韓流スター、韓流ファッションしかないのか

日本が一番だった90年台とは違い、いま女子は盛んに韓国押しですね。

参ったなあ。男子はネット保守が多いから、韓国は簡単に手のひらを返すから付き合ってはいけないとか、意外と内面で考える。だから関心が低め。

で、そう、雑誌やテレビって、そうかっこいいファッションを開発して世に出してくれたり、可愛い曲を紹介してくれるものとは限らない。

むしろ、実はK-POPには日本のスタッフがこっそり入って作っている。流行は広告代理店、その向こうの、人類をだらけさせる勢力によっても、作られるもの。

男子はわかっている。韓流はゴリ押しだって。

私はその先まで言う。つまり、韓流以上のPOPやファッションがなければ、そっちに行くしかないよと。

じゃあ何するの?それは、自分でストアのおすすめを元に優れた曲を探しまくって、流行なんかに乗らずに自分で自分のファッションを作るしかないもの。

学校で習う曲とみんなで話題になっている曲だけが音楽じゃない。どこかで聞いた昔の欧米POP、なにもないミニマル音楽から、じっくり聞くプログレ、ラリる電子音楽、地獄のヘヴィメタル、悟りのニューエイジ音楽まである。探さない人の前には現れない。

ネットには西洋の古典ドレスも着物や中国の礼服も各地の伝統衣装も載っている。じつにこれが基本。シャネルの軽装が世の中を楽にして、きらびやかさより瞑想の服みたいな平穏の時代になった。

素直に古代から1960年代までのファッションは美しい。冒険する前に古典ファッションを抑えておこう。コスプレの元ネタだってよく見ると古めかしさがある。

古代から「ぬくもり」「暖かさ」「Hot」こそが文化の基本。Coolがはびこれば世の中も冷酷になってくる。そんな時に突如Hotが現れたら目を引くよね。

今のパリコレなんか見るな、昔のほうが理解できる。あとは手書きスケッチも練習するとイメージがわきやすい。次は自分たちで作れる。

そうすれば雑誌やテレビのやっていることなんて大したことないってよくわかるはずだから。

また安易に昭和が良かったと言わないほうがいい。殴り合いや泥棒、欧米のハイテクのパクリ、乞食とか同和差別とか、スポ根は下手すりゃ死ぬし、人間の心が熱くてカオスだった、そういう時に人の心を癒したファッションだったり、曲を、すごいと言っているのです。

精神文化が良かった頃はさらにさらに昔、縄文哲学とか岡潔のいう情緒があった時代、仏教が入る前だそうで、なんと人間の心が自然にひとつになり多数でもある潜在意識のかなり奥が開いていたらしいです。

広告

広告で文字はどういじられるか

A は真ん中の横線を抜かれたり、いろいろ変えられる

B は左右逆にされる

C はなかに別の文字を入れられる

D も左右逆にされる

E はEだけで使われる

F はかっこいい機械で使われる

G は巨大な性能を宣伝するときにつかわれる

I はもはやアップルのもの

J はカーブが色々いじられる、なかにはまっすぐになってしまう時も

K は韓国

N は斜めの線を逆にされる

O はとにかくなにか入れられる

Q はひげをいじられる

R も左右逆にされる

S は横に寝かされ無限大の暗示にされる

X はとにかくつければかっこよくなる安直な文字

Y はむしろ形状でY字ならY

Z は安直に最強バージョン

H,M,N,V,Wは他の文字と結合されてしまう

また

4 ゲームでもなんでも第四弾から先が出たら超一流

5 は日本ではGOとかけられる

6 は不自然なぐらいよく現れる よくソフトウェアが完成するときのバージョン数といわれる

7 はパチスロ数

8 はSとおなじく横に寝かされる

9 も統計的に不自然なぐらいよく現れる

弱虫がこの世に存在する!

