岡潔の哲学をわかりやすく説明

http://www.okakiyoshi-ken.jp/

岡潔は戦後に非常に大きな成果を残した数学者でした。しかし、彼は何かに気づいてしまったのです。

数学には系があります。基本的な法則のことです。これに矛盾がないかは、法則だけではわからず、系の外 外の知識が必ず必要です。それを突き詰めると、数学を証明できるのは、なんと心なのだ、数学者の心が受け入れないと、論文は受け入れられないとわかってしまいました。

岡潔、偉大な数学者は晩年を哲学に捧げ、日本人の持っている心をうまく理解することに成功しました。それは何でしょうか。

人間というのは自分を持っています。自我です。自我を中心に考えるのが西洋の哲学で、現代科学の根っこにもなっています。また時間も基本です。

日本人の起こす不思議な行動。みんな助けあい、ときに自分が死ぬことで他の人を活かす、わかちあい、金銭や権力を主張しない。

これは日本人が持っているのは第二の心だというのです。それは一が多数であり数学の数が適用できないのです。また時間も空間も関係ありません。これは日本人の妄想力に直結します。

日本人は他人の心を理解し、傷つけない配慮をします。これは第二の心は他人であり自分であるので、直ちに共感するのです。

また日本人は短歌や俳句が詠めます。これらの言葉は自分がこう思ったというようなことは書いてありません。みんな読むと自分もそう思うことが書いてあります。桜の花は綺麗です。これが第二の心です。

第二の心は量子の世界です。西洋の科学が確率でしか言えない謎の世界です。そこはどんなところにも通じて、無から有が生まれ、等速運動のような時間の一方向性の流れはありません。

岡潔は脳の側頭葉をコンピューター、覚えたとおりにやる部分だと言います。前頭葉は自分で考えて行動する部分で、白人は発達しており、日本人は弱いと言います。視覚野、さらに頭頂葉が第二の心に関係する、と言います。見ることは客観であり第二の心に近い領域です。

実は第二の心はだんだん封じられてしまったと言います。仏教の悟りの世界は実は第二の心の奥底ではない、更に明治以降の悩ましい文学に代表される自意識の現れと戦後の教育政策によりロボット人間になり、側頭葉のレベルまで落ちてしまったのです。

今、言われたことをやるだけの日本社会、自我が死んで指示に従っていればいい社会、冷たい、創作に逃げる社会、果たして日本人はこき使われ、死んでゆく、

だが上のリンクの岡潔思想研究会のサイトを「下から」読んでください、きっと本来の日本人に帰れるとおもいます。

耳に痛い話はつづきで。

続きを読む

広告

日本で求められる高給取りの人物とは

日本の教育は何だったのでしょうか。

私が学校にいたころ、学校は戦場だった。

私がまじめくさっ耐え切れずてたまに暴れると先生に激しく叱られて、悔しかった。そうほかの人はそう叱られはしない、むしろ先生も味方にして悪いことをできる。

これだから私は自分の存在が間違いだとさえ思いました。しかしこれは戦略だったのです。

倫理教育の弱い日本ではいかに先生に叱られずに悪いことをし、自分の利益を上げるかの研究がとても盛んです。これを止められる力は教育方針により、認められていません。

クラスのカースト上位層は自分がやっている搾取を相手に認めさせます。カルトのように。だから先生の目線からは搾取がわからない。

また冗談だとごまかしたり、ときにガスライティングやダブルバインド、モラハラさえ駆使することができます。徹底的に先生の疑いを退けます。

いや、がり勉こそがやはり優秀なのか。いい人が将来いい職に就けるのか。そうではない。

がり勉は東大を出てさえ、命令を聞いて実行することしかできずに就職にとても不利で、

ブラック企業の上司はまさに小さいころからこのような人心掌握のテクを持っていると思われます。

つまり日本は悪い人が上司になるようにできていたのです。もう、おしまいです。我々が恨みや憎しみもなく憤り思い切りをぶつければ・・・全滅するかもしれないけれどね。

自衛隊、ブラック企業で鬱にならない理論

日本の教育のあり方について、最近はどうも日本軍のやり方が気になる。

日本軍のやり方からかなり過酷なのに、愛国と礼儀と神と魔術と簡単にテクノロジを理解する教育をとってしまって、お国のためが上司のために、礼を尽くすのではなく自分の体そのものを捧げてしまう、

