#さらされ はひどいエネルギーに晒される映画

警告:映画「さらば青春、されど青春」を見てからひどく体調が悪くなった。

歯がとても痛い。手術したはずの親不知がまたいたんできた。顎も痛い。再手術もまた痛い。

変な方向に親不知が成長して噛めない。あの映画には死のオルゴンがあるのでくれぐれも笑い飛ばしに行くだけにして感受性の強いアンチは絶対に行ってはいけません

もし行ったなら、映画を全部見ないと呪われます。途中で出たのが悪かった

更に警告:大半のアンチには脚本もうまくない脈絡も途切れ途切れのただの教祖の大げさな美化だと受け止められるでしょうが、言葉の羅列そのものに意味があり、意味不明な脚本に何か脳を操作する多重の手口が施されている可能性があります。メディア界隈はこういったものに強く、本気を出せばさすが監督です。

魅力がないどころか人と付き合えず本の多読に逃げて哲学書を超速読して悟った気になっている成績主義でマウンティングしまくり宗教リーダーという人の心にいくらでも介入できる夢を目指すめっちゃキモい人柄で、ただ話を聞いただけではみんな吐き気がする人生の映画を

如何にして客に見せるのか、客を釘付けにするのか、席を離れさせないのかという手法は高度な精神操作テクニックでありテレビドラマの監督が本気を出せばいかようなあらすじでも全部見ないと逆におかしくなるぐらいのミーム災害を引き起こすことができるわけです。

いやどんなにおかしくなっても全部見てしまうのが狙いかもしれません。

参考文献:加藤諦三先生の「やさしい人」 を読めば、なぜ中道真一がみんなに嫌われるか、なぜ #さらされ が胸糞悪いのかよくわかります。それはそのまま教祖の性格です。

広告

幸福の科学のアンチは自分を振り返るべき

最近、私は世間のいろいろな情報を目にして、まったく文句ばかりだし、

明るい情報は人間がとても扱えるとは思えない宇宙的ハイテクばかりで、

どうも気分がおかしいと思っていたのですが、実に私がおかしかったのです。

こう自分が上から目線でネットで文句たれて、周りがおかしいってネットで騒いで、楽しいものではなくなった。

だってそれは誰かをやり玉に挙げてたたくとか陰口をきくのが日本人の日常だし、だからマスコミが政治家をつぶせるのでしょう。

いや、幸福の科学の問題というのはそれだけの問題ではなく、むしろ一つの組織に日本のいろいろな問題の多くの例が見て取れるのです。

それは妬みとか、出世つぶしとか、会員=同僚で喧嘩とか、金を巻き上げるとか、うやむややなかったことにとか、うつ病とか、うつ病をごまかして魂が消えてこれぞロボット工学とか、毒親エリート教育で成功者の裏に多数の精神崩壊した子供とか、派閥争いとか、得意な人にバトンを渡さずに出世バトルとか、どんどん予算が増えるとか、ハコものとか、あげく兵卒は一流将校は三流でしょう。そして日本の幹部職の得意なことは、結局経営能力ではなく、人の精神を使いつぶす力や、敵(しかも特に親しい人)をぶっ潰す力だった。

どうでしょうか。幸福の科学を抜け出てさえ、世間はまだカルト集団の考え方で動いていたのです。これが日本です。そして気が付いたらアンチもそういったことに気づかないどころか、自分も一緒になっているじゃないですか。

どうせならだれもまだ文句を言わない日本国民全員を批判して、日本を正そうではないでしょうか。そう、子供のころからまともな人権が認められる国へ。その時期はもう来ているのです。