ナイトスクープでいじめられっ子がテレビでまたしてもいじめっ子に負けて、

私は思わずみかんの皮を机に叩きつけたのだが

われわれはその存在がこの世界に対する逆襲なんじゃないかって思う。

なぜか弱虫は存在し続ける、なぜかできそこない、足を引っ張る能無しが同じ世界に存在し続けることが、

それを認識させるということがどれほど大きいのか。

そして世の中のどこが間違っているのかどんな人間が一番知っているのか。何時でもうまくいく人間にはそんなの絶対判らない。

あとサイコパスには何をやっても無駄です。離れるしかない。

日本の映画がつまらないことについて

日本で作られる実写映画の質がどんどん下がっているという評判があります。

私は映画は見ない方ですが、そのポスターの画像を見て、臭いと思わずにいれないし、

映画だけではなく、テレビも、音楽でさえ、質が下がっているようです。

一体どういう原理なのでしょうか。

クソなのに売れたWindows95

ところで、今、パソコンを使っている人は、パソコンにほぼ絶対入っているWindowsが、どうしようもないものだったとは、しらないでしょう。

Windows95、Windows98、これらがインターネット時代を切り開いた、歴史上大きな存在ですが、同時に、

  1. アプリがよく落ちる
  2. ひとつのアプリが落ちると他のアプリもぞくぞく落ちる
  3. 一度エラーが起きると問題がどんどん大きくなる
  4. アプリをたくさん開くとWindowsまるごと落ちる
  5. 他の技術が良くなっても、Windowsのせいで64MB以上メモリーを増設する意味があまりない
  6. 裏で支えているのは、更に前の世代の、MS-DOSそのものだった

こんな、どうしようもないものが、パソコンだったのです。全部Windowsのせいで、当時はアンチWindowsの人もたくさんいました。

実はMS-DOSのアプリが動くということも、同じ会社の作ったWindowsが売れる理由でした。しかし客を舐めきっていますね。

・・・いや、これがWindowsを作った会社、Microsoftのマジックなのです。

波長が合う、合わない、そういう言葉がありますよね。

あの頃からMacはあったし、しかもパソコンもMacの値段と同じぐらいだった。Macはジョブスが最高の遣い心地を目指したのに対し、

昔のWindowsはコンピューターとは思えないほどやわで、つまり、一般民衆に対して、最初から素晴らしいパソコンを与えずに、あえてそういう民衆に波長のあう、やわでわがままな仕組みにして、普及したのです。なおMicrosoft Officeはレイアウトの組み方があほでまだそのにおいがあります。

で、Windowsとメディア業界にどんな関係が

例えば、私だって素晴らしい音楽はしっていますよ。Thom Brennanとか。YouTubeで聞いて気に入ったらiTunesやアマゾンで購入してみてください。

いや、たしかに素晴らしいけれど、買いたくはない、そういう人は多いでしょうね。むしろ、大抵の人間は眠くなるので、買えないでしょう。これが波長が合わない、ということです。(ちなみに私は何故かenyaは買っていない)

メディア業界、昔からカネを稼ぐことにも、注力してきました。何が儲かるかって、素晴らしい音楽より、民衆に波長のあう音楽のほうが、売れるに決まっている。

民衆は色々小さなことに精一杯で、精神を高めるとか、真実をつかむとか、その方向には行きません。だから昔から、くだらない、どうでもいい、そういったコンテンツが出回ってきました。

ところがですよ。Windowsはといえば、XPで安定性が40倍高まり、7で完成し、10でクラウド同期と新しいデザインの境地です。それにPowershellという素人お断りの難しい使い方もできるようになりました。依然としてほとんどのパソコンにはWindowsが入っている。

ジョブスもiPhoneを出して、大衆に新しい携帯電話の使い方を訴えて、成功しました。逆に賢い人のほうがAndroidを選ぶのだそうです。

ハリウッド映画も、心の底が何かを思い出すストーリーと、手抜きの一切ないVFXで人をわかせることに成功しました。

日本のメディアコンテンツはどうでしょうか。そう、進化しつつある大衆を、まだ舐めきって、こんなもんでいいや、と。なめられているのは制作者たちです。

コンテンツを生み出すのに必要な金

きかんしゃトーマスは 鉄道模型で作るのをやめて、フルCGになってから、スポンサーがつかなくなって民放から移って他の子供番組とともにNHK Eテレで放映されるようになりました。残念がっている視聴者は多いと思います。

このように良いコンテンツを保つためには金が必要です。特に子供向けとかでは子供は全く記憶がないために端折る傾向にある。アニメの旧セーラームーンはシリーズが進むに連れ映像が汚くなってゆきました。

では、サザエさんはどうでしょうか。私の見解では、最後でいいからフィルムに収録してフィルムの映像で放映してほしい。しかも16mmとかで。セル画にしろとは言いませんよ。

メロン農家の除草剤事件から考える

富良野メロン除草剤事件は犯人の意図とは逆の結果になる — 黒坂 岳央 アゴラより

最近流れてきたニュース。農協から独立して、自分の店を構えブランドで大儲けしていたメロン農家が除草剤でメロン全滅、と。

このアゴラのブログだけではないです。2ちゃんねるのまとめブログであっても農協の仕業だ、地元の警察もグルだし周りの農家もみんなグルだから犯人がわからない、新参入したばかりの農家はだいたいやられるとか、どうしようもないとか、田舎の嫉妬は怖い、目立たないようにしないととか

