現代芸術や現代音楽はなぜめちゃくちゃカオスなのか

仲睦まじい夫婦は皆似ているが、ケンカする夫婦はそれぞれ違うという格言を見たことがあります。

美しい芸術は黄金パターンがすでに分かっていて、新しいものを作る余地がない。

伝統芸能、伝統音楽がそうです。ただ歌舞伎だけはスーパー歌舞伎の方が理解しやすいという長所があるといわれています。

だったら、おかしい芸術なら、いくらでも違うものを作れるので、そうなってしまうのでしょう。

見るに耐えない退廃的な現代芸術こそ実にいろいろで予想つかないものが生まれてきています。

聞くに耐えないエレクトロニカや最新POPはいろいろなものがある。

ここだけの話ですが、レディガガのファッションなどいくら何でもおかしいと思いませんでしたか?

あいつは芸能界にすくう悪魔への親しみが表に出た姿だという噂がある。ああなるほど陰謀論ね‥‥

また、現代オーケストラはなにか今までの美しい音楽とはまったく別の音楽の法則を探している気がするが、変なのしかできないみたいです。

しかしこのような芸術がマスコミにまで出てくるのは何が起こっているのでしょうか?

どうも、症もないものを高値で売りつけることをやりたいやつらがいるのではないかなと思います。

20世紀の初めごろから現代何とかが始まっていますが、どれもむちゃくちゃで理解しづらい。いったい何がしたいのでしょうか。

新しい綺麗な芸術のために新しい黄金律を探すにはどうする? それが今から本当にやるべきことです。

さいわいこのブログでおすすめのThom Brennanがいます。聞けば分かる「ビートレス」、散発的で非同期で音が出てくるのだが癒やされる。こんな音楽の作り方があるのね。

今までわかっている美しい音楽の作り方を突き詰めて、99%を99.99%にすると、感動は10倍100倍になると思います。それもやるべきだと思います。

素人の方がプロ歌手より歌がうまい

いまは、カラオケや学校の合唱会などで、いい声に育つ人が増えています。

商業CD、歌謡祭や歌謡コンサートと、素人歌唱王、のど自慢と見比べてください。

なぜに後者のほうがはるかに心を揺さぶるのがわかるでしょうか?

それは、どうしてでしょうか。

まず、プロはうまいものだという価値観が、感動を減らしています。これはわかるでしょう。

しかし、一般人にごくわずかに現れる達人の方がプロになってない、プロの方が心を揺さぶらないのは?

不可解デス。

次に挙げられるのは音質の調整です。プロの歌謡祭では口パクだけではなくなにか たぶんノイズリダクションを使っているが、

それが環境ノイズ、マイクの外の空間にあるノイズを減らしてしまい、電気信号を聞いているのに近くなるのです。

これは空間情報を奪い会場の雰囲気が伝わらずサラウンド放送にはマイナスです。

電車で周りの音を聞こえなくして曲に没頭させるためにある、音のない時間を埋めるコンプもよくありません。

生楽器とコンプなしと高音質でリリースしようものなら70’sの真似であることがすぐにわかると思われる情けない曲もあります。そのような曲が大手を奮っている。

会場のセットもあります。クラシックは楽器だけ、歌手だけですが歌謡祭はセットが凝りすぎていて集中できません。しかしセットを簡単にすると飛び入りで見てくれる視聴者が減ります。

最後に歌詞。素人歌唱王は70’sや80’sを歌う傾向にあります。聞くのに心の準備のいる大きな言葉が入っています。なかにはむかつく歌もあります。

今の歌は哲学より単にウケがいいように作られている可能性があります。ヒットすることが楽しみになっているスタッフがいるようで。

? 何か、いい忘れている。そうだ。本当の達人がなんでプロになってテレビで宣伝されないのか?

こればっかりはわかりません。ひょっとするとヒット歌手の大半は達人の一歩二歩手前で、本物の達人が現れると食い扶持を失ってしまうのでしょうか?

また仲間を同じプロにする傾向があるのでしょうか?

また、今は未熟な若い人にだけターゲットを絞っていますが、そうすれば派手で下手でもいいと考えられる。それにしてもなぜ?

なにか、大衆みんなに本当に素晴らしい音楽を聞かせては、いけないという決まりがあるのでしょうか? もしそうであれば愚民化である。

続きを読む

ヒーリングミュージックはThom Brennan、不眠症にも効果あり

Thom Brennanは普通の音楽とすごく違う音楽を作るアーティストです。

まず、リズムが非同期です。人は「ビートレス」といいますが、ビートがない、もしくは「可変ビートレート」ともいえます。

ビートの制約から抜けることで、音楽は時間的なものから空間的なものへ進化します。でたらめな音楽とは違います!