例えば根性論です。あきらめて違う道を行くことすら許されません。出来損ないを死なせたり、体の限界まで修行するとなんと自分の魂が消えて、何か達人の魂が入るのです。襲名とかもこのやり方からきている。しかし達人の魂、結構な荒神だったりして、周囲や社会はよくならず自分の魂はいつの間にか死んだ状態で ここはどこだ 私は何をやっていたのか記憶がないって 日本人なら少なくないでしょう?私はただのシャーマンだったのかと。日本の精神的な伝統にはほんとうにこれからも受け継がれるべきなのか疑わしいものがいくつかあります。

もう一つ。中国や韓国、更に北朝鮮を盛んに非難しているうちに、彼らはすごい力をつけて来ました。日本人が受け入れたくないことに、彼らは自分自身がクズだとわかっていて非難を全部聞いて反省し始めたのです。儒教まで手をつけているでしょう。

もう間もなくです。日本は洗濯されるのです。かき回されシワシワになるのです。干されるのです。汚れは落ちるしかありません。今までの日本はもうそこにはないでしょう。違う文化、違う国なのです。幸福の科学アンチはまさにそれをもたらしにやってきたのです

 

私からの幸福の科学への批判はそろそろ終わり

これ以上批判記事を書くと危ないし、みんな、幸福の科学とは一体どんな宗教なのかもう知っていると思われるので、

そろそろこの次元から抜け出たいと思います。

2017/12/30 結論

こういう年末の節目に 古い神の振る舞いを結論づけたい。

大川総裁はもともと、やはり神なのだと思う。しかし、どういう神なのか。

つまり人間は自分のための存在だったと言うこと。愛なんてない。人間を強い態度で生かさず殺さずに使いまわす神だった。

で、生まれるときも、そういうやり方をして人間を使いまわすように、

醜い姿に生まれ、コンプレックスを植え付け、逆転で人間を支配するように育てろと父に命令し、父はそのまんま実行したのでしょう。だから本当は父親のせいではない。

しかし、もう総裁がこの世でやっていることは、単に威張り散らし、人間から利益を吸い取ることで、霊格はもうどうでもよく、そういったことをしていればいいだけの高級霊の特性もない存在です。

神としての能力も封じています。自分がどんな醜い姿、能なしであろうと、人間からの絶大な愛を求めて、叫びまくっています。

もう、人間が賢くなった日本で、われこそは神だと叫んでも、ハコモノを増やしても、金を集めて豪華な精舎を作っても、それだけで人間は見向きもしません。人間が求めていたのは、やはり神の偉大さであったのです。

そして自分の大事な財産であるたくさんの人間を傷つけて魂を殺してしまいました。まあ一向に介さないと思いますが。

大川総裁は今生は神として自分を地獄に落とすようなことをしてしまったと 結論します。

そして幸福の科学アンチの皆さんから、より進んだ精神で自立した自治を地球で行う、人間の新たな一歩を踏むべきだと思います。

またネットのどこかで指摘があったはずだが、宗教ははじめはカルトだがだんだん丸くなって社会に浸透してゆく説があり、

さらに大川総裁の、毛沢東はあのような政治をしたが絶大な尊敬をされているために天国に行ったという説を重ねると、最後には絶大な尊敬を集めてあの性格で高級霊界に上がろうとする作戦でしょう。霊格ができてからにしてください。あの世の世間も甘くはありません。

緊急:インターネット独裁者大川隆法のはじまり

彼については気味が悪いことがあります。

どんなに社会的な地位の高い人物に対しても、「守護霊の霊言」をとって、なにも裁判されないこと、芸能プロから清水富美加をまんまと奪ったこと、

これについては、2ch宗教板、告発だけは本物が出てくるこの板で、おてんば私立学院総長なる固定ハンドルの発言が気になります。

つまり詳細については墓場にまで持っていくが実は相当な権力者であり、だれも裁判を起こすことができないと。

また以前の記事で書いたが、昔あったサンフランシスコのサンノゼ支部におぞましい姿の金像があり結社からの借り物だと説明されたという報告、HSU祭でピラミッドの下にバラの絵、