危ない教育によって、ロボット人間が大量にでき、自衛隊の自分の判断で動かないといけない所で動けずに死ぬと。

まあ自衛隊にも新兵を台無しにする工作員がいるかもしれません。

まあこの手の問題は 日本中に蔓延している、ブラック企業や学校のいじめもそうです。これが今の日本人です。台湾のほうが今優れていると思われます。

で、このブログでは大人の言うことは嘘だといい、大人の言っている綺麗事をどんどん否定しています。今回否定するのは

 

上官や上司に怒られたとする、しかも連帯責任で懲罰だ。どっちの態度をとるのか

A:真摯に受け止め、自分をしかり、反省し、二度としないぞと誓う

B:ヘラヘラしている。叱る声をなるべく聞かない。わかったわかった。一時痛いだけだ。まあ大丈夫だ次頑張ろう

大人はそう、Aを盛んに主張します。ところがこれだと絶対に心が潰れてしまう。そのまま受け止めると、自分の生きている意味が自分の中だけでなく、本当になくなります。

だからBがいいのです。Bでも自衛隊の教育は無意識の奥までまでちゃんと浸透します。おそらく上官もBで上官になった。他人に残酷だが勝てるプラス思考とはBのことです。

これが日本だと思われます。日本の大人は道筋を示しません。生まれた時から知っている必要があります。だから実は努力より遺伝子が強いのです(二世議員とか)。Aだと良くても「障害者手帳」をもらいます。

私は自衛隊には入っていないが、そう体力が低くて、脳が低速多機能CISCアーキテクチャだともう、日本の公立学校が自衛隊だから。覚悟してください。

できないなら渡るな!引き返せ!さもなくば命がないぞ!

また3トン半やらの運転はぜひ「Russian trucks in extreme condition」で検索して動画を見てみよう。シベリア人は軍用トラックを林業で使うぐらい過酷な土地で生きているが、渡れない川はわたらない。

これからの子供へ学校への対策

いやこのブログもう愚痴ばかり書いていられません。提言をしないと

今までは

  • 言われたことを覚える。それ以上のことを覚えてもバツにする
  • 先生はクラスの王であり、わがままや生徒へのいじめが可能
  • 一人にクラスの歪が集中する
  • 真面目君をさらに叱り、わがまま調子者を野放しにする
  • 偏った主義を身につけさせる。科学数学でなければかなり嘘も多い

そうです 学校は教育の場ではなかったのです。生徒をぶつけあう戦場であり、

勝った子はそのまま調子よく出世して大企業に入りわがままに世の中を動かし、負けた子は良くても「作業所」ゆきで就職出来ません。

そして、本当は、未来の教育はどんなのがいいのかと書きたかったのですが、教育制度を変えるのは権力なのでそれよりも今このサイトを読んでいる学生諸君に、学校で魂を殺されないための技を身につけさせたい。

まずは、大人の言うことが全部本当ではないという事です。大嘘をつくときもあります。つまり誰が何を言おうとクラスの実相や真理や勝利への道は自分で掴まなければならないのです。

真面目に勉強するように仕向けますが、無茶です。根を詰めて勉強すればそれだけ脳が傷つくだけで、周りの生徒からもろくなことないです。それに妬みや憎しみの学歴社会、受験闘争です。真面目に集中して努力すれば、これらのバトルで冷たい心になり、ガリ勉がビリになると最悪魂が死にます。

目標に向かってなるべく少ない労力で頑張るべきなのです。それでも必要な努力は必要ですが、それだけでいいことが結構ありがたいのです。更にいうとエリートなんてほんの僅かな数しか存在しないので、立って半畳寝て一畳の人間が社会を動かす偉い人になりたいなんて目標も達成出来なくて悔しいことはない、はずです。そこまで使命のない人は。それをうまく見分けたいですね。

マナーや礼儀もそうです。全部大人の言うとおりにしていると自分から何も考えることのできないロボットになります。実は大企業ではこういった人物は使えないのでどんなにいい大学を出ても無駄です。