高い波動とよく言いますが高音が多く、5kHzに近い音も入っていることがあります。

そして、聞く者を浄化する、まるでこの世のものとは思えない高次元な音楽なのです。

シンセサイザーを使っていますが普通のアーティストが絶対生み出さないエッジの無い穏やかな安定している音色ばかりです。

どんな人でもすぐにわかります。どれだけ高次元な音楽か。どれだけ癒されるか。そして眠くなってしまう人が多いです。

イージーリスニングではありません。毎日聞くのには精神が「耐えられるか」。

非常に高次元の音楽なので、逆に煩悩が苦しいと叫びだしたり、衝動が起きたり、メタルを聞きたくなったり、買ったけどほとんど聞かない、そういうこともありえます。

もしくは、そういうことがない人の多くは、眠くなってしまうのです。寝てしまうため、聞くのをやめます。

つまり寝る前に聞くのが一番いいということです。

彼のアルバムは普通の店には置いていません。どこのレコード会社に所属しておらず、CD-Babyというサービスで同人CD同然の出し方をしているからです。

AmazonとiTunes Music(日本のStoreで充分)から買うことが出来ます。

購入した後注意するべきなのは、音量0で始まり30~100秒かけてやっと音量が最大になる曲が多いので、音量が足りないといって無闇にボリュームをあげないでください。

ヘッドホンで聞くときにはどうも音量を少なめにするとよい様です。まわりの音が聞こえるぐらいでも構いません。

このAmazonとiTunesで買える彼のアルバムは、20年以上たっても、10ぐらいしか出ていません。

”Silver”は、初心者にもっともおすすめのアルバムで、白樺の森をイメージしているのでしょうが、柔らかい音と空間波動で癒されるのです。

しかし、Part 4だけは雰囲気が何か違います。Part4だけは禊のような感じなので、癒しというより強烈な浄化です。その後のパートは、エネルギーが静まっています。

”Satori”は、日本語の「悟り」がジャケットにうつっているようです。

なんと71分で一曲です。壮大なエネルギーの流れが1回だけの休憩で続けてながれます。それがほんの少しですが、人間を覚醒へと導きます。

まともに71分聞く前に、眠くなる、もしくは心が耐えられない、中断するのが私も含めてほとんどのパターンだと思います。もちろん途中までだけでも価値があります。

うなされてどうしても寝れない人にも効果があるでしょう。

”Beneath Cloulds”は、とにかく同じようなリズムが繰り返す曲がのっているアルバムですが、YMOなどは全く繰り返すのですが ちょっとづつ展開が進むので、聞ける人は結構聞きやすいです。

ほかにもいろいろな世界がいろいろなアルバムにあります。上の三つのアルバム以外は低音ももっと出て、もっと深い世界に入るので、聞く人を選ぶでしょう。

しかし、まずは”Silver”から、広めていただきたいと思います。

じつにマイナーなアーティストですが、私は多数の人におすすめします。

J-POPは所詮ビジネスだからすぐに飽きて心に残らない

アメリカ:脳を操作する曲たち

父が、アメリカの有名歌手のマドンナにはまっているのですが、どこがどう魅力があるのかわかりません。

こういう曲はマドンナに限らずアメリカでいっぱい売れています。

心に残らないので、聞いてみると、『頭に残るんだよね。』

どうもアメリカはミュージックでもマクドナルドのやりかたしているのかと。

マクドナルドって、身体が求めますよね。

そんなに高級でもなく、そんなに感動しない。なぜか頭が味を覚え求めている。

無意識をうまく誘導することに成功しているようです。

マックは安さと高カロリー、調和された味で肉体の持っている欲を引き出しています。

今のアメリカのヒット曲やアムロもどうもCMか何かみたいに変なリズムが繰り返す。

でもこの戦略をしている限り最高のものは出ない。

マクドナルド批判サイトなどいくらでもあるので見てみて、比べてみてください。

更にいうとそういう歌もアメリカでは時代遅れ? ADELEとか弾き語り。またネットからヒットが出る時代。

日本:既存のヒット曲たちをまねする人のこといえないアジア根性

ついにJ-POPジェネレーターなる歌詞自動生成サイトが生まれたような定型パターンの歌詞や

また次の展開がまったく予想がつくありきたりなメロディの作り方(王道進行で検索)

マスコミやCM起用などで強制的にヒットに誘導する戦略

もはや歌ではなく顔や体型で勝負

なので、いい歌なんだけどすぐあきます。そんな歌自分は元から求めません。

楽していい歌を作れるテクニックを持っているので、100%苦労してないのかもしれません。

過去のノウハウとか成功例だけでは革新はできません。

(じつはK-POPにはまだいいつくりかたしていた日本の80年代をよく意識したとしか思えない歌がある でも彼らも楽だね。)

そうして、そういう歌しか宣伝しようとしないレコード会社もおかしいです。それで今まで売れたのだったら日本人はなんなのでしょう?