また批判者、特にカルト宗教ウォッチャーで名高い、藤倉善郎氏の幸福の科学関連の記事が選りによってGoogleのBlogspotとTwitterで突然削除され、誰が削除依頼をしたのか、その法律でのまともな理由も何も語られないこと。

追記:幸福の科学出版が出している雑誌、ザ・リバティ 2017年10月号において、大川は これから、独裁者がどこから現れるのか、はっきり言っています。そしてこの削除騒動において、大川自身がその独裁者になることを、はっきりと宣言したのです。

所詮、支配層がやめてしまえば、(もしくは平民がみんな無視すれば)どんな政治システムも変わってしまうものです。

そのうえで、大川隆法氏の権力がいよいよ表に出て、民主主義も三権分立も全部なくなってしまう、全部彼のやりたい放題になることを恐れています。

しかし彼には没落の法則があります。GoogleにもTwitterにも何か変化があるだろうし、

それにくわえ、どういう場合でも 平民が受け入れなければ、新たな政治システムに移行するのは絶対に無理です。本当の神と日本の神とともに ぜひアンチのみんなで頑張りましょう。

独裁webサービスから逃げ出そう

また、インターネットには多様性があり、検索エンジンも、ブログも、SNSも複数あります。ひとつの会社のサービスに依存することをきっぱりやめられるということです。

そういった幾つかあるサービスの中には、ある程度プライバシーを重視し、削除する記事を人がしっかりしたポリシーで選んでくれるところもあります。TorやP2Pなどの完全匿名なものは、犯罪者が多く使っているので逆に警察に目をつけられます。

また、自宅にサーバーをおいて、そこでサイトを運営することもできます。記事を削除するかはアナタ次第になりますが、サーバーのセキュリティ更新とDoSアタックからの防御は欠かせません。dynamic dnsというサービスを使えば、面倒なドメイン名の手続きがいりません。

ドメイン名からサーバーの場所を引いてくれるDNSは色々と検閲されがちですが、uncensord DNSというサービスでは、Bitcoinで寄付を募りながら、無償で検閲なしのDNSを実現してくれます。

更に自分のパソコン自体も武装しましょう。Windowsを脇においてLinux(できればUbuntu以外)を導入して、企業が作った、裏で何をやっているのかわからないプログラムを避け、ネット上のみんなで作り上げたLinuxの潔白なしくみで、プライバシーを守りましょう。実は企業がLinuxを使って、自分のサーバーのプライバシーをガッチリ守っています。

HSU卒業生の末路について

HSU卒業生の進路がないとは思っていません。幸福の科学の法理論はだいたい秘密結社系の流儀です。薔薇十字会のブログを見てください、何処かで教わったような理論ですから。

人工知能に命はないとか、かなり細かい部分まで似ていますね。ここまでになると多読によるパクリだけではないはずです。

同じ価値観を持っている人は採用しやすいのは当然です。

その結社のどれかはまだ確信がついていないが、コネで、とくに世間から隠れるべき企業にすすめる可能性があります。

例えば未来産業学部の人は、最近の共同創作サイトで警告されているような、人類にはまだ早すぎる危ない装置を作る仕事をするかもしれません。

私は人民に必要な技術を与え、それ以上は与えないことを目指しています。

大川隆法は本当に釈尊や仏ではないのか()

私は幸福の科学の信仰をやめようとしているが、どうも引っかかることがある。

無意識がどこかで幸福の科学や教祖のむごたらしい話を聞いて腑に落ちないのです。

本当は大きい存在ではないのかと思ってしまうのです。どうも疑問が抜けていません。

だがネット上の論者はそのへんウルトラC発想しているので落とし所が見つかるはずです。

本当に釈尊ではないのか

ブッダは信仰心ゼロだった…神様も輪廻転生も、ましてや仏教すら信じないってご存知でしたか

ジャブとしてこのサイトから。ブッダは実は極端な現実主義者で、あの世も神も輪廻も無視する人間であり、後世の科学者のような世の中の捉え方をしていたとあります。

アンチになればわかるが意外と今の大川さんがこういった価値観で生きていても、まったくおかしくない。教団運営はソビエト的であり左翼用語を多用し、平気で芸能人、挙句天皇にさえ勝手に霊言を取るし、金は集めるは神だからってふんぞり返っている。