また自由教育の名のもとに生徒をほったらかしにするので、誰かが負けていじめられます。これは自分で防衛する方法を身につけるべきで、心の強さは思い込んだら強いのが大原則です。断るという事は理解すれば難しいことではありません。また自分の人権を自分で最大限まで認めるべきです。その雰囲気がいじめを遠ざけます。その他いじめ対策サイトは必読です。

最近は子供を育てることに昔ほどの苦労もいらず、暮らしが豊かになり子孫をつなげることが簡単な今、子供を弄ぶ親がいます。この辺は「毒親」で検索してみてください。この文を見てふざけるな!親はあれやこれやそれもしてくれたんだ!と叫んだらあなたの親は偉い親です。だからそういう親ばかりではない、ということです。

ゲームをやるな勉強しろ、これもまっぴら嘘です。RPGや歴史ゲーム、特に魔法系をやることは答えのわからないことで勝つ、人生で勝つ方法を学ぶことができます。これは勉強ではできません。あと勉強不足、睡眠不足、課金地獄からも自力で脱出してこそ大人です。多分カルトや詐欺の勧誘を断れるようになります。

実際の暮らしに近いゲームとして、グルーヴ地獄Vがあります。自称クソゲーですがバイトをやってその金でシンセサイザーを買って作曲する人生をシミュレートできます。

漫画を読むな これも嘘です。実は明治時代は小説がいまの漫画と同じで、教科書に出てくる 太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、与謝野晶子、宮沢賢治などの小説を読んで時間を潰すことが叩かれていた。いつの間に偉くなってしまった。とにかく勉強不足は自力で脱出するべきで、親に言われるままだとずっとそうです。だから親も悪い。

社会科では盛んに嘘がつかれます。社会科で習うことはテストではそのまま書いても、一旦徹底的に疑ってみるべきです。そして正解を求めるより自分の社会観を作るべきでしょう。喧伝されるのはどうせ右翼:ネトウヨと左翼:パヨクと極端です。先生もきっとどっちかに偏っているはずです。自分の考えが意外と正解に近くなるかもよ!

人の心が読めない?ほら行動や言葉から必死に考え推測して、外れる。空気が読めない。大人に聞いてもわからない。これは心で感じてみよう。ゆんゆんゆん 脳内のラジオから聞こえてくる。体がなにか感じる。ただし邪魔な電波も入るので無視しましょう。

自分探しや人生の見つけ方?これも大人はわかっていない先生やわかっていない大人が多い。だって先生はいい大学を出たエリートですから、七転八倒していないのでわからないことがわからなかったり、別に覚えたまま上に従っていればいいだけの人生そのものだった先生、当てになりません。さらにロリコンショタコンの先生もいると言われているのですから、弄ばれているかもしれないのです。

自分探しができない?それは大人の嘘に負けているのです。言われたことしかできない人間に育てて、抗った一部のわがままな人間が選別されて支配層に加わるのですひどいでしょう。多分親や先生に禁じられたこと、嫌がられたことが効いているのです。心理学のTwitterを読んで自分を開放しましょう。

憧れの職業に入る?これ実はNOなんです。憧れというのは自分ができないことに対するものなのですから、その職業に入って落ちこぼれるのは少なくない。淡々とこなせるのはすでに自分ができることだったりするのですね。

音楽?オリコンどころか、ランキングというものを無視してストアが出したおすすめの曲をさぐっていって、自分だけのヒット曲を探してみましょう。きっと心が元気になる。嫌な曲に合ったら引き返してもう一度。またオーディオオタクになるととんでもない金がなくなるから、どこかで止めておきましょう。タイムドメイン社が頂点としておすすめ。

またオカルトの趣味で世界の実相を知ることも大事でしょうが、実はだいたい魔法ゲームや人気漫画の感覚でOK!くれぐれも現代では組織やグループに入るのはかなり危ないので、一人で信用できる本やサイトを探し追求しましょう。都市伝説の本やTOCANAは権力者が読者を怖がらせるためのですから読まなくて結構。聖書が難しいなら「魂の法則」というなんかとんでもない資料がある。信じるかはアナタ次第ですよ。

更にクリエイティブな趣味をおすすめします。日本の未来のためにもなる。つまりプログラミングとか電子工作と言って自分でラジオやコンピューターを積んだ装置を作ることとか、ジャンクをニコイチで直して売るとか、また、ミニ四駆やってみるとか、女性なら手芸や絵描きでもいいでしょう。あるいみゲームより深い悟りを得るかもしれません。

ガキ使での黒人差別問題について

まあ、ネット保守のこっちから言うと、

ガキ使のスポンサーに外資が入っていないかチェックしてほしいと思います。

もし外資が入っているならそっちの工作員が日本の倫理観を崩そうとしているはず。

芸者、和服、武士道、落語、そして神道のある日本という国の番組なのか?

