には、あなたが聞きたくなかったこともある。

それから魔法使いがやっているサイトも見よう。本当にあるんだよ。こんな陰謀の中で勝ち抜いてしまう教えがある。

で、私はここまで描いたからには当然陰謀論者なんだけれど、こことリククーブログに何を実際書いているのか、見てもらいたいものです。

ついでに、必ず悪には終わりがある。大魔術師はその魔術でどんな自分の欲も叶えてゆくわけだけれど、人生の最期にはおぞましい死に方をするらしく、

陰謀をやっている、自分たちさえ良ければいい結社も、倒れるときは想像を絶するでしょう。

これはカルト宗教も、ねずみ講も、

喜びと引換えに命の金銭を吸い取る昨今の技術企業や奴らのオカルトをふんだんに入れた、漫画アニメ出版もそうでしょう。

海賊版を取り締まるだけでなく、

著作権保護で逆に衰退したウォークマンやJ-POPやテレビの衰退と海外のYouTube、Apple Musicの隆盛を見て、

同じく、金銭的なサプライズが必要です。やりたくないのはすなわち命のお金をこれだけだして買ってくれているという感覚が欲しいのでしょ?

必ず悪には終わりがあります。

彼らは5000年も続けているのではなく、死と再生を繰り返していると思われます。

広告