仏教の開祖・釈迦牟尼(ガウタマ・シッダールタ)の勘違い

このページこそまさに一刀両断です。ブッダは人の情けなどなく平気で家族を捨てていいことがあっても子供ができてさえ悩みが増えたといい、なぜか自分の家族を悟りに導いたのか、それともどうなったかのが仏典に載っていないとか、

スッタニパータの教えもまとめると人生でやるべきことをほうり投げ、執着を断つと言って心を空っぽにして何も感じないようにする、ちょっとでも興奮することを避ける、挙句異性を全部断ってこれが現在まで続いている仏教の汚点です。無我ってなんでしょうか。実は本当に虚しい存在に退化してしまうのではないでしょうか。

そしてそんなブッダがたくさん人を率いて托鉢に回って社会に参加しないで一人頂点に立っている。なんか自分が楽をする努力に関して、異常にうますぎます。

またネット上ではチャネラーが大川さんは過去生で異性を蹴っ飛ばした反動で異性に飲み込まれるぐらいになっていると言いふらしたり、

シルバーバーチのサイトでは釈迦はそんなに霊的レベルの高い人ではないよ、と断言されたりしますね。

こんなのが本当の釈尊なら大川さんの過去生でもありえなくないでしょ。

後世の弟子たちも仏教の歴史で欠かせないですが、むしろ彼らこそが新解釈により仏教をより美しい真理に改良していったのです。だから私はいま勢いのある真如苑が400年後カルト色が取れて伝統宗教扱いになる未来はありえなくないと思っています。

本当に神ではないのか()

大川隆法=ヘルメスはネット上のアンチでかなり支持されている説です。その訳は愛は風の如くではないギリシャ神話を読むと見えてくる。

大川さんは自分に波動の合う存在の霊言なら結構当たるのです。

その一人がおそらく金正恩だとされていて、北朝鮮に監視されているから、もうそっち方面の霊言を取らないという説があるのです。金正日は特別列車の中で亡くなったと発表されるが、CIAはそんな列車は運行されていないと(おそらく衛星写真で)知っているという記事があるぐらいですし

確か彼はアヌンナキだと自分で言っています。神を殺して自分が一番になった神と言われているが・・・

とにかく近年の霊言を見れば彼自身がレプティリアン系ではないとはもう言い切れないです。地球の自然界の神ではなく、植民の神なのです。だからえらい。

それから以前の記事で書いたように、エル・カンターレの波動はどうも天狗の上流かもしれないと感じています。エル・カンターレへの祈りが始まった途端に高尾山の波動に似たのが降りてくるのです。ここらは天狗とは何かを調べないといけません。鞍馬山の魔王尊とかなにか臭いですね。

とにかくこの記事を見ていただければ、大川隆法こそ正当な主宰神であるとともに、祟り神であり、人類を自由にこき使う神であることがわかるでしょう。

本 当 は 恐 ろ し い 、 エ ル ・ カ ン タ ー レ の 天 上 界

「人間をいじめる神」 ~エンリルとアヌ(エル・カンターレ)~

エル・カンターレは、全人類を見殺しにした? ~ノアの洪水の真相~

他にも上記のブログには近年の霊言から読み取れる濃い話がいっぱい。天上界が計画した原爆投下とかもうね。陰謀論みたいだがもはや全部神のせいになっている。こわい。神とはやはり神話に出てくる癖のある性格そのものであったのか??そして全てはエル・カンターレの責任であったと。

もうこれからは人類と心ある高級霊とともに平和的に地球文明を運営してゆきましょう。

#ああああああああ本当にやばいことをかいてしまったなあ・・・ 何が起こるんだろう

#キリスト正教会と神道はかなり正統性のある宗教のようだ

大川隆法の著作が簡単にわかりやすく理解できる理由

私は清水富美加さんの事件が終わってもまだアンチを続けるつもりですからね。

で、肝心なことを皆さん忘れていませんか?