黒人を睨みつけたら「お前本当に日本人かよ」と言われる日本という土地の番組なのか?

なぜ警察24時のガキ使をやったのに今度は「アメリカンポリス」なのか?

日本の厳しい教育について

日本の教育って、厳しいですよね。でもなんで厳しいのでしょう。

何年か前の夏に、帰省したとき、周りの家がみんな立派な木造なのに隣のうちがトタンだったんです。

そこからばあさんが出てきて、久しぶりにめっちゃ大きくなった私を見るなり昔の話を始めました。

私は両親も夫も早くになくして、女手一つで3人の子供をそだてました

戦争が終わった頃で大変だった。でもこのとおり生きているでしょ

あなたのそんな 友達がいないとか就職がとかそんな問題なんなのさ

こんな感じであったと思います。

人間は昔、自然界とともにありました。自然は厳しく、不治の病や、飢饉や、水争いやら、資源を求める戦など、なんとか人間は食いつないでいた。

そういった生きるのが懸命だった頃、その頃の教育は立派でした。ええ。今と言っていることは変わりません。

子供は生き抜く方法を知らない。親や先生や上司は、なんとか生き抜く方法をたくさん知っていました。だから絶対だった。

ぶんなぐられてしつけをされるのは当然だった。ほんとうに死ぬということが近かったから。

できそこないはいじめられた。みんなが生き抜くのに足手まといになる人物はどんどんいためつけられ、排除された。しかしなぜか現代のような魂を殺す徹底的ないじめは存在しなかった。

例えば芸能。ふつう人間は農業をやったり、ものづくりして生きてゆくものですが、そこで芸の道へ進むとは、いったいどれほどの根性でしょうか。思い切り人を沸かして、それでやっと収入を得るものでした。

だからその頃の芸能界の厳しさはスポーツでも今でも残っています。

しかし、現代はどうでしょうか。人間は自然の脅威に打ち勝ち、人間だけの世界ができました。

もう、生きるために、ハードなつらい経験は、必要なくなりました。そうしたら、必死に生きる時代の人間を鍛え、しごく教育が、悪用されだしました。

みんな、楽に生きていく時代、みんなエネルギーを持っています。人間から、労働力を吸い取る時代が来ました。

親や上司の注意は、まったく同じ言葉でも、生き抜くためではなく、自分が得をするための、自分が欲しい人間にするための、そういった目的で使われるようになりました。

いまわたしは、食糧を貰い、障害者年金を貰いながら、そうやってぶら下がって生きている意味がないような、虚しい思いをしています。それは戦争を生き延びる辛さとは、まるで違い、

私の親の世代までは、なかなか理解されないはずです。

そこで、この出来そこないの訴えを聞いて欲しいのです。今の時代、チャラ男やギャルが人の足を踏ん付けて勝ち上がり、協力も愛も無い、作ることがダサいようなクールな時代に、

現代のどこが間違っているのか、一番知っているのは、できそこないたちです。

日本人同士の苛め、つぶしあいの手法

いま苛めがたくさん起こっているが、まずその定義をしたい。

だが、現状のいじめを考えると、定義ができないのです。それは被害者が訴えたら苛めということにしかならないのです。

日本人の苛めはまず集団が原点にある。自立した知性である白人の哲学と違い、日本人は烏合の衆でありスズメのように一斉に飛び立ち、はぐれたら食われる。イワシもヨワシも同じ。

とにかくその集団で一番下のカーストの人間は食いたい。中学生の時■■先生が社会の授業でみんなの前で(ええ。私こそ■■先生がネタにしていた生徒です)