また 演歌は、何で今主流になれないかというと、時代が過ぎたとかという理由だけじゃなくて、

先ほど言ったレコーディングで歌手のうまみを引き出せていないという理由がある

(本当は演歌歌手はポップよりかなりの実力)、

もうひとつは

侘びさびが日本の伝統文化なのに無駄に飾り付けていることがあると思います。

このことは昭和20~30年代の歌謡曲のオリジナルを聞くとわかります。今でも通じるのは「コーヒールンバ」

後、凝り固まって自由じゃないところがあります。

また、演歌、歌謡曲については隣の国と、パクリではなく共有があるらしく、実はハングルで歌うとぴったりと推測しています。

またどうして、女子十二樂坊ははやったのでしょう? あんな古典アレンジ日本に出来ますか?

日本でも東儀秀樹なんかはかっこいいです。でもあのインパクトはすごかった。

また演歌はうちで聞くのは過剰ですが、実はコンサートでは感動するかもしれません。

(中学のとき、うちの中学にコンクール優勝の高校のブラスバンド部が来てジャズとかとともに演歌をやりやがった 大迫力)

韓国:現代アジアに広まるK-POPだが?

それとK-POPのほうが、たしかに今のJ-POPより良いかもしれない。

でも、K-POPは単に綺麗だとかかっこいいとか可愛いとかを目指しているような気がする。

それは、80年台の日本の家電や車と同じようなものでしょうが

人はモノじゃなく、歌は単なるプロダクトじゃない。

単にかっこいいだけではなくて、個性と、ポリシーが必要と思います。

そこで出てきたポリシーがケツ振りMVとは、尻が軽いもので、日本のネット中で話題になったのが2日だけです。

あげく以前このページで褒めたWonder Girlsは飽きたら最後、どうしてこんなにくだらんのにハマったのかわからん、懐かしいと思う気も失せます。

本当の韓国の歌はK-POPではありません。テクノトロットやテクノポンチャックは凄まじい精神作用があります。疲れさえとれます。当の韓国人からしたらとても恥ずかしいと。だがいくらYouTube動画を消されてもまたアップロードされますからね。それも日本語タイトルだからカタカナで「ポンチャック」で検索すれば必ず出てくる。

大体共通することは?

どんな歌がはやるのか、賭けをすることがなくなってしまったのが原因です。

レコード会社も一流歌手も膨大な利益を得て、楽に生きることから抜け出しません。

そのために売れるパターンを繰り返し過去からしかアイデアがないPOPばかりです。

AKB系はまさしくその路線+ファンの煩悩を最大化する作戦であり、秋元康がAKBはLinuxでありたいといったのがとうのLinuxユーザーに相手にされない。

AKBはおそらくランキング独占を主眼に置き、Windowsもシェア独占を主眼に置きました。それをごまかすような発言でした。

芸術性を主眼に置く歌曲と違う、そうしたものこそ、まんまとランキングを独占してしまう、民衆の浅はかさに驚きます。

挑戦は絶対に必要です。同じことをしては飽きられるときは必ず来ます。

それから宣伝してもらえるというのは噂によると利権であり、秘密結社か在住外国人が考えられます。

誤魔化しのきく録音方法の開発

ビートルズから始まった録音の方法があって、各パートをモノラルで録音して電気的に音を混ぜ込んでマスター音源にします。

クラシックとジャズ以外はこの方法による録音が主流ですが

これによる利点は場所をとらないことと各人の一番いい音を取れて時間が稼げることです。

どうも演歌、歌謡曲や癒し系など、ぬくもりの大事なジャンルの音楽までこの方法でとってしまうと何か変な感じです。

それから立体音場成分もなくなっているのでYoshii9のような音空間をうまく操るスピーカーもサラウンドも本領を発揮できません。ライブ音源のよさもありますよね。

ドラムスの音をモノラルでとっちゃったりするとほんとうに変です。

また、スタッフは小さい音と大きい音の差をちぢめる装置をよく使っています。年寄りの方はdbxをかけたまま売り出していると思ってください。

これによって自然に音が大きくなりますが繊細な差や生命感は失われます。音質も良くなったように聞こえます。でも、電車の中では聞きやすくなる。

これやBBE(古いか)などの聞こえを人工的によくする装置も使われています。

さらに音痴をスタッフの操作で直す装置も存在します。取り込んだ声の音階を自由に変えられます。

Autotuneというコンピュータープログラムが主流です。

自然にだけでなく無理やりにも変えられるので声の高さがいきなり変わるケロケロボイスがこいつの仕業でしょう。

ええ、もちろんきれいな声に直すのもすごく得意と言います。

だがしかし、本当に実力のある歌手にこれらの「努力」はまったくもって無駄であり、スタジオライブ収録にするべきです。

打ち込みといって楽器の音をシンセサイザーで作ってしまうこともできます。もはや主流ですがこれも実力ある歌手には合いません。

食で言うなら、人工調味料、添加物です。

今聞いている声が本当の歌手の声とどうどれだけ違うかです。

よくあるのがそこそこ以上の歌手の場合CDよりライブのほうがよほど綺麗に声が聞こえるというものです。

(でもperfume、capsuleはコンセプト自体が全く従来の歌と違うから許せないわけじゃない)