大川隆法の著作ってみんな心の底で知っているような当たり前っちゃ当たり前っぽい

かんたんなことを書いているし、しかもレプティリアンはレプタリアン、あくりょうをあくれい、などと用語をかんたんにするし、これは大事な教えだと主張する代わりにかんたんに書いておわり。

いや、小さい子供にとって結構読みやすい本なのですよ。小6でも読めます。それで成功理論がわかる。

でも、実践できない教えがある。極端に現実を無視する何でも思い通りになるようなプラス思考や、人生の悩みをかんたんに片付ける教え、小学生でも全貌がわかる単純な教えの世界、最後は信仰、それも大川隆法を信用しなさいよレベルの話。

それってなんでしょうか。

当たり前のいいこと、みんな知っているいいこと、全部大川隆法の本に書いてある。これは信者の脳に大川隆法の考えを受け入れさせる方法なのです。

信者の脳はいいこと、みんな知っていることがいっぱい書いてある本は悪い本ではない、むしろかなりいい本だと思ってしまいます。ただ仕掛けがあるとおもうのです。その本の中の、行間、わずかな一言二言、何が書いてあるのでしょうか。それは自分で考えるのをやめ本に書いてある考えをやるようにすること。

そして、みんな知っていること以上の素晴らしい悟りが書いてあったことはあったのでしょうか。

大川隆法のオカルトの話はとても魅力的。しかしそれらを覚えるに連れ、どんどん周りの認識と違って、どんどん信者だけの世界観にハマって、周りの友達いなくなるよ? それが正しいことだったとして、この世で知ったところでなんになるんだい?心の修行や成長につながる教えなのかい?TOCANAやセキルバーグや月刊ムーやあげく週刊誌みたいじゃないの。あげくわたしなんて未だに永久機関の研究やっている。できるまでのたうち回るよ!

そう未だに残っているサクセスNo1のきおく。私の後代のみんなが持っているだろう「サクセスNo.1」の精神を読んでみます。

いいことすごくイパイ書いてあるね。しかしここに書いてあることをまともに100%実践したら多分精神が潰れてしまうんじゃないのかな。悪いことをしてはいけない、勉強しなさい、いいことです。

しかし一点の心の余裕もない。つねに想念に気を使い、悪いことはぐっとこらえ、できない勉強もできると思いこんでやらないといけない。悪い思いを出してしまうのが自分。もはや自分であることをやめないといけない。自分の心を殺さないといけない。自我力でやるなと言われたでしょう。

周りがね。世界情勢そっくりだけれど ずるがしこくて いじわるで 暴力も 暴言もはいて、自分の利益を求め、自分を押し通そうとしているときにだ、一人で自分を消そうとしている。なにもそういった人に言葉でやり返せないまでに。そうして、まんまといじめられるんだ。

いつも成績優秀だけれど なにかこういう材料で好きなものを作ってくださいという授業は0点だね。感想文も苦手かもね。まるで何も思いつかないもの。だって人の言う事聞いて従うことしか知らないから。さらに家庭科も苦手になりかねないし、さらに日教組の日本は戦争で世界を破壊した悪い国です、永遠に記憶に残し、償いましょうというとんでもない鬱教育を受け入れて、自分の心まで焦土になりかねない。

そして守護霊の概念。私の場合自分の心を殺してしまったから偽守護霊に入られて人生のあらぬ道へ進んでしまう。究極には自分しか自分を守る人はいない。自分を消したら即なにかに入られるんだ。