人間は猿と同じだ。猿は誰かをいじめないといけない。人間も動物なのだから、苛めはしょうがない。必要悪

ということです。中学の先生が諦めているのです。日本人は猿だったんだ。

その中で、一人の最下位をどういじり倒すかが日本人のテクニックの真骨頂である。

先生に訴えるとする。日頃からジャンプや深夜アニメ、青年誌で罵倒や悪のやり方の知識に詳しい生徒は、日ごろから口が悪いので、苛められっ子が訴えたことを、全て冗談で片付けて、先生ももはやそういう世代なので、訴えを退けることになる。

先生のいないところでやるのはもちろん、苛められっ子が一度自滅行動にでたら、それが最後。■■先生が

掃除用具入れに入れられてドンかん叩かれたら一貫の終わりだ。もうヘトヘトになって出てくる 治らない

今の中学生に良心はなし、あとで自滅反応が起き実際に入ったら実際にやられた。

漫画、アニメで罵倒表現に詳しい子供は、その罵倒表現をそのまま苛めに使う。フィクションの表現ほど面白いものはなく、苛められっ子にとっては大打撃となりうる。

また女子は狡猾で、同じ店に入って、万引がここにいますと、躊躇なく叫ぶことができる。一月程その店から離れていたら、その女子自身が、本当に万引き常習になって自滅した。

また妬みも非常に激しい。知能の差が収入の差になり、人生を左右するので、受験競争やそこから外れた人物とか、激しい精神的な応酬が起こる。ヤンキーではなく、体力も交渉力も学力もある、チャラ男が最強である。

また親と社会の奴隷になったガリ勉はいい仕事につけずに、普通の給料でこき使われ、暗い人生を歩むことになる。

先生は自主性の名の下混乱を放置する。戦後政策により、子供の心を書き換えてはいけないことになっている。それは心の教育であり、ひいてはまた戦争をやる教育だと。だが学者の想像を絶するMIND WARSは教室の中で繰り広げられ、戦争にかった子が、社会をまた支配し、平民を奴隷にする。

更に集団行動、集団責任は、いくらやってもうまく行かない障害児には恐ろしいマインドコントロールであり、極端に自分の株価が下がる。0になってしまえば、自殺をしなくとも、とんでもない暴走をして一瞬だけ教室の場を誰よりも支配し、皆を怯えさせ授業を崩壊させたり、命すら別にいいので、平気で特攻して、あいにく苛めっ子を未遂に仕立て上げ、無意識のうちに顔がむっつりしてキョドった行動を街でやって、街を廃れさせることもできる。更に宇宙や神に怒りが向き(以下略)

そして、いじめた方は、鈍感で何にも気が付かず、何故か何も罰も喰らわない。

実は対策は日本においては数少ない。逆説として、日本特有の、おどろおどろしいゲームをやり、おどろおどろしい漫画を読んで、精神を鍛え、罵倒表現に慣れ、自分がそういった汚いものを身に着けないと、まともに防衛はできません。

さもなくばオカルトに手を出し本物の魔術、例えば引き寄せの法則すらそうです、それに手を出して神社に行かないといけないでしょう。なお組織に加わるとか、占い師やイタコ=チャネラーをあたるとまた金銭を毟り取られる。なんと高額な本をひとつ買うことが近道らしい。

特に相手に罰を食らわせる魔術が重要で、恨みも憎しみもなく静かに「機械的に」エネルギーを反射するのが好ましいです。

更にはフィクションでありながらなぜか異常なリアリティを持つ、SCP財団のサイトを読んで、あらゆるミーム災害、認知災害、異常物品への無意識による防衛も必要でしょう。SCiP防御メガネはどこでうっているのだろうか?

日本人は烏合の衆であり集団が絶対です。集団が命の他の日本人と違い、おそらくこれを読んでいるあなたは集合的無意識から外れて、独立した自我を持っているはずです。これは一億総玉砕なんかになってしまったら一番強いタイプなのです。がんばりましょう。

もはや巷のヒットなんとかやトレンド、タイムラインは全く無視して、自分にあった漫画を買い、自分にあった音楽を探し、自分にあった本を買って、烏合の衆にはたどり着けない悟りを得ることもできます。更に自分で機械や絵やら作品を作り上げるという偉業もできる。