それになんか歌って表現するものでしょ、でも歌手が表現するというより劇みたいな感じになっていません?

AKBはまんま劇場持っていますし。

なぜ歌は若い世代が流行らせ、若い世代だけが先を行くのか?

万人が歌を求めているのに、若い世代に買われる歌がヒットするのが常です。

しかし、このページを見ているあなたは、そう音楽が退化しているのがわかるでしょう。

私の説はズバリ FMラジオ テレビ 雑誌など、メディアが一番退化した歌を盛んに宣伝するからです。

最近指摘される、「報道しない自由」により、いい歌が隠されて、なかったコトにされるのです。

そして、それらを必死で探す音楽マニア、マスコミが伝えないものはみんな知らないため、わかってもらえない。

オーディオも相当高い割に、そのチューニングは真の音質でなく気分で決めているようなものでしょう。それらに気を取られ、金を食われるわけには行きません。

真に科学的に音質を極めるのは、スマホアプリでドルビーのBoom、またスピーカーはタイムドメインもいいと思われます。サラウンドヘッドホンは低音を加えヘッドホンの音に前後を持たせてくれます(Boomを使えればいらない)。ポップ、ロック、ラップあたりはBOSEが程よい値段もあって定番です。

最近の退化した歌は歌詞のパターンが決まってきました。若者はそれに心を扇動され、恋に落ちて悩み、真っ直ぐで引き返しができず、やがてJ-POPの励ましがあまりに頼りなくて音楽をきくのをやめるでしょう。だが音楽を探しまくる道に進み、悟りを得ることまでできます。

総論!

いまは、どういうコード進行がいいかとか、どうすれば効率的に(ひょっとして楽に?)人の心を揺さぶれるかを考え、マスコミと絡んで消費社会や支配者の望む社会を推進しているようなところもあり

(この辺はグローバルな目で見るべき)(賢い人がたくさん居ては支配ができないという愚民政策)

ヒット曲に芸術性はだんだんなくなってきて、わざと、最初強烈な印象を与え、買うとすぐに飽き、(それもCD買った時点とか)また別のを買わせ、深みのある音楽から遠ざけるリズムの塊を作っているのでしょう。

ほら歌手の実力は若者が興味を示さない80年代アイドル、さらには歌謡曲歌手の方がどう見ても上だという 奇妙な事実。高尚なものから人民を遠ざける作戦が聞こえそうです。

まったくです。

AKB48がわからない人。ジャニーズJrがわからない人。私も同じです!!!

VOCALOIDでの自作の歌曲の人気が爆発するわけです。

VOCALOIDの滑舌は完璧ではなく、調整されたJ−POPの声より劣るのに。

多種多様な曲が現れ、ただで聞けるのでのめり込む人が出ています。

本当はそれだけJ-POPの方が質が落ちているという事だと思います。

じゃあ、何がお勧めだって?

あまたの数ある個性。

あまたの数ある曲。

本当に自分にぴったり合った歌手、曲を探してみませんか?

ネットがあれば後は根気です。

いかなる音楽の分野も探って聞く価値はあります。ランキングに絶対出てこないジャンルも有ります。iTunesで「ワールド」というジャンル、なにそれ?

いかような人間にもそれに応じた音楽はどこかにあります。たとえばめちゃくちゃなのが大好きな強烈な人間なら「現代オーケストラ」がいちばんめちゃくちゃです。テクノでは冨田勲のバミューダトライアングルの右に出るものがでるか?。

iTunesなどで、「このアルバムを買っている人はこれも買っています」とリンクが出るでしょう?

あのリンクをクリック>試聴>またリンクをクリック>と奥深くまで入ってゆくとどうもそこに自分にあった音楽がだんだんでてくるみたい。

自分に合わないアルバムが出たら前のページに戻ったほうがいい。

本当に自分にあった曲は、自分を助け、更なる向上へ導いてくれるはず。

頭、エゴが求める曲ではなく、そうふつふつとこれを買うべきだという思いが出てくる音楽を求めましょう。

(自分の聴いている曲について) 続きを読む