そう、こんなに自分を縛るのは、「神そのもの」です。神を潰したくなるぐらい精神が荒れ果て、悪いことを必死で我慢しているつもりでも もはや絶対に周りに大迷惑かけている。逆にこんなに自分の心を縛るのは神などではないと思ったほうが悪想念がかなり減ってくれるものです。

精神をこじらせて 祈願や研修を受けさせ、障害持ちになってもハッピースマイルクリニックとユーアーエンゼルで囲い込みですよ。多分そこでも一点の心の余裕もないんじゃないの?さらに大人になったらプラスお布施だよ?年収750万はないとこの宗教はやっていけないと言われているんだよ?

幸福の科学の信仰なんて適当にしようよ。悪いことをたまにやっても、この日本はちゃんと処罰があったり人とぶつかって喧嘩して成長できるようになっているから。逆に自分のすべてを我慢するとエルサみたいにすべてを凍らせかねないよ!幸福の科学まで、もちろんそのトップまで凍るよ!

そして気が向いたら神社に行こう。日本の神は一つの国にしかいない神にしてはとても優れている。他の国の神はあんなに清々しい雰囲気はない。なんせ幸福の科学の精舎は目に目に映る豪華な作りだが霊波動が「ない」から。

幸福の科学の頑固なところは現実を見ないことだ。今のオカルト系の本流スピリチュアリズムではグラウンディングといって足を地面の波動にする技まである。現実に足をつけて力強くあるけば、どんなに無能だろうと道が開ける。幸福の科学は現実で何度も負けている。

自分も他人もたまに愚痴をこき悪いことをする現実において、どのような信仰生活を送るべきか。それがわかってくると、大川隆法の本の間違いが見えてくる。正しいことばかり書いてあるはずなのに、やってみるとどんどん自分も他人もおかしくなる。幸福の科学からしたらゆるいぐらいの努力が一番実績を上げ、心を確実に成長させる。

気が向いたらでかい公園に行こう。バラ園にも行こう。こうえんつながりでライブに行こう。博物館にいってわけのわからない昔の機械で興奮しよう。そして伝統的な大きな寺社に行こう。檀家さんが集まって作った大きな立派な寺社。この波動が本物の信仰だ。

博打ならパチンコ競馬宝くじ株はだめ。ハードオフで安くジャンク品を買ってそのまま、もしくはかんたんな修理で使えるか賭けてみる。そのあたり確率は大したもので直したものをヤフオクで転売するせどりという職業まである。それでも年収は750万行くわけがないけれどね。

幸福の科学の精舎に潜入

[WARNING]会員から見ればおかしなことが書いてあるはずです。私と同じ感想を持つには、何も自分から決めつけず、決められた感想を用意せずにそのまま感じることが必要です。それでも光を感じるのが本物の宗教施設ではないでしょうか。

会内アンチなので親にスケジュール組まされた理由で某正心館に行くことに。

久しぶりに乗った新幹線が早いのなんの。かわいい0系はとっくに過去のもの、靴みたいなN700Aはあっという間に加速してカーブでも一切スピードを落とさない。たったこんだけのじかんで?日帰りでも行ける時間が長くなったね。一方の幸福の科学はエルカンターレ宣言の直前がピークだったね。

正心館の波動をスペクトラムアナライザのように測定解析してみます。今回、何も自分から決めつけないでやる。

建物の雰囲気がとてもよくて、すがすがしいです。そういう雰囲気を味わっているうちに時間が過ぎてゆく。過ぎてゆくと波動に慣れてゆく。

あれれ。 いつのまに波動を 感じないのだが。光も何も感じない。統合失調症で入ってくる霊もいない。変だな。ホテルならいつまでもホテルの落ち着いた波動するのにな。

そうだ 信じていた時も、なんかの拍子で精神を崩し、信仰とかなくなってなんとか対処しているときって、周りの波動がシーンとしていた。

波動がよかったいうのは建物のデザインによるもので、そこが素晴らしいが なれてゆくと これはなんでしょか。

トーメンの寮にも行くことができた。エアコンはあの時のままなのか、全開で運転しているが涼しくなくて、これはダスキンにエアコンクリーニングしてもらえば当時の威力になるねと思った。