いろいろ同じような報告が相次いでいます。

またうちの爺様が仏間にいろいろな賞状を掲げていたところ妬まれて周りと仲が悪くなったのでやめたということもあった。

あのね。ここは韓国じゃないよ。北朝鮮じゃないよ。何やっているの。だれが嫉妬は朝鮮の文化だって言ったの。ここは美しき国日本だよ。

それとも、実際どうなんでしょうね。農家みんなも警察もグルだという報告があるけどどう見たって日本の米作り農家の半分以上が朝鮮の血が入っているなんて思えないし、これは日本人自体に何かがあるとしか思えない。

昔から中国、朝鮮から、お坊さんが来て、負けた国の王や貴族や職人が入ってきて、文化を天皇のもとに累積し、宮家ともその貴族たちは婚姻を結んだ、現代も続いている、ええ調べれば解ると思います。

やはり日本はアジアの国だったのです。こいつ紛れもない朝鮮人だ、そう思われていても日本人であるケースは予想より多いでしょう。ほらそこのブラック企業、政治家、教育者。

そしてかくなる私も色々嫌われいじめられたが朝鮮人の血が入っている証拠はついになかったのですから。それはね、カルト宗教に一家で毒されたわけです。とくに教祖や幹部にも朝鮮人の血筋の証拠はないが、信者から幹部までなぜか性格が朝鮮人のステレオタイプだという。

そこのアンチサイトで語られている重要なキーワード、”自己愛性人格障害” についてよく調べることをおすすめします。

中韓もものづくりの態度は成長しているし、しっかりした精神基盤のあるドイツなども競争相手。このままではMADE IN JAPANがまた出し抜かれてしまいますよ。

ネット右翼の弱点は海外から本当の日本の問題を指摘された時でも反日の情報工作だと蹴ってしまうことで、日本礼賛番組が褒めていることも裏があり、海外に抜かれたりすることもありえます。箱根の寄木細工がパクられたという噂もあります。井戸の中のカエルではいけません。

日本人だと主張する前に日本人の心を持つ自覚を持たなければなりません。そうでないとたぶん周りの国の人と代わりはないのです。バブルの頃の日本人のほうが礼儀があったと言われています。

RAPTの天皇陰謀論が嘘であることを願います。

BattleBotsはとても残酷なロボコンですね

最近日本でも注目されるBattleBotsというロボットの殺し合いゲームです。

すげえ迫力だがなんかロボットがかわいそうで観客がみんな素直に喜んでいるのが気味が悪いです。

すべての日本人には向いていません。心が痛む人も結構多いでしょう。だが、心理学では自分の嫌いだけれど気になってしょうがないものはシャドウ、つまり影と言われるのですよ。

私はいじめに何度もあってきました。このままでは魂まで崩壊しかねない恐怖を、何度も何度も、小さな頃から 中学でも、工業高校の「電子科」でも、ええ電子科です。あってきました。

そういったいじめというのはまさにBattleBotsの終盤みたいなところがあって、勝利に近いチームはすごい快感になるし、観客もそっちに賞賛を強く送ります。

日本のいじめは狡猾で、肉体も全く傷つけず韓国人のような張り合いもせずに、静かに、しつこく、見つからず、正義を振りかざして正当化させ、私ではないがどうも起こっているケースでは先生も賞賛を送り 魂をBattleBotsの勢いで壊していくのですから、

アメリカは逆にBattleBotsやRobot-Warで済んでいるし、中国韓国は喧嘩で済んでいるのだ、日本のいじめは静かに正当化され、ターゲットは内側から滅んでいくのだ、自滅ではない自滅をして喜んでいるのはクラスのみんなだ、ということです。

また核家族や共働き、受験戦争やゲーム漫画の時間0で愛がなくなり家族同士でBattleBotsやっている場合もあるようです。ターゲットはよく精神分析され本当は何をされたのか気づかないままこき使われ自殺さえするようです。

日本のカルト宗教も同じような側面がないのか心配しています。

そして電子科でいじめられました。日本の電子科はかくも理性や論理的思考を失い、そして電子立国は滅んでいくのでしょうか。

そして私のまさに次回作にご期待ください。気が狂っているつもりはありません。なんでも基礎的で簡単な実験こそが革新なのです。それはリククーブログで。

いただきますをして食事すると疲れが治る

最近、体力が出なくて、すぐに疲れてしまいます。

何が原因だろうか。

私は何かを思い出した

食べようと思って食べないと、食事は心の栄養にならないのです。

いただきますをして食事を食べると、だんだん体に元気がついてきました。本当です。心の栄養がはいりました。

いただきますという言葉の意味は、よくわかっていないことが多いのですが、

やってみるとわかります。