あの部屋は303号室で、段ボールを30こか33こか35こ積んで身を隠したと。あれ陰謀論で出そうな数字だな。実は当時と家具の配置が違って、本尊があるところが机だったそうな。同時に来た人がベッドマットがちょっと汚れていたと思ったのにといった。取り替えてはいないそうな。

いろいろ話を聞いているうちに緊張して体が固まってきた。つらい。名刹でこんな気分にならなかった。それを見て担当の人が素晴らしい家族ですねと言っている。俺は体も心も参っているのだが。

精舎に戻る。エレベーターは三菱の超高速型。加速度を全く感じず、かつ階段でえっちら上るのを瞬時でいける。高層ビルでなしにこれは地下があるのではと一瞬思った。

宿泊部屋で時間を待つ。外の景色を見たり、部屋の高性能ヘッドホンでスマホの音楽を楽しんだ。あらゆる波動がないため、音楽の波動にどっぷりつかれるのである。やはりKRAFTWERKがいい。

祈願は請願者しか入れない。だれか親子で来たが子供が「母さんが頼んだ祈願だからいい」、母さんが「子供のためだから」と言い合いになって導師の指示で両方入った。子供さんは精舎に来るのが恥ずかしいみたいだ。韓国みたく結局は適当である。祈願室の前で待ち合わせするが波動がないためすごく退屈であった。

寝るときと早朝は気分がよかったが訳を言うとなにかがおこりそうなのでやめておく。

大礼拝堂で朝の祈りが始まった。巨大な神像。シーンとした部屋が波動で満たされる。これはなんだ。普通の寺院と違うといえば高尾山の薬王院の雰囲気に似ている。群馬にもそういう信仰がある。関西では鞍馬山(クマラ山)か。そっち系のもっともっと上流の神がやっている宗教ぽかった。

あなたは幸福の科学に入ったころ、精舎の雰囲気をどう感じたか覚えていますか。それで光を感じるならいいはずですが、慣れないうちはわからないというのはどんなものでしょうか。奈良や京都の名刹はみんな最初の一回目から波動がしますよ。

あなたは精舎で精神を崩したことがなかったでしょうか。そういう時に限って精舎って光が波動がまるでないように感じるものです。もしくは大会が開かれて嫉妬やあんな奴が勝つとはくやしいとか感じ、なぜかその念力がやたら増えなかったでしょうか。むしろそういうのが神にまで向いて、悩んでパニックになって疲れ切ったの心当たりあるでしょう。精舎でです。

あなたは精舎で祈願や研修を受けて何か変わったでしょうか。とくに変わりなく活動に打ち込んでたのではないでしょうか。選挙で裁判で負け続けて財閥ができず伝道は進まず映画はタダ券配って会員1100万人の証明ができないで お布施を差し出し疲れつつまだやっているのではないでしょうか。なんとなくあんな奴が仏かって一瞬思ったでしょう。

正心法語は効果がある、精舎で祈願や研修は効果がある、いろいろ言いますがただいうだけで納得させる理屈があるでしょうか。より効果的な善、より良い善があったらそっちに飛びつこうではないでしょうか。

ちなみに神社の方はというと、神道では神に畏れ(おそれと読む)を感じるのがいいとされているが、たしかにそういうのを感じるし、恐くもある。フラッと参拝するところではなく大層な心の準備をしないと入れるところではない。大きな神社ほどその力は強い。その神道系のジャーナリストや政治家が幸福実現党を味方につけているようだが、どうも腑に落ちない。これからを読むと使えるだけ使って刃向かったら捨てるだけである。